イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

30-17 【tamaki niime・イッテンモノ】播州織コットン100%プリントショール(中判)

tamaki niimeの原点と言えるroots shawl。その特徴は、他では体験できないような柔らかさと色のバリエーションにあります。print shawlは、そのroots shawlの上にさらにオリジナルのプリントを施したもの。これは、気軽に持ち運べ、使いやすいMIDDLEサイズです。プリント柄はデザインに時間がかかるため、同じ柄を繰り返し使っていくのが普通ですが、tamaki niimeでは同じ柄のショールは少数しかつくりません。さらに1枚1枚色や土台のショールを変えていくので、1点モノのショールとなります。使える色数に制限がないため、roots shawlよりも華やかで自由な表現が可能です。顔映りを華やかにしたい時、ファッションのアクセントにしたい時などに、スカーフのような感覚で使っていただけるショールです。

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
◆ショールの柄について◆ お好きな色味の第1希望と第2希望を申込フォームの【備考欄】に必ずご記入ください。ご希望の色に近い商品をこちらで選ばせていただきます。 【例】第1希望:ピンク系 第2希望:ブルー系 ※在庫状況によりご希望の色味に対応出来ない場合もございますので、予めご了承ください。その場合は再度ご希望の色味をお伺いします。 素材:cotton100% サイズ:全長約180cm 幅約40cm

tamaki niimeの原点と言えるroots shawl。その特徴は、他では体験できないような柔らかさと色のバリエーションにあります。print shawlは、そのroots shawlの上にさらにオリジナルのプリントを施したもの。これは、気軽に持ち運べ、使いやすいMIDDLEサイズです。プリント柄はデザインに時間がかかるため、同じ柄を繰り返し使っていくのが普通ですが、tamaki niimeでは同じ柄のショールは少数しかつくりません。さらに1枚1枚色や土台のショールを変えていくので、1点モノのショールとなります。使える色数に制限がないため、roots shawlよりも華やかで自由な表現が可能です。顔映りを華やかにしたい時、ファッションのアクセントにしたい時などに、スカーフのような感覚で使っていただけるショールです。

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
◆ショールの柄について◆ お好きな色味の第1希望と第2希望を申込フォームの【備考欄】に必ずご記入ください。ご希望の色に近い商品をこちらで選ばせていただきます。 【例】第1希望:ピンク系 第2希望:ブルー系 ※在庫状況によりご希望の色味に対応出来ない場合もございますので、予めご了承ください。その場合は再度ご希望の色味をお伺いします。 素材:cotton100% サイズ:全長約180cm 幅約40cm
このエントリーをはてなブックマークに追加

print shawlは、柄と配色の組み合わせは全てが異なる一点ものです。
お好きな色味の第1希望と第2希望を申込フォームの【備考欄】に必ずご記入ください。ご希望の色に近い商品をこちらで選ばせていただきます。
【例】第1希望:ピンク系 第2希望:ブルー系
※在庫状況によりご希望の色味に対応出来ない場合もございますので、予めご了承ください。その場合は再度ご希望の色味をお伺いします。

写真

tamaki niime

写真

story

写真

着ける人を軽やかにするもの。  It makes you lightly.
唯一無二のもの。  It is one of a kind.
少量多彩なもの。  It is colourful and individualistic.
歴史によりかからないもの。  It isn't shackled to history.
この地でしか織れないもの。  It is only possible to weave in this room.

私たちは知りたい
だから考える だから行動する
思うがままに「実験」を繰り返し 答えを見つけてきたから
私たちは見つける
これからも

We want to know.
So we think and act.
As we experiment many time and find the answer.
We will always find.

Profile

写真

tamaki niime
200412 播州織の新解釈と開発を目指して tamaki niime を立ち上げる
20064 有限会社 玉木新雌 設立
20084 兵庫県西脇市に直営店をオープン
20095 オリジナルショールを発表、製作を開始
20104 直営店を同市に移転
tamaki niime weaving room & stock room としてオープン
10 1965年製ベルト式力織機2台を導入
玉木新雌自身が織る only one shawl の製作をスタート
20115 1983年製レピア織機を導入
20123 革新編機を導入
20134 tamaki niime weaving room & stock room を同市に移転
20142 コットンの栽培を開始
8 オランダ製手織機 louët “megado” を導入
11 丸編機を導入
20155 トックリキワタの栽培を開始
20169 tamaki niime weaving room & stock room 日本のへそに移転
染色機を導入
アレンジワインダーを導入
20172 1967年製力織機 2台、整経機を導入
4 米・野菜の無農薬栽培を開始
10 ガラ紡機、丸編機 2台を導入
20181 tabe room 開始
20191 大地の再生 スタート
3 タオル織機 導入

niimeのしごと

写真

ものづくりへのこだわり

写真
少量生産で 彩り豊かなもの
やわらかく 着心地のよいもの
唯一無二のもの

Only One のものづくりで
日々の暮らしが豊かになれば
と願っています。

やわらかく 多彩で 見たことがないもの

写真
tamaki niimeの原点となる織では、
今はもう使われることが少ない1960年代の力織機や1980年代製のレピア織機を使い、
できる限りゆるく織っていくことで、空気をまとったような生地を生み出しています。

気持ちよくあたたかいもの

写真
昔ながらの丸編み機を使い、
ゆっくりと空気を含みながら生地を編み上げていくことで
ふわりとした着心地の良い生地ができていきます。

少量多彩で自由なものづくり

写真
播州織の特徴である先染め。
分業で行うことが多い染めも、tamaki niime では自社で行い、
私たちがほしい色を私たちの方法で研究しています。
二度と出せない色のパターンを創り出すことで、
世界に一つしかない作品になっていきます。

創造を 形づくる

写真
思考を創造し、新たなパターンやサンプルを形にしていく縫製。
日々の作品の縫製、お直し、改良もスピーディーに行い、
Shopに作品が並んでいきます。

水、風、光と人の手によって

写真
洗いにかけられ、風や自然の光を受けて、ふわりと軽くなる
tamaki niime fabricたち。チェックを受け、Shopへ並びます。

限界のない 自由な クリエーション

写真
tamaki niime では、
所属や年齢の垣根を超えて、クリエーションできる環境があります。
普段、どの仕事をしているスタッフでも、アイデアを提案でき、
形におこせるクリエーションチームが実際にサンプルをつくり、完成品にしていきます。
そのため、アイデアが作品になるまでが早く、
お客様のご要望やご意見も取り入れながら、作品づくりに素早く生かすことができます。

tamaki niime その他の作品たち

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる