イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

冬ぶどう紫苑2房(約1.5kg相当)

大変ご好評いただいている冬ぶどうの紫苑(しえん)について、本年度も受付を開始しました。 岡山県南地域で作られている冬ぶどうの紫苑(しえん)は、実は早島町で初めて栽培方法が確立されました。 糖度が高く甘いぶどうで、種なしで皮離れも良く食べやすいです。 地域農園で丹精込めて育てた紫苑をお届けします。 11月中旬~12月上旬の最も美味しいタイミングで発送いたします。 ※ 季節品のため、発送希望日の指定はできません。 ※ 離島へはお届けできません。 ※ ご不在等により商品を受け取れなかった場合の再送対応は致しかねます。 ※ 1回の申し込みにつき、1セットとさせていただきます。   複数セットを御希望の場合、お手数ですが複数回の寄附申込みをお願いいたします。 ※ ぶどうは脱粒しやすい果物ですので、発送時に粒が房から落ちる場合もございますが、品質には変わりはございませんのでそのままお召し上がりください。 ※ 紫苑(しえん)の成熟状況によりセット内容や寄附額が変更になる可能性があります。

12,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1セット  2房 約1.5kg相当

大変ご好評いただいている冬ぶどうの紫苑(しえん)について、本年度も受付を開始しました。 岡山県南地域で作られている冬ぶどうの紫苑(しえん)は、実は早島町で初めて栽培方法が確立されました。 糖度が高く甘いぶどうで、種なしで皮離れも良く食べやすいです。 地域農園で丹精込めて育てた紫苑をお届けします。 11月中旬~12月上旬の最も美味しいタイミングで発送いたします。 ※ 季節品のため、発送希望日の指定はできません。 ※ 離島へはお届けできません。 ※ ご不在等により商品を受け取れなかった場合の再送対応は致しかねます。 ※ 1回の申し込みにつき、1セットとさせていただきます。   複数セットを御希望の場合、お手数ですが複数回の寄附申込みをお願いいたします。 ※ ぶどうは脱粒しやすい果物ですので、発送時に粒が房から落ちる場合もございますが、品質には変わりはございませんのでそのままお召し上がりください。 ※ 紫苑(しえん)の成熟状況によりセット内容や寄附額が変更になる可能性があります。

12,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1セット  2房 約1.5kg相当
このエントリーをはてなブックマークに追加

早島地域農園と冬ぶどう紫苑

写真
写真

「早島地域農園」では冬ぶどう紫苑(しえん)の生産に取り組んでいます。

紫苑は、鮮やかなワインレッド色の大粒で糖度が高く、種が無いうえに皮離れが良いため食べやすく、

プリっとした芳醇な果肉が特徴です。

早島地域農園は「おかやま地産地消協力店」の認定を受けるなど、地産地消を一層推進するとともに、

県外の方にも生産者の思いを直接届けられるよう、農業生産と加工販売の一体化や、

地域資源を活用した新たな産業創出の促進などの6次産業化に向け、日々取り組んでいます。

早島地域農園の様子(10月)

写真
写真
写真

10月になり、すっかり秋らしい気温となっています。

紫苑は冬に向かうにつれて、さらにワインレッド色の深みを増していきます。

まだ最盛期ではありませんが、掲載用に1房切っていただきました。

バランスの良い甘味と皮離れの良い身で出荷1カ月前の時点でも大変おいしく仕上がっています。

これから寒い季節に向かうにつれ甘味もさらに増していきますので、ご期待ください。

早島地域農園の様子(9月)

写真
写真
写真

日中は暑い日が続いていますが、朝晩は過ごしやすくなり、秋の訪れを感じる季節になりました。

最旬となる初冬に向け、地域農園の紫苑たちは順調に色づきはじめています。

これから色づくにつれ、肉質が柔らかく甘い紫苑へと成長していきます。

地域農園では堆肥にもこだわっています。

紫苑栽培の過程で出る落ち葉や落果などの生ごみも農園内のに設置された機械の中で

土着菌やニガリなどと混合発酵させ、有機堆肥として再生利用しています。

早島地域農園の様子(8月)

写真
写真

梅雨が明け猛暑が続いていますが、ハウス内は風が通り抜けるため涼しく生育に最適な環境が整っています。

8月以降は味や色を決める大事な時期となります。

余分な葉を落とし日光をたっぷりと浴びさせることで、おいしい紫苑へと仕上げていきます。

現在、約3,500房の紫苑が生育されており、その中から選りすぐられたものを皆さまにお届けする予定です。

早島地域農園の様子(7月)

写真
写真

7月に入り本格的な夏の到来を感じる季節ですが、早島地域農園の紫苑もスクスクと成長してます。

現在は粒間引きという作業の真っ最中です。

この作業はお客様に最高の形状の紫苑をお送りするために欠かせない作業です。

粒を少なくするほど手間はかかりますが、その分残った粒に栄養が行き渡り、

大粒でおいしい紫苑になります。

写真
写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる