イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

『ANCHOR HOTEL(アンカーホテル)』最上階の特別室 ペントハウス1泊朝食付+鍛造体験5名 F21L-687

『アンカーホテル』の宿泊券と、鞆の浦での鍛造体験(5名分)のセットです。 「ANCHOR」とは心などをつなぎとめる、望みをかける、停泊するの意。2018年12月にオープンした『アンカーホテル』は、「地域コミュニティのHUB~拠点として、人と人をつなげていく」をコンセプトとする、カルチャー発信型ホテルです。1日1組限定の最上階『ペントハウス』は、ダブルベッドが2つ並び、ごろんとくつろげる上質なソファーが備えられた特別なゲストルーム。デニムを主役としたファブリックから家具まで、地元企業とのコラボレーションで生み出されたプロダクトが至る所に配されており、まるで一つのショールームのような雰囲気です。「初めて・発見・驚き」に満ちた宿泊体験がここにあります。 客室にはシャワールームが備えられていますが、3軒隣にある『福山オリエンタルホテル』の大浴場も利用可能。信楽焼の壺湯が自慢のお風呂です。朝食は、ホテル1階の『ANCHOR BAR』特製のホットドッグ&ドリンクのセットをお楽しみください(大浴場の利用・朝食ともに無料)。【福山ブランド認定】 ▼鍛造体験プラン 「潮待ちの港」として知られる鞆の浦で100年以上続く、錨(いかり)を製造する工場 【株式会社三暁】さんで、本格鍛造体験が出来るプランです。 鍛造とは、熱した金属をハンマーなどで叩き、形を整える技術。こちらのプランでは、約1250度にまで熱した真っ赤な鉄を、実施にお客様がハンマーで叩き、オリジナルのアイアントレイを作っていただきます。出来上がったトレイはそのままお持ち帰りいただけます。アクセサリーや鍵、小物を入れるトレーとしてはもちろん、インテリアアートとしても飾れます。 錨工場は、まるで映画のセットかと思うくらいの趣があり、それだけでも一見の価値あり。 そして火曜日だけは、実際に職人さんが大きな錨を作る様子を見学できますよ♪ 体験の後、お時間が許せばそのまま鞆の浦観光をオススメいたします。ゆったりとした鞆時間の中、穏やかな海、懐かしい港町を探索くださいませ。 発送:通年

225,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
商品名:アンカーペントハウス(35㎡) 1泊朝食付き宿泊券+鍛造体験(5名) 宿泊最大利用人数:大人5名、添い寝子ども2名 ※鍛造体験は5名分となります。

『アンカーホテル』の宿泊券と、鞆の浦での鍛造体験(5名分)のセットです。 「ANCHOR」とは心などをつなぎとめる、望みをかける、停泊するの意。2018年12月にオープンした『アンカーホテル』は、「地域コミュニティのHUB~拠点として、人と人をつなげていく」をコンセプトとする、カルチャー発信型ホテルです。1日1組限定の最上階『ペントハウス』は、ダブルベッドが2つ並び、ごろんとくつろげる上質なソファーが備えられた特別なゲストルーム。デニムを主役としたファブリックから家具まで、地元企業とのコラボレーションで生み出されたプロダクトが至る所に配されており、まるで一つのショールームのような雰囲気です。「初めて・発見・驚き」に満ちた宿泊体験がここにあります。 客室にはシャワールームが備えられていますが、3軒隣にある『福山オリエンタルホテル』の大浴場も利用可能。信楽焼の壺湯が自慢のお風呂です。朝食は、ホテル1階の『ANCHOR BAR』特製のホットドッグ&ドリンクのセットをお楽しみください(大浴場の利用・朝食ともに無料)。【福山ブランド認定】 ▼鍛造体験プラン 「潮待ちの港」として知られる鞆の浦で100年以上続く、錨(いかり)を製造する工場 【株式会社三暁】さんで、本格鍛造体験が出来るプランです。 鍛造とは、熱した金属をハンマーなどで叩き、形を整える技術。こちらのプランでは、約1250度にまで熱した真っ赤な鉄を、実施にお客様がハンマーで叩き、オリジナルのアイアントレイを作っていただきます。出来上がったトレイはそのままお持ち帰りいただけます。アクセサリーや鍵、小物を入れるトレーとしてはもちろん、インテリアアートとしても飾れます。 錨工場は、まるで映画のセットかと思うくらいの趣があり、それだけでも一見の価値あり。 そして火曜日だけは、実際に職人さんが大きな錨を作る様子を見学できますよ♪ 体験の後、お時間が許せばそのまま鞆の浦観光をオススメいたします。ゆったりとした鞆時間の中、穏やかな海、懐かしい港町を探索くださいませ。 発送:通年

225,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
商品名:アンカーペントハウス(35㎡) 1泊朝食付き宿泊券+鍛造体験(5名) 宿泊最大利用人数:大人5名、添い寝子ども2名 ※鍛造体験は5名分となります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

※鍛造体験はコロナ対策を徹底し、要所を消毒した風通しの良い工場内で3密を避けて行いますので、
安心してお楽しみください。
(体験の実施状況については、宿泊ご予約時にご確認ください)
※本体験は、ホテルチェックアウト後に予定しております。
(ホテルから錨工場までは、お客様ご自身で向かっていただきます)
※交通費はプラン料金に含まれていません。

■現地までの行き方■
現地住所:福山市鞆町後地26-31
バスなら約30分。(鞆鉄バス、鞆港行、スカイライン前下車、料金片道460円)
お車でも約30分です。

■持ち物■
特にありませんが、火花が散ることがありますので、長袖・中ズボン・靴の着用をお願いいたします。
マスクを着用ください。

■ご案内■
・開始時間は、①10:00〜②14:00〜をお選びいただけます。
・体験時間は約1時間を予定しています。
・土日祝、工場休業日は体験ができません。
・ご予約後にホテルから確認のお電話を入れさせていただきますのでご対応ください。
・危険を伴う体験につき、10歳未満のお子様は見学のみとさせてください。

■ご予約・ご不明な点は・・・■
ANCHOR HOTEL FUKUYAMA
084-927-0995

革新を続ける鍛冶屋『株式会社三暁』

漁具などを作る鍛冶屋として1951年に創業。
精密切削加工を軸に、手動・ロボット溶接、塗装、3DCADなどの技術を組み合わせ、橋梁やクレーン、大型建造物などの重要部品を製造する。
2018年秋に錨(いかり)製造の技術を用いた家具づくりを展開する家具ブランド「TAonTA」、2020年にアウトドアツールブランド「cocinero」をスタート。
現在、錨を作る自由鍛造技術と、最新の数値制御機械やロボットを用いた精密加工技術を融合する「古くて、あたらしい」ものづくりに加え、お客様と一緒に作る「鍛造体験プラン」にも力を入れている。

地域と人を文化でつなげる『ANCHOR HOTEL』

写真
写真
写真

ホテル名のANCHORとは船の錨(いかり)のこと。『国内外のお客様と広島・福山のカルチャーをアンカリングする(繋がっていく)場所』をコンセプトに、2018年12月、福山駅北にオープンしました。
館内の至る場所には、福山市の特産・デニムを主役としたファブリックから家具、什器に至るまで、地元の伝統産業とのコラボレーションにより誕生した『アンカーホテル』だけのオリジナルプロダクトが使用されています。福山市の今と伝統文化に触れ、体験しながらも、快適な滞在が約束された、ホスピタリティあふれる“カルチャー発信型ホテル”です。

1日1組限定。最上階の特別室『ペントハウス』

写真

全室クイーンベッドルームという贅沢な設えが特徴的な『アンカーホテル』。中でも特別なのは、最上階の10階に備えられた1日1組限定の『ペントハウス』です。
ペントハウスという特別な名前が与えられた1室だけのゲストルームは、シモンズ製のダブルベッド2台とソファベッドがゆったりと配されたラグジュアリーな空間。靴を脱いで上がるスタイルで、まるで自宅のようにリラックスできます。

写真
写真
写真

このゲストルームこそ、アンカーホテルの真骨頂。玄関には福山市新市町の『伝統工芸』が手掛けた無垢板のスツールが置かれ、広々とした客室には柳津町『心石工芸』のレザー製ソファベッドが堂々と横たわり、『ディスカバーリンクせとうち』がデザインしたデニム製のベッドスローや館内バッグ、丹前(たんぜん)が空間をインディゴブルーに彩ります。地元のものづくり企業の技術とプロダクトが詰め込まれた“ショーケース”のようなゲストルームに、誰もが胸を踊らせてしまうはず。
この1室限りのペントハウスには、ホームクリーニング機『LGスタイラー』や加湿機能付きの空気清浄機、コーヒーマシンまで設備されており、快適な滞在のひと時をお過ごしいただけます。
大人5名、添い寝子ども2名までの最大7名まで宿泊可能なので、家族はもちろんグループ旅行でのご利用もおすすめです。

夜と朝で表情を変える『ANCHOR BAR』

写真
写真
写真

ホテル1階でゲストを出迎えるのは、アイアン×石材×レンガの組み合わせがクールな『ANCHOR BAR』。夜は一杯のお酒を交えて地元の人と各国からのゲストが交流できるサロンとなり、朝は福山市の『ザ・スタンダードベーカリー』と『池口精肉店』とのコラボで誕生した朝食のホットドッグが楽しめるカフェとなる、まちのHUB(拠点)のような空間です。
ANCHOR=錨(いかり)という意から、海や船を思わせるインテリアで統一されたBARを見渡すと、福山市沼隈町の鉄工所『千年(ちとせ)』がこの空間のために創り出したバーカウンターやオープンウインドウ、鞆町『三暁(さんぎょう)/ TAonTA』が錨製造の技術で作り上げた自由鍛造のハイスツールやサイドテーブル、松永町『心石工芸』の高級感漂うレザー製ソファと、地元企業の技術が最大限に発揮されたプロダクトの数々が空間をクラスアップさせていることに気づかされます。

写真

また、ホテルフロントを彩る小さな庭は、造園の大会で世界一にもなった庭師・橋本善次郎さんが代表を務める『作庭衆 庭譚(にわたん)』が手掛けた“ランドスケープ”。木漏れ日が射す日中、ムードあふれる夜とでまったく異なる表情を見せるBAR、そして庭が、『アンカーホテル』での滞在時間を印象的に彩ります。

建築・設計まで「福山」にこだわり抜いたユニークさ際立つホテル

写真
写真

『アンカーホテル』の設計・建築を担当したのは、福山市の『西村崇建築設計事務所』の代表・西村 崇さん。アートディレクターに飯島広昭氏を迎え、施主であるサン・クレア代表 細羽雅之氏らプロジェクトチームとタッグを組みながら、空間デザインや設計はもちろん、コンセプト作り、着工から仕上げ・完成に至るまで、『アンカーホテル』施工のほぼすべての工程に携わっています。
目に見える・見えないに関わらず、建物の細部にまでこだわり抜かれた“西村デザイン”が、オリジナリティーあふれるホテル体験を演出していると言っても過言ではありません。
福山でしか体験できない、ユニークで新鮮なホテル滞在をお楽しみください。

『アンカーホテル』株式会社サン・クレアCEO 細羽雅之さん

写真

平成元年、福山駅北口に『福山オリエンタルホテル』を開業した『株式会社サン・クレア』代表・細羽雅之さん。客室の量的ニーズが増加したことで、3軒隣にあったマンションを買い取り、ホテルとしてコンバージョン(用途変更)するという大胆なチャレンジに乗り出しました。
「福山市には、特殊な技術や歴史を持ったナンバーワン企業・オンリーワン企業と呼ばれる会社が数多くあります。特に、「ものづくりのまち」といわれる所以にもなった鉄鋼業や木工業、繊維業などの技術は世界にも誇れるほど。そんな福山市の魅力を、多くの人に知ってもらいたかった」と話します。
「せっかく福山市に足を運んでいただくのだから、ホテルで過ごす時間に少しでも“福山を知る時間”を加えて、もっと福山を好きになってほしい。そうして、これまで仕事や所用があって福山に訪れていた人が、“福山に行きたいから”という理由でこのまちを訪ねてくれるようになれば幸せです」

写真
写真
写真
福山市ってこんなまち

福山市ってこんなまち

江戸時代に誕生した「備後絣(かすり)」から栄えた繊維業、北前船に積んだ木材を利用した下駄生産から発展した木工業のほか、日本最大級の鉄鋼コンビナートや機械工業、造船業など、多様な「ものづくり企業」が集っています。

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山市で生み出される創造性あふれる産品・サービスや素材・技術、取組・活動の中から、「新しい発想の実現のために技術と情熱を注いでいるもの」「伝統や歴史に満足することなく進化させ続けているもの」を【福山ブランド】として認定・登録。市と市民が一体となって、まちの「いいもの」を発掘・進化させています。

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

誰もが1本は持っているであろう「デニム」。世界中のファッショニスタを夢中にさせるアイテムですが、名だたるラグジュアリーブランド・メーカーの多くが日本のデニムに熱烈オファーしていることは知る人ぞ知る事実。そのMade in Japanデニムの7割はなんと福山産なんです。市内デニムメーカーやアパレル企業、クリエイターたちの手によって「日本一のデニムの産地・福山」のプライドに火がついた今、デニム関連のさまざまなプロジェクトが一斉にスタートしています。

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

戦後の復興を願って住民が約1,000本のばらの苗を植えたのが始まり。2016年には「100万本のばらのまち」を達成しました。現在も、毎年5月に開催する福山市最大の祭典「福山ばら祭」をはじめ、ばらを通じて、心に豊かな花を咲かせる活動の輪を広げています。

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

福山市南部に位置する景勝地「鞆の浦(とものうら)」は、万葉の時代から「風待ち・潮待ち」の港として栄え、江戸時代には北前船が寄港し繁栄しました。鞆の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定、朝鮮通信使関係史料がユネスコ「世界の記憶」に登録、日本遺産に認定されています。

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山駅の新幹線ホーム(上り)に降り立つと、福山城の石垣や天守を間近に望むことができます。これは福山駅が、かつての城郭内に建っているから。2022年に築城400年を迎えるにあたって、アニバーサリーイベントを実施中!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる