イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

提灯つなぎ5点セット【黒】

五つの器には、祇園花街の提灯でお馴染みの「つなぎ団子」模様が描かれています。 春の風物詩「都をどり」のトレードマークとして広く愛されてきた「つなぎ団子」を、八代六兵衞監修のもと新しくアレンジしてデザイン。 その器シリーズが、この「提灯つなぎ」です。 湯呑と盃は、提灯のような丸みが特徴で、箸置きは扇の形をモチーフにしています。 焼成や絵付けは色によって異なり、手間をかけて製作しています。 【お手入れ・使用上の注意】 ※御本手(ごほんで) 器の表面の随所にピンクがかった色が出ていますが、これはシミではなく、御本手(御本)と呼ばれる陶器特有の現象です。一般的にこの御本手が綺麗に出ているものの方がまろやかな雰囲気が出て趣があるとされています。 ※白化粧の陶器におけるご注意 白化粧の陶器は水分を吸収しやすく、使っていただいているうちに貫入に水分が染み込み、色合いが変化していくことがあります。また、水が染み込むことで釉薬のひび割れなどが浮かび上がる場合がありますが、いずれも陶器特有の性質で、そうした変化は、陶器の風合いとして多くのお客様にご愛好いただいております。 ※陶食器ご使用の栞 ・お買い求め後、使用前は必ず水又は湯に浸してください。 ・ご使用後はできるだけ早く水洗いし、充分に乾燥させてください。 (陶器は吸水性が高いため、乾燥が不十分ですとかびが発生する場合があります。)

50,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【サイズ(約)】 小皿 : 径12.5cm 高さ3cm 豆皿 : 径10.1cm 高さ2.4cm 湯呑 : 径7.4cm 高さ6.8cm 盃  : 径5.2cm 高さ2.6cm 箸置 : 幅5.2cm 高さ1.3cm 【セット内容】 小皿、豆皿、湯呑、盃、箸置 各1点、計5点セット 青・赤・緑・白・黒の中からお好きな色をお選びください。

五つの器には、祇園花街の提灯でお馴染みの「つなぎ団子」模様が描かれています。 春の風物詩「都をどり」のトレードマークとして広く愛されてきた「つなぎ団子」を、八代六兵衞監修のもと新しくアレンジしてデザイン。 その器シリーズが、この「提灯つなぎ」です。 湯呑と盃は、提灯のような丸みが特徴で、箸置きは扇の形をモチーフにしています。 焼成や絵付けは色によって異なり、手間をかけて製作しています。 【お手入れ・使用上の注意】 ※御本手(ごほんで) 器の表面の随所にピンクがかった色が出ていますが、これはシミではなく、御本手(御本)と呼ばれる陶器特有の現象です。一般的にこの御本手が綺麗に出ているものの方がまろやかな雰囲気が出て趣があるとされています。 ※白化粧の陶器におけるご注意 白化粧の陶器は水分を吸収しやすく、使っていただいているうちに貫入に水分が染み込み、色合いが変化していくことがあります。また、水が染み込むことで釉薬のひび割れなどが浮かび上がる場合がありますが、いずれも陶器特有の性質で、そうした変化は、陶器の風合いとして多くのお客様にご愛好いただいております。 ※陶食器ご使用の栞 ・お買い求め後、使用前は必ず水又は湯に浸してください。 ・ご使用後はできるだけ早く水洗いし、充分に乾燥させてください。 (陶器は吸水性が高いため、乾燥が不十分ですとかびが発生する場合があります。)

50,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【サイズ(約)】 小皿 : 径12.5cm 高さ3cm 豆皿 : 径10.1cm 高さ2.4cm 湯呑 : 径7.4cm 高さ6.8cm 盃  : 径5.2cm 高さ2.6cm 箸置 : 幅5.2cm 高さ1.3cm 【セット内容】 小皿、豆皿、湯呑、盃、箸置 各1点、計5点セット 青・赤・緑・白・黒の中からお好きな色をお選びください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

六兵衛窯

写真
江戸時代後期1771年に、初代清水六兵衞が京都・五条坂に開窯。以来約250年、様々な名品を世に送り、京焼の本流として親しまれてきました。三代は、彦根藩主・井伊直弼や将軍・徳川慶喜を輩出した一橋家、京都所司代からも注文を受け、さらに、明治以降は、海外輸出向け製作も果敢に行い、「六兵衞様」と呼ばれるスタイルを確立。現在は八代の監修のもと伝統的な京焼の作風を生かしつつ、時代の好みを取り入れて、すべて手作りで絵付けから焼成まで一貫製作しています。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる