イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【奈良といえば奈良漬】全種類入り!荘厳な本格木桶入り詰合せ(うり×4、きゅうり×2、すいか×3、守口大根×1)

奈良といえば、奈良漬。 奈良漬の名の由来は今から千年以上の昔、諸白といわれる濁酒に漬けた瓜を宮廷に献上した折、時の上皇より「奈良漬」の名を賜って今に至ったものです。酒かすで作った漬物 奈良漬は、まさに奈良県を代表する伝統の味です。 べっこう色に透き通った奈良漬をつくるため、1年の歳月と「下漬」「中漬」「上漬」「仕上げ」と4回もの漬け替えを行います。酒かすを変えて漬け替えることで、野菜と酒かすを馴染ませる(下漬)、野菜の臭みを抜く(中漬)、酒かすの味を乗せていく(上漬)、と味に深みをつけていくのです。最後の仕上げ漬では漬かり具合に合わせた調味粕で漬け込むことで自然な甘みと芳醇な味わいを生み出します。 材料となる白瓜は他種の瓜と比べてしまった肉質でありながら肉厚があり、パリパリと歯切れの良い食感を生み出します。きゅうりはサクサクと柔らかく、スイカは絹のように滑らか、守口大根はザクッと歯応え、それぞれ違った食感が楽しめます。吉野杉の木桶に入れ、1つ1つ縄掛け号装した最上級の貫禄でお届けします。 ■注意事項/その他 【お召し上がり方法】 ・食べる分だけ取り出し、酒かすをふき取って厚さ5mm程に切ってお召し上がりください。軽妙な歯ごたえと芳醇な香りが楽しめます。 ・周りについている酒かすは水洗いするよりふき取ったほうが風味がよく香りも保てます。 ・取り出してすぐは酒精(アルコール分)により辛口に感じる場合があります。この時は切った状態のまま2.3時間置いておくと辛みがやわらぎます。 提供:いせ弥 http://nara1naraduke.com/

36,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
うり、きゅうり、すいか、守口大根 (4種類合計1,800g)

奈良といえば、奈良漬。 奈良漬の名の由来は今から千年以上の昔、諸白といわれる濁酒に漬けた瓜を宮廷に献上した折、時の上皇より「奈良漬」の名を賜って今に至ったものです。酒かすで作った漬物 奈良漬は、まさに奈良県を代表する伝統の味です。 べっこう色に透き通った奈良漬をつくるため、1年の歳月と「下漬」「中漬」「上漬」「仕上げ」と4回もの漬け替えを行います。酒かすを変えて漬け替えることで、野菜と酒かすを馴染ませる(下漬)、野菜の臭みを抜く(中漬)、酒かすの味を乗せていく(上漬)、と味に深みをつけていくのです。最後の仕上げ漬では漬かり具合に合わせた調味粕で漬け込むことで自然な甘みと芳醇な味わいを生み出します。 材料となる白瓜は他種の瓜と比べてしまった肉質でありながら肉厚があり、パリパリと歯切れの良い食感を生み出します。きゅうりはサクサクと柔らかく、スイカは絹のように滑らか、守口大根はザクッと歯応え、それぞれ違った食感が楽しめます。吉野杉の木桶に入れ、1つ1つ縄掛け号装した最上級の貫禄でお届けします。 ■注意事項/その他 【お召し上がり方法】 ・食べる分だけ取り出し、酒かすをふき取って厚さ5mm程に切ってお召し上がりください。軽妙な歯ごたえと芳醇な香りが楽しめます。 ・周りについている酒かすは水洗いするよりふき取ったほうが風味がよく香りも保てます。 ・取り出してすぐは酒精(アルコール分)により辛口に感じる場合があります。この時は切った状態のまま2.3時間置いておくと辛みがやわらぎます。 提供:いせ弥 http://nara1naraduke.com/

36,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
うり、きゅうり、すいか、守口大根 (4種類合計1,800g)
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる