イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

E0003.【大阪唐木細工】黒檀夫婦箸セット

唐木の特徴を生かし、優美な曲面を生かす技。伝統を今に伝える「唐木細工(からきざいく)」。 伝統工芸士が丹念に心をこめて作り出す、繊細な「夫婦箸」です。 唐木の中でも手になじんで使いやすい黒檀(コクタン)を使用しています。 黒檀は材質が硬く、木目が美しく艶があり、しかも力がよく伝わります。 箸の握る部分は四角く、先端は丸い形で先まで真っすぐ細い造作に技が光ります。 先端がぴたりと合わさりますので、魚の小骨など細かなものでもつかむことができます。 また、うどんや蕎麦などの麺類がすべりにくい細工になっています。 平成5年に経済産業大臣指定伝統的工芸品「大阪唐木指物」の伝統工芸士に認定されました。 国が認める職人の技と想いが詰まった逸品をぜひ手に取ってご覧ください。 提供:漆硯・唐木細工 工房キハラ ※画像はイメージです。 ※お使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の品と色味が異なる場合がございます。ご了承のうえお申し込みください。

25,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
箸2膳 大:7寸5分(約 22.5 cm) 、小: 7寸(約 21cm) 化粧箱入り 【形状】四角箸 【材質】黒檀(こくたん) ※天然木のため、木目・色等は1つずつ微妙に異なります。自然の風合いとしてお楽しみください。 ※天然素材のため、長年使用のうちに先端が欠けたり、白ずんだりすることがありますが、ご使用には問題ありません。 気になる場合は、同梱のしおり「お箸について」に詳細を記載しておりますので、ご一読の上、末永くご愛用ください。 ※画像はイメージです。 ※お使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の品と色味が異なる場合がございます。ご了承のうえお申し込みください。

唐木の特徴を生かし、優美な曲面を生かす技。伝統を今に伝える「唐木細工(からきざいく)」。 伝統工芸士が丹念に心をこめて作り出す、繊細な「夫婦箸」です。 唐木の中でも手になじんで使いやすい黒檀(コクタン)を使用しています。 黒檀は材質が硬く、木目が美しく艶があり、しかも力がよく伝わります。 箸の握る部分は四角く、先端は丸い形で先まで真っすぐ細い造作に技が光ります。 先端がぴたりと合わさりますので、魚の小骨など細かなものでもつかむことができます。 また、うどんや蕎麦などの麺類がすべりにくい細工になっています。 平成5年に経済産業大臣指定伝統的工芸品「大阪唐木指物」の伝統工芸士に認定されました。 国が認める職人の技と想いが詰まった逸品をぜひ手に取ってご覧ください。 提供:漆硯・唐木細工 工房キハラ ※画像はイメージです。 ※お使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の品と色味が異なる場合がございます。ご了承のうえお申し込みください。

25,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
箸2膳 大:7寸5分(約 22.5 cm) 、小: 7寸(約 21cm) 化粧箱入り 【形状】四角箸 【材質】黒檀(こくたん) ※天然木のため、木目・色等は1つずつ微妙に異なります。自然の風合いとしてお楽しみください。 ※天然素材のため、長年使用のうちに先端が欠けたり、白ずんだりすることがありますが、ご使用には問題ありません。 気になる場合は、同梱のしおり「お箸について」に詳細を記載しておりますので、ご一読の上、末永くご愛用ください。 ※画像はイメージです。 ※お使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の品と色味が異なる場合がございます。ご了承のうえお申し込みください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

国が認める「伝統工芸士」の技が詰まった逸品

写真

唐木(からき)の特徴を生かし、伝統工芸士が丹念に心をこめて作り出す、繊細なお箸です。
硬い材質で力がよく伝わり、手になじんで使いやすい黒檀を使用。
握るところは四角く、先端は丸く先まで真っすぐ細い造作に技が光ります。

※天然木のため、木目・色等は1つずつ微妙に異なります。自然の風合いとしてお楽しみください。

写真
写真

「大阪唐木指物」伝統工芸士の繊細な『技』と熱い『想い』

経済産業大臣指定伝統的工芸品「大阪唐木指物」の伝統工芸士に認定されました。

唐木指物とは、紫檀、黒檀など唐伝来の美材を使い釘を使わず作る工芸品。小箱、線香入れなど、日常使いの品が、暮らしに潤いを与えてくれます。
使うかたを思い描きながら、一人の職人が、1つ1つ丁寧に作り上げています。

写真
写真
写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる