イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

和傘体験90分(4名)テーブル照明付き(1台)【空色】

千年の歴史を持つ日本の伝統文化・和傘。京都では茶道家元御用達の野点傘や舞妓さん愛用の蛇の目傘など、伝統芸能に欠かせない道具として使われてきました。 京都で唯一残る和傘製造元の日吉屋が、和傘づくりの技法を生かして照明シェードを開発。この画期的な新商品「古都里-KOTORI-」は、グッドデザイン賞や新日本様式100選等を受賞し、海外でも高い評価を受けています。 【体験内容】 ミニチュア和傘の製作を通して京和傘の製作方法を体験していただきます。 和紙の貼り付けに、でんぷん糊を使用します。所要時間は90分となります。 完成品はお持ち帰りいただけます。 体験チケット受け取り後、体験日時をお電話にて7日前までにご予約ください。 電話番号:075-441-6644 ◆開催日時 [月~土] 10時~/13時~/15時~ ◆場所 日吉屋工房 〒602-0072 京都市上京区寺之内通堀川東入ル百々町546 1階または3階 ※体験チケットの有効期限:発行日から1年 ※人数分の参加チケットまたは、追加申込者分の料金が別途必要となります。 ※現地までの交通費、宿泊費等は自己負担となります。 【テーブルスタンド照明】 人気の「古都里-KOTORI-」シェードは、京和傘のように開閉ができる革新的な構造。そのしなやかな開閉のさまは手に取った人だけがわかる、感動の美しさ。 一本の竹を丁寧に割いて作られる竹骨が特徴で、時と共に移り変わる竹本来の素材感をお楽しみいただけます。

300,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
体験コース90分(4名様まで)+テーブルスタンド照明1台 全体サイズ(コード長含む): H310mm×φ220mm ランプ: 40W/E17/乳白色ボール球 色種類: 日吉屋オリジナルカラー4色 日本の伝統色8色

千年の歴史を持つ日本の伝統文化・和傘。京都では茶道家元御用達の野点傘や舞妓さん愛用の蛇の目傘など、伝統芸能に欠かせない道具として使われてきました。 京都で唯一残る和傘製造元の日吉屋が、和傘づくりの技法を生かして照明シェードを開発。この画期的な新商品「古都里-KOTORI-」は、グッドデザイン賞や新日本様式100選等を受賞し、海外でも高い評価を受けています。 【体験内容】 ミニチュア和傘の製作を通して京和傘の製作方法を体験していただきます。 和紙の貼り付けに、でんぷん糊を使用します。所要時間は90分となります。 完成品はお持ち帰りいただけます。 体験チケット受け取り後、体験日時をお電話にて7日前までにご予約ください。 電話番号:075-441-6644 ◆開催日時 [月~土] 10時~/13時~/15時~ ◆場所 日吉屋工房 〒602-0072 京都市上京区寺之内通堀川東入ル百々町546 1階または3階 ※体験チケットの有効期限:発行日から1年 ※人数分の参加チケットまたは、追加申込者分の料金が別途必要となります。 ※現地までの交通費、宿泊費等は自己負担となります。 【テーブルスタンド照明】 人気の「古都里-KOTORI-」シェードは、京和傘のように開閉ができる革新的な構造。そのしなやかな開閉のさまは手に取った人だけがわかる、感動の美しさ。 一本の竹を丁寧に割いて作られる竹骨が特徴で、時と共に移り変わる竹本来の素材感をお楽しみいただけます。

300,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
体験コース90分(4名様まで)+テーブルスタンド照明1台 全体サイズ(コード長含む): H310mm×φ220mm ランプ: 40W/E17/乳白色ボール球 色種類: 日吉屋オリジナルカラー4色 日本の伝統色8色
このエントリーをはてなブックマークに追加

京和傘日吉屋

江戸時代末期に創業し、野点傘や蛇の目傘など伝統的な和傘を製作する京都唯一の京和傘専門店です。英国女王エリザベス2世や故ダイアナ妃を招いた桂離宮のお茶会では、日吉屋の本式野点傘が使われました。近年では和傘の技術・構造を活かした新商品を開発し、海外にも販路を拡大しています。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる