イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

天の竹楽チンぬか床

ご家庭で自家製ぬか漬けを作ってみませんか。。 竹パウダー「天の竹」と米ぬか、少量の塩を混ぜ水で練って作る「楽チンぬか床」。 ご用意いただくのは、お塩とお好みの具材のみで、 はじめての方でも簡単にとっても美味しく漬物を作ることができます。 天野の里づくりの会オリジナルの竹パウダーを混ぜたぬか床で作る漬物は サクサクと軽い歯ごたえで、漬物特有の匂いがなく、野菜本来の甘みを味わえる絶品です。 【天の竹 楽チンぬか床の特徴】 (1)毎日のかき混ぜがいらなくて、管理が便利で楽チン!  (2)さらさらとしているので混ぜやすく、手にもつきにくい!  (3)甘酸っぱいいい香り!  (4)乳酸菌の発生が旺盛で漬かりも早い!美味しい!  (5)旧来のぬか床に比べ減塩になるので、野菜本来の甘さがあり美味しい!  (6)腐敗しにくく、旧来のぬか床に比べ失敗がない! 【作り方】 1.漬ける容器(大きめのタッパーでもOK)に、天の竹パウダー(250g)、米ぬか(400g)、塩(セット外、お好みで30~50g)を入れて混ぜ、   次に水650ccを加えてよくかき混ぜる。 2.お好みの野菜を漬け込む   夏:きゅうり・ナスなどがおススメ   冬:大根・ニンジン・白菜・キャベツなどなど 3.蓋をして冷蔵庫にいれる(冬場は冷たい場所での保管でもよい) 4.~3日後、食べごろとなるので取り出す。(お好みで塩やぬかを足してさらに具材を漬け込んでお楽しみください) ※商品セットにもつくり方の記載がございます。 事業者名:特定非営利活動法人かつらぎフルーツ王国振興公社 連絡先:0736-22-8363

3,000ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
「天の竹楽チンぬか床」  2セット   天の竹250g×2   米ぬか400g×2 ※1セットで野菜を漬けると、2.2~2.6Lの容器が適当です。

ご家庭で自家製ぬか漬けを作ってみませんか。。 竹パウダー「天の竹」と米ぬか、少量の塩を混ぜ水で練って作る「楽チンぬか床」。 ご用意いただくのは、お塩とお好みの具材のみで、 はじめての方でも簡単にとっても美味しく漬物を作ることができます。 天野の里づくりの会オリジナルの竹パウダーを混ぜたぬか床で作る漬物は サクサクと軽い歯ごたえで、漬物特有の匂いがなく、野菜本来の甘みを味わえる絶品です。 【天の竹 楽チンぬか床の特徴】 (1)毎日のかき混ぜがいらなくて、管理が便利で楽チン!  (2)さらさらとしているので混ぜやすく、手にもつきにくい!  (3)甘酸っぱいいい香り!  (4)乳酸菌の発生が旺盛で漬かりも早い!美味しい!  (5)旧来のぬか床に比べ減塩になるので、野菜本来の甘さがあり美味しい!  (6)腐敗しにくく、旧来のぬか床に比べ失敗がない! 【作り方】 1.漬ける容器(大きめのタッパーでもOK)に、天の竹パウダー(250g)、米ぬか(400g)、塩(セット外、お好みで30~50g)を入れて混ぜ、   次に水650ccを加えてよくかき混ぜる。 2.お好みの野菜を漬け込む   夏:きゅうり・ナスなどがおススメ   冬:大根・ニンジン・白菜・キャベツなどなど 3.蓋をして冷蔵庫にいれる(冬場は冷たい場所での保管でもよい) 4.~3日後、食べごろとなるので取り出す。(お好みで塩やぬかを足してさらに具材を漬け込んでお楽しみください) ※商品セットにもつくり方の記載がございます。 事業者名:特定非営利活動法人かつらぎフルーツ王国振興公社 連絡先:0736-22-8363

3,000ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
「天の竹楽チンぬか床」  2セット   天の竹250g×2   米ぬか400g×2 ※1セットで野菜を漬けると、2.2~2.6Lの容器が適当です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

かつらぎ町自慢のお米をご一緒にどうぞ!

かつらぎ町のオススメはこちら?

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる