イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

鞆 肥後屋「鯛味噌」鞆の浦の郷土の味 〈2種セット〉 F21L-550

『鯛味噌』とは、瀬戸内海で獲れた天然の真鯛を「備後府中味噌」でコトコト煮込んだ鯛の佃煮のこと。味の変質を防ぐ三重構造のレトルト包装です。保存料・化学調味料不使用で、素材本来の滋味をお楽しみいただけます。「鯛味噌 赤+鯛味噌 白」「鯛味噌 赤+鯛胡麻煮」「鯛味噌 白+鯛胡麻煮」からお選びください。【第1回福山ブランド認定品】 【鯛味噌 赤】は、コクとキレのある赤味噌でじっくりと煮込まれた鯛味噌。風味豊かな国産山椒が食欲をそそります。 【鯛味噌 白】は、芳醇でまろやかな白味噌と、鞆の浦の名産「保命酒(ほうめいしゅ)」の糟に、生姜を利かせて煮込まれています。 【鯛胡麻煮】は、香ばしい錬り白胡麻で煮込まれた鯛味噌。アクセントに刻み唐辛子の辛味が効いています。 発送:通年

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【下記よりお選びください】 鯛味噌セット(鯛味噌 赤・鯛味噌 白) 鯛味噌 赤 75g×1、鯛味噌 白 75g×1 鯛味噌セット(鯛味噌 赤・鯛胡麻煮) 鯛味噌 赤 75g×1、鯛胡麻煮 75g×1 鯛味噌セット(鯛味噌 白・鯛胡麻煮) 鯛味噌 白 75g×1、鯛胡麻煮 75g×1

『鯛味噌』とは、瀬戸内海で獲れた天然の真鯛を「備後府中味噌」でコトコト煮込んだ鯛の佃煮のこと。味の変質を防ぐ三重構造のレトルト包装です。保存料・化学調味料不使用で、素材本来の滋味をお楽しみいただけます。「鯛味噌 赤+鯛味噌 白」「鯛味噌 赤+鯛胡麻煮」「鯛味噌 白+鯛胡麻煮」からお選びください。【第1回福山ブランド認定品】 【鯛味噌 赤】は、コクとキレのある赤味噌でじっくりと煮込まれた鯛味噌。風味豊かな国産山椒が食欲をそそります。 【鯛味噌 白】は、芳醇でまろやかな白味噌と、鞆の浦の名産「保命酒(ほうめいしゅ)」の糟に、生姜を利かせて煮込まれています。 【鯛胡麻煮】は、香ばしい錬り白胡麻で煮込まれた鯛味噌。アクセントに刻み唐辛子の辛味が効いています。 発送:通年

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【下記よりお選びください】 鯛味噌セット(鯛味噌 赤・鯛味噌 白) 鯛味噌 赤 75g×1、鯛味噌 白 75g×1 鯛味噌セット(鯛味噌 赤・鯛胡麻煮) 鯛味噌 赤 75g×1、鯛胡麻煮 75g×1 鯛味噌セット(鯛味噌 白・鯛胡麻煮) 鯛味噌 白 75g×1、鯛胡麻煮 75g×1
このエントリーをはてなブックマークに追加

上質な素材で作る、鞆の浦の贅沢な「鯛味噌」

写真

これまで鞆の浦の「鯛味噌」といえば、味噌に白身魚のすり身を混ぜ込んだ家庭料理の一つでした。古くからこの町で愛されている鯛味噌の食文化を再構築すべく、素材にこだわり、鞆の浦の名産である“鯛”を主とした佃煮として改良されたものが、『鞆 肥後屋』の鯛味噌です。調味料にもこだわり、本醸造の味醂、酒、醤油を使用。保存料などの食品無添加は使わず、厳選された安心な素材だけで作られています。
味の変質を防ぐために三重構造のレトルト包装が施されているので、贈り物としても安心です。

備後府中味噌、瀬戸内の真鯛。地元の名産を凝縮

写真
写真
写真

「鯛味噌」は全国で製造されていますが、作り方は産地によってさまざま。福山市・鞆の浦にある『鞆 肥後屋』作られる鯛味噌は、おだやかな瀬戸内海で育まれた真鯛を使用しています。
味噌は、福山市のお隣・府中市の名産である「備後府中味噌」を使用。古くより府中の町に伝わる秘伝の製法で作られた味噌は、上品な酸味とまろやかな味わいが特徴です。
そんな備後府中味噌で瀬戸内の真鯛をじっくりと煮込み、味わい深く贅沢に仕上げたのが『鞆 肥後屋』の鯛味噌です。

お酒の肴に、ご飯のおともに。鯛味噌の味わいを食卓へ

写真
写真

そのまま食べてもおいしい鯛味噌は、お酒の肴にぴったり。真鯛の旨みが染み込んだ滋味深い味噌が、日本酒などのお酒をさらに味わい深く引き立てます。もちろんお茶漬けやおむすびにも相性抜群で、大葉や三つ葉などを加えれば一層おいしくいただけます。
また、クラッカーやチーズなどにのせてアレンジを楽しむのもおすすめです。自分だけの楽しみ方を見つけてみてください。

旅の途中に立ち寄りたい。座売りが粋な『鞆 肥後屋』

写真

日本最古の歌集「万葉集」にもその名が登場する、歴史深い港町・鞆の浦(とものうら)。この小さな町でしか製造されない地酒「保命酒(ほうめいしゅ)」を販売していた趣きある商家を再生し、『鞆 肥後屋』は生まれました。
『鞆 肥後屋』のモットーは、素材や調味料を厳選し無添加にこだわることだけでなく、お客様一人ひとりと対面で会話しながら販売をする「座売り」を徹底すること。商品の特徴を丁寧に伝えるだけでなく、鞆の浦に伝わる歴史や、情緒に満ちた町並みのこと……。さまざまな視点から、“鞆の浦”という唯一無二のまちの魅力を伝えています。
鞆の浦に訪れたなら、古き良き町並みに馴染むように建つ『鞆 肥後屋』を訪ねてみてください。歴史を感じる厳かな空気感と、座売りのあたたかな触れ合いとが調和した、新しい鞆の浦の姿と出会えるはずです。

『鞆 肥後屋』スタッフ 客野 真世さん

写真

「これまで、鞆の浦の「鯛味噌」といえば、味噌に白身魚のすり身を混ぜ込んだ比較的安価なものでありましたが、素材はもちろん、味噌を主というよりも鯛を主として佃煮として改良させて頂きました。保存料・化学調味料などは一切使用しておりません。包装も古式な仕上げにしており、福山 鞆の浦の風情とともにお手土産としてお奨めしております。」

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる