イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【西陣活性化を応援!】西陣織名刺入れ(経錦 桐に向鳳凰丸文錦)

龍村美術織物の名物裂を使用した西陣織会館オリジナル商品。 高級感溢れる仕上がりの名刺入れです。 ※ 寄付金の使い道に「西陣を中心とした地域の活性化」を選択される方のみお選びいただけます(他の使い道を選択された場合も,頂いた寄付金は「西陣を中心とした地域の活性化」に活用させていただきますので,ご了承ください。)。 <経錦 桐に向鳳凰丸文錦(きりにむかいほうおうまるもんにしき)>  京の名刹壬生寺に今に伝わる壬生狂言は,正安二年(一三〇〇)三月,円覚上人によって創められたといわれます。爾来この狂言に用いられる衣装は,世々善男善女の寄進する衣装があてられていました。 鳳凰を向かい合わせて丸文にし桐花をその四方におき,立湧式の中に配した格調あるこの裂は,嘉永三年(一八五〇)に大阪屋安二郎外八名の信仰あつき人々の寄進になるもので,狂言衣装に使用されていた壬生寺裂の一つであります。本品は,この歴史と信仰をもつ壬生寺裂の文様を,正確に縮少し,組織を経錦として作成したものであります。 【西陣織】 西陣織は,京都西陣で生産される,多品種少量生産が特徴の,先染(さきぞめ)の紋織物です。  5,6世紀頃,渡来人の秦氏が養蚕・機織りの技術を伝え,平安遷都以後に発展してきました。西陣織には,多くの種類があり,多彩な色糸を使った絢爛豪華なものがたくさんあります。帯のほか,きものや能衣装,金襴,ネクタイなどを生産しています。  西陣織の完成までには20を越える工程があり,それぞれの工程が専門の技術職人によって分業化されています。各工程に高度な技術と豊富な知識が発揮されることにより,最高級の織物が生まれます(国の伝統的工芸品,京都府・京都市の伝統工芸品に指定)。

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
本体革製,表面西陣織裂地。7.2㎝×11.4㎝。

龍村美術織物の名物裂を使用した西陣織会館オリジナル商品。 高級感溢れる仕上がりの名刺入れです。 ※ 寄付金の使い道に「西陣を中心とした地域の活性化」を選択される方のみお選びいただけます(他の使い道を選択された場合も,頂いた寄付金は「西陣を中心とした地域の活性化」に活用させていただきますので,ご了承ください。)。 <経錦 桐に向鳳凰丸文錦(きりにむかいほうおうまるもんにしき)>  京の名刹壬生寺に今に伝わる壬生狂言は,正安二年(一三〇〇)三月,円覚上人によって創められたといわれます。爾来この狂言に用いられる衣装は,世々善男善女の寄進する衣装があてられていました。 鳳凰を向かい合わせて丸文にし桐花をその四方におき,立湧式の中に配した格調あるこの裂は,嘉永三年(一八五〇)に大阪屋安二郎外八名の信仰あつき人々の寄進になるもので,狂言衣装に使用されていた壬生寺裂の一つであります。本品は,この歴史と信仰をもつ壬生寺裂の文様を,正確に縮少し,組織を経錦として作成したものであります。 【西陣織】 西陣織は,京都西陣で生産される,多品種少量生産が特徴の,先染(さきぞめ)の紋織物です。  5,6世紀頃,渡来人の秦氏が養蚕・機織りの技術を伝え,平安遷都以後に発展してきました。西陣織には,多くの種類があり,多彩な色糸を使った絢爛豪華なものがたくさんあります。帯のほか,きものや能衣装,金襴,ネクタイなどを生産しています。  西陣織の完成までには20を越える工程があり,それぞれの工程が専門の技術職人によって分業化されています。各工程に高度な技術と豊富な知識が発揮されることにより,最高級の織物が生まれます(国の伝統的工芸品,京都府・京都市の伝統工芸品に指定)。

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
本体革製,表面西陣織裂地。7.2㎝×11.4㎝。
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる