イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

池上製麺所るみばあちゃん監修!讃岐生うどん12食入(鎌田醤油だし醤油付)

讃岐うどん界のマドンナ的存在である「池上製麺所」のるみばあちゃんが監修した生うどんに、だし醤油が付いた詰め合わせです。坂出市林田町「(株)さぬき麺心」の衛生的な工場で、昔ながらの製法を守って作り上げました。 お店と同じ主原料である、香川の日讃製粉謹製「緑あひる小麦」と坂出市の老舗醤油蔵「鎌田醤油のだし醤油」を使用しており、ご家庭でもお店と同じ味を楽しむことができます。 おすすめの食べ方:釜たま・釜揚げ・生醤油うどん ◆お礼の品のお問合せ先◆ (株)さぬき麺心(TEL:0877-57-3100)

24ポイント
(8,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
4袋セット(1袋:麺300g(3食)+だし醤油10ml×3、単品サイズ320×160mm)

讃岐うどん界のマドンナ的存在である「池上製麺所」のるみばあちゃんが監修した生うどんに、だし醤油が付いた詰め合わせです。坂出市林田町「(株)さぬき麺心」の衛生的な工場で、昔ながらの製法を守って作り上げました。 お店と同じ主原料である、香川の日讃製粉謹製「緑あひる小麦」と坂出市の老舗醤油蔵「鎌田醤油のだし醤油」を使用しており、ご家庭でもお店と同じ味を楽しむことができます。 おすすめの食べ方:釜たま・釜揚げ・生醤油うどん ◆お礼の品のお問合せ先◆ (株)さぬき麺心(TEL:0877-57-3100)

24ポイント
(8,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
4袋セット(1袋:麺300g(3食)+だし醤油10ml×3、単品サイズ320×160mm)
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

瀬戸大橋が架かる四国の玄関口 香川県・坂出市

写真

香川県坂出市は「四国の玄関口」と呼ばれており、開通して30年以上経った今でも多くの人に愛され続ける瀬戸大橋があることでも有名な町です。瀬戸内海をすぐそばに望める土地柄、造船や化学工業などの工業地帯が沿岸部に広がっており、過去には塩田で栄えていたという歴史もあります。

生麺類を製造する「株式会社 さぬき麺心」

写真

そんな坂出市沿岸部のほど近くにあるのが、「株式会社さぬき麺心(めんしん)」です。麺類の製造販売を行うサンヨーフーズ株式会社の子会社として、2000年に香川県の製麺所4社がひとつになってできたのがさぬき麺心のはじまり。

生うどん・茹でうどん・生そば・生中華そば・生パスタなどの麺類を製造しており、中でも生パスタのシェアは日本一。大阪・九州・東京など、京阪神をはじめとする国内での販売をメインに行っています。

池上製麺所るみばあちゃん監修!讃岐生うどん詰め合わせ

写真

そんなさぬき麺心製造の「池上製麺所るみばあちゃん監修!讃岐生うどん(鎌田醤油だし醤油付)」は、香川県高松市にある池上製麺所のお土産用うどんとして開発された商品。
生うどんにつゆも一緒に付いているため、お湯で茹でるだけで、お店の味が家庭で簡単に味わえるうれしい詰め合わせになっています。

その特徴である「喉越しが良い細麺」を再現していることで、「池上製麺所のうどんと同じ味!」と実際にお店を知るお客さんにも好評なのだとか。さて、そんな池上製麺所とは一体どんなお店なのでしょうか。

香川県でも屈指の人気讃岐うどん店・池上製麺所

写真

池上製麺所は、香川県で数多くある讃岐うどん店のなかでも、有名店として知られるひとつ。大型連休には駐車場が県外ナンバーの車であふれかえるなど、大勢の人が行列を作る人気店です。高松空港から車で5分ほどの立地にあることから、空港に降り立ったその足でお店に直行する人も。そんな地元の方から観光客まで多くの人が訪れる池上製麺所を知る上で欠かせない魅力のひとつに、この方の存在があります。

讃岐うどんの立役者の一人、るみばあちゃん

写真

それが、製麺所の顔である「るみばあちゃん」こと池上瑠美子さん。1957年の創業以来、その愛らしい笑顔とるみばあちゃんが作る喉越しの良いコシのあるうどんが話題を呼び、数多のメディア出演や讃岐うどんブームを経て一躍有名になった、讃岐うどん界のアイドルでありカリスマです。厨房に立ってうどんを打つ姿やお客さんをもてなすその愛嬌っぷりが多くの人気を集め、現在も池上製麺所を語る上で欠かせない存在として知られています。そんなるみばあちゃんが監修したさぬき麺心製造のうどん、実際に製造する様子を少しのぞいてみましょう。

同じ主原料を用い池上製麺所の手打ちうどんを再現

写真

商品が製造されているのが、こちらの製麺工場。厳密な衛生管理のもと、機械と人の手により数多くの生麺製品が出来上がっていく場所です。「生地を2層に重ねることで、手打ちの味を再現しているんです」と話すのは、案内してくれた工場長の森本潤さん。

写真

オリジナルの味を再現する上で欠かせないのが、製麺所が創業当時から使用しているという香川の日讃製粉製「緑あひる小麦」です。緑あひる小麦は讃岐うどん専用の粉で、特有のコシと小麦粉の風味やうま味を特徴としており、ほどよい硬さの食感に仕上がるのが特徴です。

写真

みるみるうちに粉から生地、そして麺に変身していく様はまさに圧巻。こうやって私たちの食卓に届くうどんが生まれているんですね。

商品を生み出す上で苦労した点はなんだったのでしょうか。「池上製麺所の味の再現と賞味期限です。通常お店で提供している讃岐うどんの賞味期限は大体15分から20分なんですが、この商品はギフト用なので日持ちさせることが前提です。しかし水を抜けば抜いたぶんだけ日持ちする反面、抜きすぎると固くなってしまってお店の食感と違ってくる。夏場は水分を少なめに、冬場は気温が下がるため水を多めに…など、季節はもちろん、日によっても違う気温と湿度に合わせて加水の量を調節しています」と森本さん。

讃岐うどんは、原材料がシンプルなだけに奥が深いとされている食べ物。水を切ることで日持ちを担保しつつ、かつ、お店の味にどう近づけるかということは永遠の課題なのだそうです。

おすすめの食べ方は池上製麺所の元祖の味・釜たまうどん!

写真

池上製麺所では今や数多くのメニューを楽しむことができますが、当初は、醤油をかけて味わう「生醤油うどん」、生卵とだし醤油で楽しむ「釜たまうどん」の2種類のうどんで人気を博していました。

おすすめの食べ方が、その元祖の味ともいえる釜たまうどん。茹でたてのうどんに生卵を落とし入れ、添付のだし醤油を回しかけ素早くかき混ぜてからいただきます。カツオが香るだし醤油のいい匂いと、半熟状になった生卵が絡み合う麺。つるっとした歯触りのうどんにもっちりとした食感で、一口頬張るだけで至福の時間に。だし醤油も、坂出市内の老舗醤油蔵・鎌田醤油のものを使用しているため、まさに製麺所と同じ味が家庭で再現できるんですね。

出来立ての讃岐うどんを家庭でも味わってほしい

出来立ての讃岐うどんを家庭でも味わってほしい

「何事も日進月歩。これでいいと満足してしまったら、そこから先は進歩しない。満足したら終わりと感じています」と話してくれたのは、さぬき麺心製造の代表取締役社長である宮池真介さん(写真右)。「るみばあちゃん監修の生うどんは、池上製麺所で使用される原料と同じものを使用していることが私たちの自慢でありこだわりです。実際に池上製麺所を訪れた方も満足させられるようなものを、と心がけて製造しています。茹でたての小麦粉の香りも含めて、ぜひご家庭でお店の味を楽しんでみてくださいね」

お店の味に忠実に、池上製麺所独自のレシピで完成したというこの生うどん。讃岐うどんの名店の味とともに、「現状に満足せず常により良いものを求めていく」という作り手の強い想いも一緒に届けられているといいな、と感じました。

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる