イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

家事・子育て・外遊びに便利な機能が満載!福山産デニム使用『パパのツナギ』〈L〉 F21L-035

子育てパパの強い味方! この道40年、ツナギ専門の縫製工場『松川繊維』が、NPO法人ファザーリングジャパン〈秘密結社主夫の友〉、子育てパパグッズ専門ブランド〈パパコソ〉とタッグを組み完成させた育児ウエア『パパのツナギ』。バッグを持たず手ぶらで動き回れるよう収納力抜群のポケットを9箇所も付けたり、腕まくりしやすいよう袖口をリブ仕様にしたりと、子育てや家事の場面で嬉しい工夫が満載です。福山産のストレッチデニム使用で着心地も抜群。パパだけでなく、子育て中のママにもオススメです。 発送:通年

70,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【紳士・婦人用デニムツナギ×1】 本体:綿98%、ポリウレタン2% リブ:綿95%、ポリウレタン5% メッシュ部分:ポリエステル100% Lサイズ:総丈159cm、背丈52cm、ズボン丈106cm、股下76cm、裄丈84cm、バスト120cm、ウエスト104cm、ワタリ幅36cm、ファスナー56cm

子育てパパの強い味方! この道40年、ツナギ専門の縫製工場『松川繊維』が、NPO法人ファザーリングジャパン〈秘密結社主夫の友〉、子育てパパグッズ専門ブランド〈パパコソ〉とタッグを組み完成させた育児ウエア『パパのツナギ』。バッグを持たず手ぶらで動き回れるよう収納力抜群のポケットを9箇所も付けたり、腕まくりしやすいよう袖口をリブ仕様にしたりと、子育てや家事の場面で嬉しい工夫が満載です。福山産のストレッチデニム使用で着心地も抜群。パパだけでなく、子育て中のママにもオススメです。 発送:通年

70,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【紳士・婦人用デニムツナギ×1】 本体:綿98%、ポリウレタン2% リブ:綿95%、ポリウレタン5% メッシュ部分:ポリエステル100% Lサイズ:総丈159cm、背丈52cm、ズボン丈106cm、股下76cm、裄丈84cm、バスト120cm、ウエスト104cm、ワタリ幅36cm、ファスナー56cm
このエントリーをはてなブックマークに追加

・ゆったり作られていますのでサイズをよくご検討ください。
・ポケットの蓋の裏に白い糸がこぼれている場合がありますが、生地の性質上のもので縫製には問題がありませんので、気になる方はカットしてください。切る際に糸を引っ張ったり、深くカットするとほつれなどの原因になりますのでご注意ください。洗濯などによって再び出てくることもありますが適宜ご対応ください。
・インディゴ染料は色落ちや色移りしやすいことが特徴です。必ず単体で洗ってください。
・洗濯の際は裏返し、クリーニングネットに入れてください。水洗いが理想ですが、汗などが気になる場合は中性洗剤をお使いください。
・干すときは形を整えて、風通しの良い場所で陰干ししてください。

子育てパパのアイデアから生まれたパパ専用のツナギ

写真
写真
写真

1975年の創業以来、40年にわたってツナギ専門の縫製を行う『松川繊維』。丈夫さや着心地の良さが求められるツナギの縫製技術を生かして、レーシングスーツのオーダーやエプロンなど自社製品の開発にも力を入れています。
そんなツナギ専門の縫製工場が手がけたのが『パパのツナギ』。NPO法人ファザーリングジャパン〈秘密結社主夫の友〉、子育てパパグッズ専門ブランド〈パパコソ〉とのコラボレーションにより、子育て中のパパたちのアイデアやワガママを結集して作られました。福山産のストレッチデニムを使用しているので着心地も抜群。普段はスーツ姿で働くパパたちがこのツナギを着ることで「子育てスイッチON!」されるよう、男ゴコロをくすぐるこだわりや、家事・子育てに使える機能がギュッと詰め込まれています。
パパ用ではありますが、Sサイズならママでも着ていただけますよ。

収納力抜群のポケットが全部で9箇所も!

写真

公園で遊んだり、バーベキューやキャンプ、釣りといったアウトドアシーンでは、バッグを持たず手ぶらで自由に動き回りたいもの。そこで、『パパのツナギ』にはあらゆる用途に対応可能な収納力抜群のポケットを全部で9個完備しています。
パンツの前ポケットは500mLのペットボトルがすっぽり入る大容量。子どもたちの水分補給も万全です。蓋付きの胸ポケットは、スマートフォンを入れておくのにピッタリ。極めつきは、胸の内側にある「隠しポケット」。ストレッチが効いたメッシュ生地だから、財布など貴重品はもちろん、子どものオムツや着替えなどあらゆる物を収納できます。その他、カーゴポケットやペン差しポケットもあり。着るだけで必要な物を全部持ち運べるなんて、子どもたちと一緒に走り回るパパたちにはかなり嬉しいポイントです。

独自デザインのループや袖口のリブにもこだわりが

写真
写真

ウエストにはループが付いているので、ベルトで腰元を支えることも可能。さらにバックポケットの上にも独自デザインのループが! タオルをかければ手洗い時にポケットをゴソゴソ探る必要がなくなり、大掃除など家事の時には洗剤などのスプレーボトルをかけられる便利なひと工夫です。
また、通常のツナギは袖口がシャツのようになったものが一般的ですが、『パパのツナギ』はリブ仕様。「家事も子育ても腕まくりは必須!」というパパたちの熱い要望が反映されています。首元も通気性を考えてリブにしたことで、MA-1のようなブルゾン風のスタイリッシュを際立てています。

経年変化を楽しめる福山産のノンウォッシュ生デニムを使用

写真
写真

古くから繊維産業が盛んな福山市は、「備後絣(びんごがすり)」から発展したデニム生地の製造で全国7割以上のシェアを誇る一大産地。紡績、染色、織布、縫製、加工などを担うプロフェッショナルが揃っています。
こちらの『パパのツナギ』には『篠原テキスタイル株式会社』のデニム生地を採用。しかも、デニム好きにはたまらないノンウォッシュの生デニムです。ストレッチが効いているので、抜群の着心地と動きやすさを実現するとともに、子どもを抱っこしても痛くならない肌触りの良さも兼ね備えています。汚れたらガシガシ洗えるのもポイント。使い込むほどに深みが出てくるデニムを自分好みに育ててみてください。

『松川繊維』代表取締役 尾崎一成さん

写真

「発案から試作品によるテストを重ね、試行錯誤を経て完成しました。家事や育児に積極的なお父さんたちからいただいたご意見やアイデアをこれでもかと盛り込んでいます」と、『松川繊維』代表取締役の尾崎一成さん。これからお子さんが生まれる新米パパへのプレゼントとしても喜ばれているそうです。
「子育てパパはもちろんですが、カジュアルファッション好きなママにもオススメ。家事や子育てだけでなく、釣りやキャンプ、バーベキューなどアウトドアシーンでも活用していただきたいです」。

写真
写真
写真
写真
福山市ってこんなまち

福山市ってこんなまち

江戸時代に誕生した「備後絣(かすり)」から栄えた繊維業、北前船に積んだ木材を利用した下駄生産から発展した木工業のほか、日本最大級の鉄鋼コンビナートや機械工業、造船業など、多様な「ものづくり企業」が集っています。

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山市で生み出される創造性あふれる産品・サービスや素材・技術、取組・活動の中から、「新しい発想の実現のために技術と情熱を注いでいるもの」「伝統や歴史に満足することなく進化させ続けているもの」を【福山ブランド】として認定・登録。市と市民が一体となって、まちの「いいもの」を発掘・進化させています。

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

誰もが1本は持っているであろう「デニム」。世界中のファッショニスタを夢中にさせるアイテムですが、名だたるラグジュアリーブランド・メーカーの多くが日本のデニムに熱烈オファーしていることは知る人ぞ知る事実。そのMade in Japanデニムの7割はなんと福山市を含む備後地域生まれなんです。市内デニムメーカーやアパレル企業、クリエイターたちの手によって「日本一のデニムの産地・福山」のプライドに火がついた今、デニム関連のさまざまなプロジェクトが一斉にスタートしています。

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

戦後の復興を願って住民が約1,000本のばらの苗を植えたのが始まり。2016年には「100万本のばらのまち」を達成しました。現在も、毎年5月に開催する福山市最大の祭典「福山ばら祭」をはじめ、ばらを通じて、心に豊かな花を咲かせる活動の輪を広げています。

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

福山市南部に位置する景勝地「鞆の浦(とものうら)」は、万葉の時代から「風待ち・潮待ち」の港として栄え、江戸時代には北前船が寄港し繁栄しました。鞆の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定、朝鮮通信使関係史料がユネスコ「世界の記憶」に登録、日本遺産に認定されています。

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山駅の新幹線ホーム(上り)に降り立つと、福山城の石垣や天守を間近に望むことができます。これは福山駅が、かつての城郭内に建っているから。2022年に築城400年を迎えるにあたって、アニバーサリーイベントを実施中!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる