イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

小豆島の塩 「御塩(ごえん)」

香川県 小豆島町はポイント制を採用しています。香川県 小豆島町のポイント制について

御塩(ごえん)のこだわり 【母なる海の水】  瀬戸内海に浮かぶ自然豊かな香川県・小豆島。中でも  海水の入れ代わりが早く清らかでけがれがない外海に  面した海水を使っています。 【昔ながらの製法】  海水の水分をとばして「かん水」と呼ばれる濃い塩水を  作る工程を「採かん」といいます。「御塩」の「採かん」は、  「流下式塩田」という昭和二十年代後半から昭和四十年代まで  行われていた方法で行っています。 【鉄釜】  塩の結晶前にカルシウムが出てきますが、塩に混入すると  パサついたりエグみがでます。鉄はカルシウムの結晶化が  より顕著になる性質を持っています。カルシウムを出来る  うる限り大量に析出させ、味を高めています。  釜が鉄製であるために御塩は真っ白ではなく やや灰色  がかっています。 【薪炊き】  間伐材や無垢の廃材など、島にあるものを使用しています。 【粒の大きさ】  素材になじみやすく、かつ味わい深い、小さめの粒形に  炊き上げています。御塩は名脇役。主張しながらも、素材  のうま味をぐんと引き出します。 *御塩のおいしい使い方* シンプルに塩おむすび、ごま塩(ごまと一緒にすり鉢ですってみて下さい。美味しさと風味が生まれます)、重ね煮や蒸し野菜、天ぷらのつけ塩などにおすすめです。その他、ふだんお使いのお塩と同じようにお使いください。 みなさんのご家庭で「ここはやっぱり御塩(ごえん)でしょ」と選んでいただける、そんな塩でありたいと思っています。 *御塩(ごえん)の由来* 瀬戸内海と小豆島が生み出す「塩」。いろいろな人の助けを得てできた「塩」。私たちと島の人たちを結ぶ「塩」。そんな数々の「ご縁」に感謝して、この小豆島の塩・島塩を「御塩(ごえん)」と名付けました。 ご縁でつながった人たちへ「御塩」で恩返しをしたい、それが浪花堂の想いです。

1,800ポイント
(6,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
100g:1個 200g:1個

御塩(ごえん)のこだわり 【母なる海の水】  瀬戸内海に浮かぶ自然豊かな香川県・小豆島。中でも  海水の入れ代わりが早く清らかでけがれがない外海に  面した海水を使っています。 【昔ながらの製法】  海水の水分をとばして「かん水」と呼ばれる濃い塩水を  作る工程を「採かん」といいます。「御塩」の「採かん」は、  「流下式塩田」という昭和二十年代後半から昭和四十年代まで  行われていた方法で行っています。 【鉄釜】  塩の結晶前にカルシウムが出てきますが、塩に混入すると  パサついたりエグみがでます。鉄はカルシウムの結晶化が  より顕著になる性質を持っています。カルシウムを出来る  うる限り大量に析出させ、味を高めています。  釜が鉄製であるために御塩は真っ白ではなく やや灰色  がかっています。 【薪炊き】  間伐材や無垢の廃材など、島にあるものを使用しています。 【粒の大きさ】  素材になじみやすく、かつ味わい深い、小さめの粒形に  炊き上げています。御塩は名脇役。主張しながらも、素材  のうま味をぐんと引き出します。 *御塩のおいしい使い方* シンプルに塩おむすび、ごま塩(ごまと一緒にすり鉢ですってみて下さい。美味しさと風味が生まれます)、重ね煮や蒸し野菜、天ぷらのつけ塩などにおすすめです。その他、ふだんお使いのお塩と同じようにお使いください。 みなさんのご家庭で「ここはやっぱり御塩(ごえん)でしょ」と選んでいただける、そんな塩でありたいと思っています。 *御塩(ごえん)の由来* 瀬戸内海と小豆島が生み出す「塩」。いろいろな人の助けを得てできた「塩」。私たちと島の人たちを結ぶ「塩」。そんな数々の「ご縁」に感謝して、この小豆島の塩・島塩を「御塩(ごえん)」と名付けました。 ご縁でつながった人たちへ「御塩」で恩返しをしたい、それが浪花堂の想いです。

1,800ポイント
(6,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
100g:1個 200g:1個
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる