イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

京うちわ掛け軸セット 切り絵 麻型

まるで日本画のような優美な絵と豪華な装飾が施された「京うちわ」は、「都うちわ」「御所うちわ」とも呼ばれ、宮廷貴族に愛されてきました。扇面と柄を別に作り、後から柄を差し込む「差し柄」構造が特徴です。 古来、御祓の神具とされてきた麻の葉文様は、文化文政年間(1804~30)には京阪を中心に女性の間で流行しました。真っ直ぐにのびる麻にあやかって、子どもの産着の模様にも多く用いられた伝統の柄です。和の空間はもちろん、洋風のインテリアにも似合うシックでモダンなアレンジとなっています。

300,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
京うちわ  サイズ:縦×横  41.5cm×27.5cm  素材:竹、紙、サテンポリ 掛け軸   サイズ:縦×横  110cm×38cm    素材:紙、本絹

まるで日本画のような優美な絵と豪華な装飾が施された「京うちわ」は、「都うちわ」「御所うちわ」とも呼ばれ、宮廷貴族に愛されてきました。扇面と柄を別に作り、後から柄を差し込む「差し柄」構造が特徴です。 古来、御祓の神具とされてきた麻の葉文様は、文化文政年間(1804~30)には京阪を中心に女性の間で流行しました。真っ直ぐにのびる麻にあやかって、子どもの産着の模様にも多く用いられた伝統の柄です。和の空間はもちろん、洋風のインテリアにも似合うシックでモダンなアレンジとなっています。

300,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
京うちわ  サイズ:縦×横  41.5cm×27.5cm  素材:竹、紙、サテンポリ 掛け軸   サイズ:縦×横  110cm×38cm    素材:紙、本絹
このエントリーをはてなブックマークに追加

小丸屋住井

創業は寛永元年(1624)ですが、うちわを作りはじめたのは天正年間(1573~92年)にさかのぼります。時の帝より「伏見深草の真竹を使い、団扇作りを差配せよ」との勅命を受けた住井家は、「深草うちわ」を確立。これが江戸時代に入って一世を風靡し、全国に広がります。京都五花街の芸妓・舞妓さんの名入れ・京丸うちわや舞扇子、舞台小道具も手がけ、各派舞踊や狂言などの伝統芸能を影から支えています。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる