イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

瀬戸内育ち “極上”の豚肉「瀬戸のもち豚せと姫」スペシャルセット約2,560g F21L-176

福山市の温暖な気候と、豊かな自然に恵まれた『瀬戸牧場』で育った『瀬戸のもち豚せと姫』。 つきたてのおもちのような光沢と、あっさりとしながら甘味を持つ脂、きめが細かく旨味たっぷりの赤身が自慢です。 『瀬戸のもち豚せと姫』は、「姫」の名の通りメスの豚だけのブランド。オスよりもメスの方が臭いが少なく肉質も柔らかいといわれています。飼料はもちろん、飼育環境や安全性にもとことんこだわって大切に育てた“極上”の豚肉が『瀬戸のもち豚せと姫』です。【福山ブランド認定品】 発送:通年 【スペシャルセット】しゃぶしゃぶ&ステーキ用のロース、しゃぶしゃぶ用&生姜焼き用の肩ロース、しゃぶしゃぶ用のバラ肉、カツ用のヒレ、小間切れ、焼肉用の豚トロが少しずつセットになった、合計2,560gの欲張りなセットです。

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【瀬戸のもち豚せと姫スペシャルセット】 ロースしゃぶしゃぶ用スライス 300g ロースステーキ 120g×3枚 肩ロースしゃぶしゃぶ用スライス 400g 肩ロース生姜焼き用スライス 300g バラしゃぶしゃぶ用スライス 300g ヒレ カツ用カット 300g 小間切れ 300g 豚トロ焼肉用カット 300g 合計 2,560g

福山市の温暖な気候と、豊かな自然に恵まれた『瀬戸牧場』で育った『瀬戸のもち豚せと姫』。 つきたてのおもちのような光沢と、あっさりとしながら甘味を持つ脂、きめが細かく旨味たっぷりの赤身が自慢です。 『瀬戸のもち豚せと姫』は、「姫」の名の通りメスの豚だけのブランド。オスよりもメスの方が臭いが少なく肉質も柔らかいといわれています。飼料はもちろん、飼育環境や安全性にもとことんこだわって大切に育てた“極上”の豚肉が『瀬戸のもち豚せと姫』です。【福山ブランド認定品】 発送:通年 【スペシャルセット】しゃぶしゃぶ&ステーキ用のロース、しゃぶしゃぶ用&生姜焼き用の肩ロース、しゃぶしゃぶ用のバラ肉、カツ用のヒレ、小間切れ、焼肉用の豚トロが少しずつセットになった、合計2,560gの欲張りなセットです。

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【瀬戸のもち豚せと姫スペシャルセット】 ロースしゃぶしゃぶ用スライス 300g ロースステーキ 120g×3枚 肩ロースしゃぶしゃぶ用スライス 400g 肩ロース生姜焼き用スライス 300g バラしゃぶしゃぶ用スライス 300g ヒレ カツ用カット 300g 小間切れ 300g 豚トロ焼肉用カット 300g 合計 2,560g
このエントリーをはてなブックマークに追加

・画像はイメージです。

スペシャルセット|いろんな部位を楽しめる欲張りなギフト

写真
写真
写真
写真

旨味たっぷりの赤身と甘くとろける脂が自慢の『瀬戸のもち豚せと姫』。
【スペシャルセット】は、しゃぶしゃぶ&ステーキ用のロース、しゃぶしゃぶ用&生姜焼き用の肩ロース、しゃぶしゃぶ用のバラ肉、カツ用のヒレ、小間切れ、焼肉用の豚トロが少しずつセットになった、合計2,560gの欲張りなセットです。
ロースステーキ肉やヒレ肉、豚トロは、ステーキやとんかつ、焼肉以外にもアレンジ自在。醤油や味噌で和風煮込みにしたり、トマトソースで洋風に仕上げたり、角切りにして炒飯に加えたりと、アイデア次第で大活躍してくれます。
しゃぶしゃぶ用スライスも、野菜など好きな具材と一緒に焼けば豚肉炒めに、重ねて焼けばミルフィーユとんかつに変身。
まさに豚肉好きのためのスペシャルなセットをお楽しみください。

おいしさの秘密は、栄養たっぷりの発酵飼料

写真

『日本畜産』では、食品工場から出されるパンやお米、野菜といった余剰食品を利用したオリジナルの飼料を作っています。黒麹菌で発酵させたスープ状の飼料は、栄養たっぷりで豚さんたちの大好物。「発酵食品はカラダにいい」といわれているように、発酵飼料は豚たちにとっても健康的な食べ物なんです。
そうして作られたおいしいエサをたっぷり食べて育った『瀬戸のもち豚せと姫』は、通常の豚より脂の融点が低く、口どけよくしつこくないおいしさの肉に育ちます。
使用している麹菌は、福山市出身で「近代焼酎の父」として有名な河内源一郎が発見したもの。ここでも地元ゆかりの素材を使っています。

自由に走り回れる、ストレスの少ない飼育環境

写真
写真

「豚たちに余計な負荷をかけたくない」という考えから、『瀬戸牧場』ではほとんど放牧に近いスタイルで豚たちを肥育しています。豚舎の中では、仲間と一緒に遊んだり、じゃれたり、走り回ったり、元気いっぱいに過ごしている姿を見ることができます。
一般的な養豚の現場では、身動きがとれないくらい狭い豚舎で育てる「密飼い」が主流で、運動をしない分、早く育ち効率がいいといわれますが、『日本畜産』では、コストも手間も倍以上かかる放牧スタイルにこだわっています。

『日本畜産』瀬戸牧場 牧場長 小林さん、営業企画部 釜谷さん

写真

瀬戸牧場 牧場長 小林太一さん「国産豚は、輸入肉と比べて圧倒的に“鮮度”が高いといえます。野菜も魚介も鮮度がいいほどおいしいといわれているように、豚肉も鮮度がいいほどおいしいんです。『瀬戸のもち豚せと姫』は、自分自身が“一番おいしい!”と自信を持って言える豚肉です」
営業企画部 部長の釜谷徳人さん「私は、価格がリーズナブルかつおいしい豚肉が一番だと思っています。豚肉の脂を苦手とする方も多いですが、『瀬戸のもち豚せと姫』を味わえばきっとそのおいしさを感じていただけるはずです。豚肉の脂のおいしさを味わっていただきたいです」

写真
写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる