イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

びっくりスイーツ!お寿司そっくりなわらび餅8個+虎焼5個 F21L-098

“そっくりシリーズ”で大人気!虎屋本舗の『てまり寿司』+『虎焼(どら焼き)』のセット。 元和6年に福山で創業し、福山藩御用菓子司となった『虎屋本舗』。400年間変わることのない伝統の味を真摯に守りながらも、新しい味に挑戦し続ける中で生まれたのが、この“そっくりシリーズ”です。 ユニークな見た目と和菓子屋ならではの本格的な美味しさが自慢の『てまり寿司(わらび餅)』と、福山土産として親しまれる『虎焼(どら焼き)』を組み合わせた嬉しいセットでお届けします。 発送:通年

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
てまり寿司8個、元祖名物 虎焼5個

“そっくりシリーズ”で大人気!虎屋本舗の『てまり寿司』+『虎焼(どら焼き)』のセット。 元和6年に福山で創業し、福山藩御用菓子司となった『虎屋本舗』。400年間変わることのない伝統の味を真摯に守りながらも、新しい味に挑戦し続ける中で生まれたのが、この“そっくりシリーズ”です。 ユニークな見た目と和菓子屋ならではの本格的な美味しさが自慢の『てまり寿司(わらび餅)』と、福山土産として親しまれる『虎焼(どら焼き)』を組み合わせた嬉しいセットでお届けします。 発送:通年

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
てまり寿司8個、元祖名物 虎焼5個
このエントリーをはてなブックマークに追加

職人の技と粋を詰め込んだ「てまり寿司」そっくりなわらび餅

写真

数あるそっくりシリーズの中でも、職人泣かせの逸品といえば『てまり寿司(わらび餅)』。風情ある竹かごの中には、海老・鮪・烏賊・雲丹・玉子・蛸・イクラと、8つの彩り鮮やかなてまり寿司が美しく並びます。
練きりや羊羹といった和菓子の定番に、艶寒天でてかりを付けるなどディテールにこだわり、赤ワインやタピオカなど変わりダネの食材も使用。広島県産のレモンを白餡に練り込んだ檸檬餡わらび餅でできたシャリは、すっきり爽やかな美味しさです。
熟練職人の技と粋がこれでもか!と詰め込まれたこの『てまり寿司』。福山ブランド認定や全国お土産グランプリ受賞など、栄えある称号を数多く手にしているのも納得です。

『虎焼』カステラ生地と粒あんの誠実でまっすぐな美味しさ

写真

江戸時代中期、8代目当主の高田助四朗が屋号にちなみ、虎の模様に焼き上げたどら焼き。
「美味しい餡子をこしらえろ。絶対に味を落とすな」と先代から言い伝えられている通り、和菓子屋の命ともいえるのが毎朝の餡づくりです。北海道産小豆を使用し、その日の気候や豆ひと粒ひと粒の機嫌をうかがいながら、ゆっくりと炊き上げる餡。
広島県産の新鮮な地鶏卵とアカシア蜂蜜を使い、しっとりと焼き上げたカステラ生地に、自家製粒あんをサンドしたどら焼きは、奇をてらわない誠実でまっすぐな美味しさ。天皇陛下に献上された歴史があります。

福山藩御用菓子司として400年の歴史を誇る『虎屋本舗』

写真

元和6年に福山で創業し、福山藩御用菓子司となった『虎屋本舗』。以来、約400年もの長きにわたって地域で愛され続けています。
初代当主が福山城築城を祝う「茶の湯の会」に献上し、福山藩主・水野勝成がその味を気に入ったことから自ら命名した「とんど饅頭」をはじめ、福山土産の定番としても親しまれている『虎屋本舗』の和菓子。
400年間変わることのない伝統の味を真摯に守りながらも、新しい味に挑戦し続けるのも『虎屋本舗』の魅力です。「たこ焼きにしか見えないシュークリーム」「コロッケそっくりなレアチーズケーキ」「チョコっと餃子」などの『そっくりシリーズ』は、インパクト抜群のユニークな見た目と和菓子屋ならではの本格的な美味しさで、各種メディアからも注目を集めています。

『虎屋本舗』取締役・高田海道さん

写真

虎屋本舗のお菓子づくりの根底にあるのは、「お菓子を通じて社会を豊かにしたい」という想い。豊かな時代だからこそ、郷土に感謝し、郷土の自然と風物を大切にするのが私たちの使命です。
日本のモノづくりの心を込めたお菓子をぜひご賞味ください。

福山市ってこんなまち

福山市ってこんなまち

江戸時代に誕生した「備後絣(かすり)」から栄えた繊維業、北前船に積んだ木材を利用した下駄生産から発展した木工業のほか、日本最大級の鉄鋼コンビナートや機械工業、造船業など、多様な「ものづくり企業」が集っています。

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山市で生み出される創造性あふれる産品・サービスや素材・技術、取組・活動の中から、「新しい発想の実現のために技術と情熱を注いでいるもの」「伝統や歴史に満足することなく進化させ続けているもの」を【福山ブランド】として認定・登録。市と市民が一体となって、まちの「いいもの」を発掘・進化させています。

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

誰もが1本は持っているであろう「デニム」。世界中のファッショニスタを夢中にさせるアイテムですが、名だたるラグジュアリーブランド・メーカーの多くが日本のデニムに熱烈オファーしていることは知る人ぞ知る事実。そのMade in Japanデニムの7割はなんと福山産なんです。市内デニムメーカーやアパレル企業、クリエイターたちの手によって「日本一のデニムの産地・福山」のプライドに火がついた今、デニム関連のさまざまなプロジェクトが一斉にスタートしています。

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

戦後の復興を願って住民が約1,000本のばらの苗を植えたのが始まり。2016年には「100万本のばらのまち」を達成しました。現在も、毎年5月に開催する福山市最大の祭典「福山ばら祭」をはじめ、ばらを通じて、心に豊かな花を咲かせる活動の輪を広げています。

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

福山市南部に位置する景勝地「鞆の浦(とものうら)」は、万葉の時代から「風待ち・潮待ち」の港として栄え、江戸時代には北前船が寄港し繁栄しました。鞆の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定、朝鮮通信使関係史料がユネスコ「世界の記憶」に登録、日本遺産に認定されています。

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山駅の新幹線ホーム(上り)に降り立つと、福山城の石垣や天守を間近に望むことができます。これは福山駅が、かつての城郭内に建っているから。2022年に築城400年を迎えるにあたって、アニバーサリーイベントを実施中!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる