イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

桐箱の丸型乳歯ケース(ティアラ・レッド) F21L-109

大切な我が子の成長の証である抜けた乳歯を記念に取っておける、桐製の乳歯ケースです。歯が飛び出さないように保護する内フタ付き。柄はシンプルで印象的な〈クラウン(王冠)〉と、キュートな〈ティアラ〉の2種類から、色は7色からお好きなものを選べます。その中央でキラリと輝く〈スワロフスキー〉付きで高級感あふれる仕上がりが自慢。【福山ブランド認定品】 発送:通年

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
商品名:丸型乳歯ケース 乳歯ケース×1個 柄:ティアラ カラー:レッド

大切な我が子の成長の証である抜けた乳歯を記念に取っておける、桐製の乳歯ケースです。歯が飛び出さないように保護する内フタ付き。柄はシンプルで印象的な〈クラウン(王冠)〉と、キュートな〈ティアラ〉の2種類から、色は7色からお好きなものを選べます。その中央でキラリと輝く〈スワロフスキー〉付きで高級感あふれる仕上がりが自慢。【福山ブランド認定品】 発送:通年

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
商品名:丸型乳歯ケース 乳歯ケース×1個 柄:ティアラ カラー:レッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せの日々を、小さな桐箱に閉じこめて

写真

あんなに小さな赤ちゃんだったのに、よちよちと歩くようになって、言葉を話せるようになって、可愛いかわいい歯が生えてきて……。子どもの成長の日々は、親にとっては一生色あせることのない大切な思い出。一所懸命に大きくなって、いつの日か抜けてしまう「はじめての歯」は、そんな我が子の成長の証です。そのまま捨ててしまうのは何だかさみしい……。「乳歯ケース」は、愛情いっぱいに子育てに励んできたパパやママのための小さな宝箱。保存性に優れた桐材でできているので、長期間の保管にも安心です。歯が抜けた日付を一つひとつ書き込みながら、すくすくと育ちゆく子どもの未来を想ってください。パパ・ママにはもちろん、お子様ご本人へのプレゼントにもおすすめです。

「桐箱一貫製造技術」を活かした、まぁるい桐箱

写真
写真
写真

子どもの頃、上の歯が抜けたら家の下に、下の歯が抜けたら屋根の上に投げていた……という人も多いはず。それが時代の流れとともに、マンションの住まいが増えたり、乳歯を歯医者で抜いて持ち帰るようになったりと、「自然に抜けた歯を自宅の前で投げる」ということが難しくなってきました。
そんな若いパパママのために、福山市の桐箱製造業である『曙工芸』が開発したのがこの乳歯ケース。「桐箱一貫製造」の技術を活かし、すべての工程が自社工場で、職人の手を介して行われています。
驚くべきは、桐箱に“角がない”こと。今まで見たことのない、するすると手触りのいい丸型の桐箱が実現したのも、『曙工芸』が長年培ってきた特殊技術があってこそなのです。
手のひらサイズの乳歯ケースは、キラキラと光る王冠モチーフと1粒のスワロフスキーがポイント。無料で名入れが可能なので、世界にひとつだけの大切な宝箱になってくれます。

『曙工芸』代表・桑田真由美さん

写真

福山市新市町にある桐箱製造業『曙工芸』の代表・桑田真由美さんが、とある企業に「コンパクトなサイズの乳歯ケースを作ってほしい」と依頼されたのが今から10年以上前。それまでの乳歯ケースは、サイズも大きく、同じ大きさの穴が整然と並んでいるだけのものが一般的だったといいます。そこで、依頼主の女性と一緒に作り始めたのが手のひらサイズの乳歯ケース。これまで贈答品を入れる箱など“桐箱らしい桐箱”を製造していた桑田さんにとって、乳歯ケース作りは「子どもの歯は何本あるの?」「歯のサイズはどのくらい?」と分からないことの連続だったといいます。

「現代は再生医療の分野が進歩し、取っておいた歯を病気の治療や研究に役立たせることができるようになってきました。ヨーロッパには初めて抜けた乳歯を取っておく習慣があり、それが近年の日本にも広まり始めたようです」と桑田さん。一般的に乳歯は5歳頃から抜け始めますが、子ども本人に抜けた歯を保管させるご家庭も多いのだとか。
「子ども同士のクチコミで乳歯ケースが流行したという驚きのエピソードもあるんです。どのデザインにするか、親子で一緒に選ぶのも楽しいですよ」。

写真
福山市ってこんなまち

福山市ってこんなまち

江戸時代に誕生した「備後絣(かすり)」から栄えた繊維業、北前船に積んだ木材を利用した下駄生産から発展した木工業のほか、日本最大級の鉄鋼コンビナートや機械工業、造船業など、多様な「ものづくり企業」が集っています。

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山市で生み出される創造性あふれる産品・サービスや素材・技術、取組・活動の中から、「新しい発想の実現のために技術と情熱を注いでいるもの」「伝統や歴史に満足することなく進化させ続けているもの」を【福山ブランド】として認定・登録。市と市民が一体となって、まちの「いいもの」を発掘・進化させています。

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

誰もが1本は持っているであろう「デニム」。世界中のファッショニスタを夢中にさせるアイテムですが、名だたるラグジュアリーブランド・メーカーの多くが日本のデニムに熱烈オファーしていることは知る人ぞ知る事実。そのMade in Japanデニムの7割はなんと福山産なんです。市内デニムメーカーやアパレル企業、クリエイターたちの手によって「日本一のデニムの産地・福山」のプライドに火がついた今、デニム関連のさまざまなプロジェクトが一斉にスタートしています。

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

戦後の復興を願って住民が約1,000本のばらの苗を植えたのが始まり。2016年には「100万本のばらのまち」を達成しました。現在も、毎年5月に開催する福山市最大の祭典「福山ばら祭」をはじめ、ばらを通じて、心に豊かな花を咲かせる活動の輪を広げています。

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

福山市南部に位置する景勝地「鞆の浦(とものうら)」は、万葉の時代から「風待ち・潮待ち」の港として栄え、江戸時代には北前船が寄港し繁栄しました。鞆の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定、朝鮮通信使関係史料がユネスコ「世界の記憶」に登録、日本遺産に認定されています。

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山駅の新幹線ホーム(上り)に降り立つと、福山城の石垣や天守を間近に望むことができます。これは福山駅が、かつての城郭内に建っているから。2022年に築城400年を迎えるにあたって、アニバーサリーイベントを実施中!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる