イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【京丹後】JTBふるさと納税旅行クーポン(15,000円分)

京丹後市は、京都府北部に位置する海辺の町。京都から鳥取にかけて連なる「山陰海岸ジオパーク」の一部であり、海岸沿いには美しい風景が広がります。丹後半島の国道178号線沿いから見られる「丹後松島」もその一つ。こちらは松の生い茂る島が海に浮かぶ様子が、宮城県の日本三景・松島に似ていることから名付けられました。  また、丹後松島から西へ約20分ほど車を走らせれば、全長1.8kmに及ぶ白砂青松のビーチ「琴引浜」があります。琴引浜は歩くとキュッキュッと音がする「鳴砂」が有名で、国の天然記念物や名勝に指定されています。 京丹後市で1泊以上の宿泊を伴う旅行に利用できます。 「JTBふるさと納税旅行クーポン」をお申込み後、ふるさと納税をされたご本人様(=寄附者)よりJTB旅の予約センターまたは取扱店舗にご来店、またはお電話にてお申込みください。 旅行ご出発の前日から起算して21日前の正午までお申込みいただけます。 ※一部「JTBふるさと納税旅行クーポン」のご利用ができない旅行商品もございます。 詳しくはご旅行お申し込み時に取扱店舗にてご確認ください。

15,000ポイント
(50,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量

京丹後市は、京都府北部に位置する海辺の町。京都から鳥取にかけて連なる「山陰海岸ジオパーク」の一部であり、海岸沿いには美しい風景が広がります。丹後半島の国道178号線沿いから見られる「丹後松島」もその一つ。こちらは松の生い茂る島が海に浮かぶ様子が、宮城県の日本三景・松島に似ていることから名付けられました。  また、丹後松島から西へ約20分ほど車を走らせれば、全長1.8kmに及ぶ白砂青松のビーチ「琴引浜」があります。琴引浜は歩くとキュッキュッと音がする「鳴砂」が有名で、国の天然記念物や名勝に指定されています。 京丹後市で1泊以上の宿泊を伴う旅行に利用できます。 「JTBふるさと納税旅行クーポン」をお申込み後、ふるさと納税をされたご本人様(=寄附者)よりJTB旅の予約センターまたは取扱店舗にご来店、またはお電話にてお申込みください。 旅行ご出発の前日から起算して21日前の正午までお申込みいただけます。 ※一部「JTBふるさと納税旅行クーポン」のご利用ができない旅行商品もございます。 詳しくはご旅行お申し込み時に取扱店舗にてご確認ください。

15,000ポイント
(50,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
このエントリーをはてなブックマークに追加

◆ご利用の注意点◆
①「JTBふるさと納税旅行クーポン」のご利用はJTB店舗、JTB総合提携店、JTB京阪トラベルまたはJTB旅の予約センター(電話受付専用)でご利用いただけます。
※インターネットでご旅行の予約された場合、「JTBふるさと納税旅行クーポン」のご利用はできませんのでお気を付けくださいませ。
②ご旅行お申し込み後、取扱店舗の変更はできません。
③寄附した自治体(対象地区)に1泊以上する以下使用可能商品にご利用いただけます。
 【使用可能商品】
  エースJTB、総合手配旅行、サン&サン、ロイヤルロード商品(「夢の休日」)
 ・ネット限定商品(るるぶトラベル)、旅物語、他社商品は不可。
 ・海外旅行、旅行保険、キャンセル料には適用不可。
④ご旅行代金の合計が「JTBふるさと納税旅行クーポン」に記載の金額を下回る場合は、ご利用ができません。
⑤旅行代表者(契約責任者)は寄附者ご本人様または2親等のご親族様に限ります。
⑥取扱店舗またはJTB旅の予約センターにてご旅行のご相談、お申込みの際には、【ご登録メールアドレスへお知らせする注文番号】と【寄附者様名】を必ずお知らせください。
※【info@jtb-furusato.jp】指定受信の設定を行ってください。
⑦クーポンの発送はございません。

【青の洞窟】

写真

本物の愛を確かめられるパワースポットとの評判です。大注目を集めているんです。

【丹後松島】

写真

リアス式の海岸の連なる風景が経ヶ岬まで続き、朝日や夕日を受けた美しいシルエットは感動的です。

【七竜峠】

写真

海沿いを走る歴史街道丹後100kmウルトラマラソンのコースとなっています。

【間人ガニ(松葉ガニ)】

写真

間人のカニ漁はわずか5隻の小型船で行われる伝統的な日帰り操業。鮮度がいいのはもちろん、厳しい選別をうけ、最高級と認められた希少なカニだけが「間人ブランド」である間人港と刻印された緑色のタグを許されます。

【丹後メロン】

写真

丹後のメロン生産量は京都府で一番なんですよ。

【丹後の地酒】

写真

酒蔵がそれぞれこだわりをもち長く地元に根付いて醸造しています。

【丹後ちりめん】

写真

丹後ちりめんが、今日のように独特のしぼを持ち、しなやかな風合いと光沢をもつ織物になったのは、今から約300年前の享保5年(1720)峰山の絹屋佐平治(のちに森田治郎兵衛と改名)が京都西陣の機屋へ修業し、秘伝の技術を学びとり、丹後へ持ち帰ったことに始まります。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる