イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

福山産 厳選素材の「生姜ごはんの素」4袋 F21L-119

まろやかで香りの高い『はっとり生姜』、一本釣りカツオだけで作った『タイコウのかつおぶし』、献上昆布といわれる北海道白口浜産『天然真昆布』、国産の材料だけで作った兵庫県龍野市の『うすくち醤油』。 厳選された4つの素材を使い、出汁から丁寧に作った生姜ごはんの素です。2合のお米を研いだあと、具材を入れてお水を加えるだけで、至極の生姜ごはんが出来上がります。 4袋入りなので、何度も楽しんでも、おすそわけしてもいいですね。【福山ブランド認定品】 発送:通年

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【生姜ごはんの素(2合用)】×4袋 生姜(広島県産)、うすくち醤油(大豆・小麦を含む)、かつお節(かつお[鹿児島県産])、昆布(北海道)

まろやかで香りの高い『はっとり生姜』、一本釣りカツオだけで作った『タイコウのかつおぶし』、献上昆布といわれる北海道白口浜産『天然真昆布』、国産の材料だけで作った兵庫県龍野市の『うすくち醤油』。 厳選された4つの素材を使い、出汁から丁寧に作った生姜ごはんの素です。2合のお米を研いだあと、具材を入れてお水を加えるだけで、至極の生姜ごはんが出来上がります。 4袋入りなので、何度も楽しんでも、おすそわけしてもいいですね。【福山ブランド認定品】 発送:通年

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【生姜ごはんの素(2合用)】×4袋 生姜(広島県産)、うすくち醤油(大豆・小麦を含む)、かつお節(かつお[鹿児島県産])、昆布(北海道)
このエントリーをはてなブックマークに追加

最高と思える材料だけで作った、至極の生姜ごはん

写真

まろやかで香りの高い福山市産の『はっとり生姜』、一本釣りカツオだけで作った『タイコウのかつおぶし』、献上昆布といわれる北海道白口浜産『天然真昆布』、国産の材料だけで作った兵庫県龍野市の『うすくち醤油』。厳選された4つの素材を使って、出汁から丁寧に作った生姜ごはんの素です。2合のお米を研いだあと、具材を入れてお水を加えるだけで、なんとも贅沢な生姜ごはんが出来上がります。炊き上がると生姜の香りがフワーッっと広がり、思わず食欲がそそられます。上品な出汁に、シンとした生姜の味がアクセントとなるごはんです。

自身の経験から生まれた生姜商品

写真
写真

福山市の『ジンジャーダイヤモンド』が生姜を使った加工品を作り始めたのは、8年ほど前から。代表の中尾圭吾さんが体調を大きく崩してしまった時に、お医者さんから「カラダを温めるといい」と生姜を勧められ、たくさん生姜が摂取できる生姜シロップを自分用に手作りするようになったのがきっかけといいます。ふと、「自分以外にもこれを必要している人がいるのでは」と思い、商品として売ることを考えるようになったとか。他県の生姜シロップ工房に行ってみると、自宅のガレージを改装したような小規模な施設だったのを見て、「これなら自分でもできるかも」とジンジャーシロップの商品化を本格的にスタートさせました。

『はっとり生姜』の「やさしさ」に惹かれて

写真
写真

『はっとり生姜』との出会いは偶然で、テレビに福山市服部地区の生姜農家・梅田さんが出ているのを友人が教えてくれたそう。そこで紹介されていた生姜を食べてみると、そのあまりの美味しさに驚いたといいます。服部地区がある駅家町はもともと根菜がおいしく育つ土壌があり、大根やゴボウが有名。何年か生姜シロップを作り続けるうちに、生姜の違いがわかるようになり、「梅田さんのつくる『はっとり生姜』は辛味がまろやかでやさしい生姜だと感じるようになりました」と代表の中尾さん。加工の際には、風味が落ちないようにスライスする前の状態で洗い、凹凸があるのでブラッシングをして泥を落とすなど、手間ひまをかけて手作業で製造されています。

納得して買ってもらえるブランドへ

写真

『ジンジャーダイヤモンド』の中尾さんと生姜農家の梅田さん、そして食のセレクトショップを営む胃甲さんの3人で立ち上げたのが『はっとり生姜プロジェクト』。生産の背景を知ってもらい、『はっとり生姜』の作り手を増やすこと、ブランド生姜として確立することを目指しています。その第一弾として、この生姜ごはんの素を作りました。「今後はガリを作ってみたいなぁ」と考えているんだとか。今後の展開も楽しみです!

『ジンジャーダイヤモンド』代表・中尾圭吾さん

写真

「はっとり生姜の美味しさが一番伝わるものは何かを考えて行きついたのが、この生姜ごはんの素でした」と『ジンジャーダイヤモンド』代表の中尾圭吾さん。はっとり生姜のまろやかな辛味が、シンプルでやさしい他の素材とよく合います。「ぜひ、大事に育てられている福山の山間地域の里山風景を思い描きながら、ご賞味ください」。

福山市ってこんなまち

福山市ってこんなまち

江戸時代に誕生した「備後絣(かすり)」から栄えた繊維業、北前船に積んだ木材を利用した下駄生産から発展した木工業のほか、日本最大級の鉄鋼コンビナートや機械工業、造船業など、多様な「ものづくり企業」が集っています。

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山ブランド|福山市で生まれた唯一無二のプロダクト

福山市で生み出される創造性あふれる産品・サービスや素材・技術、取組・活動の中から、「新しい発想の実現のために技術と情熱を注いでいるもの」「伝統や歴史に満足することなく進化させ続けているもの」を【福山ブランド】として認定・登録。市と市民が一体となって、まちの「いいもの」を発掘・進化させています。

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

日本一のデニムの産地|福山産デニムは全国シェア7割!

誰もが1本は持っているであろう「デニム」。世界中のファッショニスタを夢中にさせるアイテムですが、名だたるラグジュアリーブランド・メーカーの多くが日本のデニムに熱烈オファーしていることは知る人ぞ知る事実。そのMade in Japanデニムの7割はなんと福山産なんです。市内デニムメーカーやアパレル企業、クリエイターたちの手によって「日本一のデニムの産地・福山」のプライドに火がついた今、デニム関連のさまざまなプロジェクトが一斉にスタートしています。

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

100万本のばらのまち|福山市が「ばらのまち」になったわけ

戦後の復興を願って住民が約1,000本のばらの苗を植えたのが始まり。2016年には「100万本のばらのまち」を達成しました。現在も、毎年5月に開催する福山市最大の祭典「福山ばら祭」をはじめ、ばらを通じて、心に豊かな花を咲かせる活動の輪を広げています。

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

日本遺産・鞆の浦|江戸時代の面影を残す「潮待ちの港」

福山市南部に位置する景勝地「鞆の浦(とものうら)」は、万葉の時代から「風待ち・潮待ち」の港として栄え、江戸時代には北前船が寄港し繁栄しました。鞆の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定、朝鮮通信使関係史料がユネスコ「世界の記憶」に登録、日本遺産に認定されています。

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山城|築城400年を迎える徳川家ゆかりの城

福山駅の新幹線ホーム(上り)に降り立つと、福山城の石垣や天守を間近に望むことができます。これは福山駅が、かつての城郭内に建っているから。2022年に築城400年を迎えるにあたって、アニバーサリーイベントを実施中!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる