イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

セミフォーマルやビジネスシーンにも「大吟醸メンズパンツ」<ホワイトS> F21L-638

パンツの専門店『ARIKI』のオールシーズンはける【大吟醸メンズパンツ】。 “楽でキレイ”をテーマに婦人向け美脚パンツを作り続けているARIKIが、婦人パンツづくりで培ったノウハウをとことん活かして、待望のメンズパンツを作りました。 ARIKIパンツの特徴である「ウエスト総ゴム」はそのままに、普段はもちろん、セミフォーマル・ビジネスシーンにも使える様々な工夫を凝らしています。 年齢や体型を問わず、誰でも「決まる」パンツです。 ARIKIが作る究極のメンズパンツ、ぜひ一度お試しください。 ※ご使用のモニターにより画像と現物の色が違って見える場合があります。 ※写真の光の加減や角度により実物の色が多少異なる場合があります。

60,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
「大吟醸メンズパンツ」1本 カラー:ホワイト サイズ:S 製品仕様:ウエスト総ゴム/シルエットはストレート/裏地なし/ポケットあり(前・後)/ベルトループ/ファスナー 股下丈:メンズパンツの裾はまつり縫いしておりません 混率:ポリエステル88%・ポリウレタン12%

パンツの専門店『ARIKI』のオールシーズンはける【大吟醸メンズパンツ】。 “楽でキレイ”をテーマに婦人向け美脚パンツを作り続けているARIKIが、婦人パンツづくりで培ったノウハウをとことん活かして、待望のメンズパンツを作りました。 ARIKIパンツの特徴である「ウエスト総ゴム」はそのままに、普段はもちろん、セミフォーマル・ビジネスシーンにも使える様々な工夫を凝らしています。 年齢や体型を問わず、誰でも「決まる」パンツです。 ARIKIが作る究極のメンズパンツ、ぜひ一度お試しください。 ※ご使用のモニターにより画像と現物の色が違って見える場合があります。 ※写真の光の加減や角度により実物の色が多少異なる場合があります。

60,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
「大吟醸メンズパンツ」1本 カラー:ホワイト サイズ:S 製品仕様:ウエスト総ゴム/シルエットはストレート/裏地なし/ポケットあり(前・後)/ベルトループ/ファスナー 股下丈:メンズパンツの裾はまつり縫いしておりません 混率:ポリエステル88%・ポリウレタン12%
このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像はイメージです。
※カラーとサイズの種類はプルダウンにてお選びください。
※メンズパンツの裾はまつり縫いしておりませんので、製品到着後にご試着いただき、股下丈を決めてご返送ください。(ダブルでの裾上げは承っておりませんのでご了承ください)
※サイズ表をよくご確認の上お申し込みください。
※サイズが合わない場合は在庫があれば交換可能ですが、その際は返送料をご負担お願いします。(交換ご希望の際はご連絡ください)
お問合せ:有木株式会社 TEL:0120-730-440 9:00~18:00(土・日・祝を除く)

メンズパンツでも「楽でキレイ」に

写真

古くから繊維業が盛んな福山市新市町のパンツ専門店『ARIKI』が、婦人パンツづくりで培ったノウハウをとことん活かして、待望のメンズパンツを作りました。
本来の生地づくりを糸段階から見直し、帝人フロンティア株式会社と共同開発した素材「マチュリテ」は、今までにないパワー感のある素材に仕上がりました。日本酒の大吟醸のようにゆっくり時間をかけて作られるこのニット素材を、ARIKIでは「大吟醸」と名付け、商標登録も取得しています。パターンもARIKIパンツの特徴である「ウエスト総ゴム」はそのままに、セミフォーマル・ビジネスシーンにも使っていただけるよう、様々な工夫を凝らしています。
ウエストゴムがしっかりホールドしてくれるので、ウエスト位置でも、腰位置でもお好みのはき方ではいていただけます。年齢や体型を問わず、誰でも「決まる」パンツです。ARIKIが作る究極のメンズパンツ、ぜひ一度お試しください。

写真

「楽」と「キレイ」が両立できるARIKIのパンツ

写真

『有木株式会社』は、「備後絣(びんごがすり)」を中心とした繊維業が集まる福山市新市町で、子ども服の製造・卸売の会社としてスタートしました。町に量販店ができた当初は作れば作るほど物が売れましたが、安くなければ売れない時代になっていくにつれて、自社独自の商品開発について考えるようになりました。

ある時、今の代表取締役である有木康彦さんが、町ゆく人を眺めながら「年を重ねた女性が、もっとキレイに見えてかつ楽なパンツを作れないか」とひらめいたことが、現在のARIKIのパンツのテーマにつながっています。子ども服で培ったノウハウを活かして、レディースアパレルに参入。経験豊富なデザイナーらと共に試行錯誤して、「キレイ」と「楽」が両立できる美脚パンツを誕生させました。色違いや形違いで何本も持っているリピーターも少なくなく、「これをはいたら他のパンツがはけなくなる!」というほど。あなたのお気に入りをぜひ見つけてください。

生産から販売まで「ALL MADE IN JAPAN」。

写真

ARIKIの美脚パンツはすべて、伸縮性に優れたニット生地で製造されています。既存の生地を購入するのではなく、大手生地メーカーと共同開発するところから始まるというから驚きです。生地を編み立てる糸を選定するところから始め、時には糸自体の開発も行いながら、様々なカラー展開や肌触り、質感、機能を持った生地を生み出しています。

そこから、デザイン専門のスタッフがパターン(服の原型)を作ります。脚を長く見せるために膝の位置を調整したり、ポケットを使いやすくかつ目立たない角度に調整したりと、より美しいシルエットを目指してミリ単位での微修正を加えるのは、まさに経験豊富なデザイナーだからこそなせる技。

こうしてできたパターンを元に、生地を裁断し、手作業で縫製。伸縮するニット素材を正確に縫製するのはとても高い技術を要します。これらの過程はすべて福山市内で行われており、コストや効率を優先して海外へ生産拠点を設けることは考えていない、というのがARIKIの「ALL MADE IN JAPAN」へのこだわりです。すべて自社で製造しているからこそ、修理にも対応することが可能です。

『有木』執行役員 有木梨沙さん、チーフパタンナー岡本博子さん

写真

素材、企画、サンプル、製造と、どれか1つが欠けてしまっては、良いものはできないという思いから、すべてにこだわって作っています。その楽さから、介護職の方や車椅子の方など、立ったり座ったりすることが多いお仕事の方にも喜んでいただいています。これまでパンツ選びでどこかを妥協してきた方にこそ、「パートナー」と呼べるくらいの1本に出会っていただきたいです。お手持ちのパンツの中でも一番キレイに見える自信がありますので、ぜひお試しください。

写真
写真
福山市ってこんなまち

福山市ってこんなまち

江戸時代に誕生した「備後絣(かすり)」から栄えた繊維業、北前船に積んだ木材を利用した下駄生産から発展した木工業のほか、日本最大級の鉄鋼コンビナートや機械工業、造船業など、多様な「ものづくり企業」が集っています。

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山市で生み出される創造性あふれる産品・サービスや素材・技術、取組・活動の中から、「新しい発想の実現のために技術と情熱を注いでいるもの」「伝統や歴史に満足することなく進化させ続けているもの」を【福山ブランド】として認定・登録。市と市民が一体となって、まちの「いいもの」を発掘・進化させています。

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

誰もが1本は持っているであろう「デニム」。世界中のファッショニスタを夢中にさせるアイテムですが、名だたるラグジュアリーブランド・メーカーの多くが日本のデニムに熱烈オファーしていることは知る人ぞ知る事実。そのMade in Japanデニムの7割はなんと福山産なんです。市内デニムメーカーやアパレル企業、クリエイターたちの手によって「日本一のデニムの産地・福山」のプライドに火がついた今、デニム関連のさまざまなプロジェクトが一斉にスタートしています。

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

戦後の復興を願って住民が約1,000本のばらの苗を植えたのが始まり。2016年には「100万本のばらのまち」を達成しました。現在も、毎年5月に開催する福山市最大の祭典「福山ばら祭」をはじめ、ばらを通じて、心に豊かな花を咲かせる活動の輪を広げています。

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

福山市南部に位置する景勝地「鞆の浦(とものうら)」は、万葉の時代から「風待ち・潮待ち」の港として栄え、江戸時代には北前船が寄港し繁栄しました。鞆の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定、朝鮮通信使関係史料がユネスコ「世界の記憶」に登録、日本遺産に認定されています。

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山駅の新幹線ホーム(上り)に降り立つと、福山城の石垣や天守を間近に望むことができます。これは福山駅が、かつての城郭内に建っているから。2022年に築城400年を迎えるにあたって、アニバーサリーイベントを実施中!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる