イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

四国三郎牛・焼き肉セット

四国三郎の恵みを受けたエサと水を与えて健康に育った四国三郎牛の中でも交雑種の牛肉です。 妥協を許さない匠が育てた至高の食材。 どうぞご賞味下さい。 <取扱事業所> 食肉問屋 丸正 吉野川市川島町児島字奈良8番地の3 TEL  0883-25-5058

40,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
バラ・ロース盛り合わせ(約1㎏)、焼き肉のたれ1本

四国三郎の恵みを受けたエサと水を与えて健康に育った四国三郎牛の中でも交雑種の牛肉です。 妥協を許さない匠が育てた至高の食材。 どうぞご賞味下さい。 <取扱事業所> 食肉問屋 丸正 吉野川市川島町児島字奈良8番地の3 TEL  0883-25-5058

40,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
バラ・ロース盛り合わせ(約1㎏)、焼き肉のたれ1本
このエントリーをはてなブックマークに追加

阿波徳島の恵み・四国三郎牛 “四国三郎とは?”

写真

はじめに 「四国三郎」とは、愛媛県石槌山脈瓶ヶ森を源流とし、高知県、徳島県を東西に流れる幹川流路延長194キロメートルの一級河川「吉野川」のことです。「坂東太郎」と呼ばれる関東の利根川、「筑紫次郎」と呼ばれる九州の「筑後川」とともに、日本を代表する大河であり、また「暴れ川」としても知られています。
かつては度々氾濫を起こしましたが、その洪水の際には、豊富な養分を含む土を運び、周辺の土壌を豊かにし、阿波藍の連作をも可能にしました。特に江戸から明治にかけての最盛期には、全国の25%の収穫量を占め、阿波は日本一の藍の生産地となりました。
そのような歴史を振り返ってみても、古来より四国三郎吉野川は、豊かな恵みを周辺地域にもたらす大切な存在であったのです。
そして、その大河の名にあやかり、徳島県内の厳選された農家で育てられた牛を「四国三郎牛」と呼んでいます。

四国三郎牛ホームページ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる