イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

B139 石見銀山最大の坑道跡大久保間歩ツアー招待券(1名様)

※写真はイメージです。 世界遺産石見銀山最大の坑道跡「大久保間歩」にご招待します! 一歩坑内に足を踏み入れると、そこは真っ暗な当時の採掘現場。長靴、ヘルメット、懐中電灯の装備での入坑は探検さながらでドキドキ・ワクワク感を掻き立てます! ツアーの予約や詳細はこちら(大久保間歩一般公開限定ツアーサイト) (必ず下記の詳細より「注意事項」をご確認ください。) 内容: 大久保間歩一般公開限定ツアー招待券×1名様分 (小・中学生の場合はツアー参加時に「丁銀キーホルダー」をプレゼント) ※小学生以上からツアーに参加できます。 ※妊婦さんはツアーに参加できません。 ※5日前までに別途ツアー参加予約が必要です。 ※毎週金・土・日・祝日の1日4回ツアーを実施予定(12月~2月の休坑期間を除く) ※所要時間約2時間30分程度の行程です。 ※有効期限は令和2年3月31日ですので、ご注意ください。 提供企業:株式会社石見観光大田営業所

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
大久保間歩一般公開限定ツアー招待券×1名様分 (小・中学生の場合はツアー参加時に「丁銀キーホルダー」をプレゼント)

※写真はイメージです。 世界遺産石見銀山最大の坑道跡「大久保間歩」にご招待します! 一歩坑内に足を踏み入れると、そこは真っ暗な当時の採掘現場。長靴、ヘルメット、懐中電灯の装備での入坑は探検さながらでドキドキ・ワクワク感を掻き立てます! ツアーの予約や詳細はこちら(大久保間歩一般公開限定ツアーサイト) (必ず下記の詳細より「注意事項」をご確認ください。) 内容: 大久保間歩一般公開限定ツアー招待券×1名様分 (小・中学生の場合はツアー参加時に「丁銀キーホルダー」をプレゼント) ※小学生以上からツアーに参加できます。 ※妊婦さんはツアーに参加できません。 ※5日前までに別途ツアー参加予約が必要です。 ※毎週金・土・日・祝日の1日4回ツアーを実施予定(12月~2月の休坑期間を除く) ※所要時間約2時間30分程度の行程です。 ※有効期限は令和2年3月31日ですので、ご注意ください。 提供企業:株式会社石見観光大田営業所

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
大久保間歩一般公開限定ツアー招待券×1名様分 (小・中学生の場合はツアー参加時に「丁銀キーホルダー」をプレゼント)
このエントリーをはてなブックマークに追加

【必ずお読みください】大久保間歩一般公開ツアー 注意事項

◎招待券の有効期限は平成31年3月31日までです。
◎ツアー5日前までに予約が必要です。(各回定員20名)
◎12月~翌2月は休坑です。
◎毎週金・土・日曜日及び祝日のみツアーを行なっています。

◎体調不良など、ご心配なことは必ず事前にお申し出ください。
◎暗所恐怖症あるいは閉所恐怖症の方は、事前にご相談ください。
◎妊婦または妊娠していると思われる方は、ご参加できません。
◎小学生未満のご参加はできません。

◎荷物は少なめにしてください。(飲み物・タオル・カメラ程度で)

1)ツアー参加時は急峻な山道を歩きますので、ガイドの指示に従って下さい。
 
2)体力を要しますので、ご承知おきください。
 ※片道900mの往復です。大久保間歩~釜屋間歩が特にハードな行程です。
 ※大久保間歩管理棟にて、お待ちいただく事もできます。

3)集合時間(出発15分前)までにトイレをお済ませ下さい。
 ※バスを降りた地点以外にトイレはありませんので、ご注意ください。

4)飲物(お茶等)のご用意はお済ませ下さい。
 
5)長袖、長ズボン(肌の隠れるもの)滑りにくい靴でご参加ください。
※長袖・長ズボンは虫さされ、かぶれ、ケガ等の予防の為です。

6)暖かくして、ご参加ください。(春秋期は特に)
 ※坑内は夏期でも10℃くらいです。(30分位滞在します。)

◎天候の状況等により、釜屋間歩の見学ができない場合があります。

★ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ先:0854-84-0750(大久保間歩予約センター)

ツアー予約はこちらから!

写真
ツアー行程はこちら!

丁銀キーホルダー(小・中学生へプレゼント)

丁銀キーホルダー(小・中学生へプレゼント)

小・中学生が参加された場合は丁銀キーホルダーを1つプレゼント!




写真

大田市街地の南西部の山間に位置する大森地区は、石見銀山遺跡の中心部。銀鉱石を産出した仙ノ山には間歩と呼ばれる坑道があり、路頭掘りも含め600を越える間歩が確認されています。
江戸時代、天領となった最盛期には周辺に20万もの人々が住んだと伝えられ、大森代官所に勤めた役人の屋敷「旧河島家」、大森で最も大きい商家だった「熊谷家住宅」(国指定重要文化財)、全国でも珍しい1815年築の表門と門長屋が残る「大森代官所跡(石見銀山資料館)」などの歴史的建造物が今も大切に保存されています。
町には、古民家を生かしたショップやカフェなどが並び、何度でも訪れたくなる雰囲気は世代を超えて人気のスポット。石見銀山遺跡の歴史を知るには、「石見銀山世界遺産センター」や「石見銀山資料館」をお勧めします。

おおだの観光情報はこちらからチェック!!
(大田市観光サイト石見銀山ウォーキングミュージアム)

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる