イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

◆先行予約◆和歌山県産 平核無柿<贈答用/赤秀>9~13玉【2023年10月上旬以降発送】

和歌山といえば柿。全国でもシェア率1位の柿の生産地です。 平核無柿は、一般的に「種なし柿」と呼ばれており、その名の通り、形が平たくて、四角い箱形の種がない甘い柿です。 渋柿なので、そのままでは食べられず、脱渋という作業を行い、渋みを抜いております。 渋みが抜けると自然な柿の味となり、甘くて食べやすいとろけるような食感に変わります。 渋抜き作業を行いますが、渋が抜けていない場合がございます。 渋が抜けていない場合は、常温で風通しの良い冷暗所にて数日間置いて頂きますと自然と渋が抜けていきます。 種がないのでお子様も安心で、ご年配の方も大好きな柿であります。 柿の産地で立派に育った本場の平核無柿をお届けさせて頂きます。 【ご注意事項】 ・天候の影響で収穫量・収穫時期が遅れた場合、発送が遅れる場合があります。 ・入数、サイズはご指定いただけません ・着日指定のご希望はお受けいたしかねますので、予めご了承ください。 こちらは和歌山県九度山町とかつらぎ町の共通返礼品になります。 平成31年総務省告示第179号第5条第8号イ「市区町村が近隣の他の市区町村と共同で前各号いずれかに該当するものを共通の返礼品等とするもの」に該当する返礼品として、和歌山県内で合意した市町村間で出品しているものです。 ※お礼の品・配送に関するお問い合わせは、(株式会社松源:073-461-0100)までお願いします 【事業者情報】 事業者名:株式会社松源  連絡先:073-461-0100 営業時間:10:00-17:00 定休日:日曜日、お正月1/1~1/3まで定休日

3,000ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
9~13玉入り/赤秀(贈答品用)

和歌山といえば柿。全国でもシェア率1位の柿の生産地です。 平核無柿は、一般的に「種なし柿」と呼ばれており、その名の通り、形が平たくて、四角い箱形の種がない甘い柿です。 渋柿なので、そのままでは食べられず、脱渋という作業を行い、渋みを抜いております。 渋みが抜けると自然な柿の味となり、甘くて食べやすいとろけるような食感に変わります。 渋抜き作業を行いますが、渋が抜けていない場合がございます。 渋が抜けていない場合は、常温で風通しの良い冷暗所にて数日間置いて頂きますと自然と渋が抜けていきます。 種がないのでお子様も安心で、ご年配の方も大好きな柿であります。 柿の産地で立派に育った本場の平核無柿をお届けさせて頂きます。 【ご注意事項】 ・天候の影響で収穫量・収穫時期が遅れた場合、発送が遅れる場合があります。 ・入数、サイズはご指定いただけません ・着日指定のご希望はお受けいたしかねますので、予めご了承ください。 こちらは和歌山県九度山町とかつらぎ町の共通返礼品になります。 平成31年総務省告示第179号第5条第8号イ「市区町村が近隣の他の市区町村と共同で前各号いずれかに該当するものを共通の返礼品等とするもの」に該当する返礼品として、和歌山県内で合意した市町村間で出品しているものです。 ※お礼の品・配送に関するお問い合わせは、(株式会社松源:073-461-0100)までお願いします 【事業者情報】 事業者名:株式会社松源  連絡先:073-461-0100 営業時間:10:00-17:00 定休日:日曜日、お正月1/1~1/3まで定休日

3,000ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
9~13玉入り/赤秀(贈答品用)
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真
写真

日本一の産地から自慢の柿をお届け

写真

写真
和歌山県は日本一の柿の産地。生産量は43,400トンほどで、全国の約20%を生産しています(令和元年度)。
主な産地である紀の川に沿った和歌山県北部の地域は、昼夜の寒暖差が大きく柿の生育に適しています。なかでも、かつらぎ町は県内でも生産量が多く日本一を誇る柿の里として知られています。
安井農園をはじめとするグループで作られる柿の殆どは山の斜面で栽培されており、水はけが良いため柿の色づきもよく味も良質なものに仕上がっています。

渋い柿から、とろける甘~い柿へ大変身

写真

安井農園をはじめとした生産者グループとして出品していますが、普段は各個人で自分の畑の世話・収穫をおこない、それぞれが収穫したものを倉庫に集約して色付きがいいものを厳選して出荷しています。グループ内で味のバラつきがでないよう栽培のノウハウを共有し、味や品質の向上をはかっています。
出品している「平核無柿(ひらたねなしがき)」や「紀の川柿」はもとはおなじ渋柿のためそのままでは食べることができず手間暇かけた一工夫が欠かせません。

写真
「平核無柿」は出荷前に倉庫で炭酸ガスを充満させる脱渋とよばれる作業を行い渋みを抜くことで、甘くて食べやすいとろけるような食感に仕上げています。
「紀の川柿」は収穫前に樹上でアルコールを仕込んだ袋で包むことで柿の成分タンニンを固定化させ、木にならしたまま渋抜きを行います。
一つ一つ手作業で袋をかけるため手間がかかり生産量も少なく、切ると断面は黒いごま模様になっているのが特徴で希少性が高いと言われています。

ふるさと納税で繋ぐ柿農家の未来

写真

今回ご紹介する柿は、地元密着型スーパー「松源」のバイヤーが厳選した、安井農園をはじめとする5名の生産者グループから直送でお届けしています。
グループの代表を務める「安井農園」は、江戸から続く古い家系で、辿って分かる範囲で柿農家としては4代目。安井さんは現在柿の専業農家ですが、元々は農協の職員でした。当時学んだ売り方のノウハウを柿の生産・販売に活かし若手の育成に尽力しており、「若い世代に専業農家で生計を立てられるように」という思いから、若手農家に声を掛けグループで卸すことをはじめました。ベテランと若手農家が切磋琢磨し作り上げる渾身の柿をぜひご賞味ください。

たねなし柿は他にもあります!

かつらぎ町のオススメはこちら☆彡

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる