イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

京北子宝いも・京北米セット【冬】

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【セット内容】 ・京北子宝いも   500g × 2袋 ・京北米      3~5kg ・京北まごころみそ 450g ・納豆もち     5~9個入 ・京北の特産品や季節の野菜(京北産小かぶ・京北産みず菜等) 収量に応じて ※天候等の事情により、内容量は変動する場合がございます。

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【セット内容】 ・京北子宝いも   500g × 2袋 ・京北米      3~5kg ・京北まごころみそ 450g ・納豆もち     5~9個入 ・京北の特産品や季節の野菜(京北産小かぶ・京北産みず菜等) 収量に応じて ※天候等の事情により、内容量は変動する場合がございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

京北子宝いも

生産者と京都大学、京都市が連携して開発・導入を進めている「京北子宝いも」は、とろみ成分が多くほくほくした食感の新京野菜。

さわると手がかゆくなる物質、シュウ酸カルシウムが少なく、調理する人の手にやさしい里芋です。

たくさんの子芋ができることがネーミングの由来で、「子宝に恵まれますように」との願いが込められています。11月には子育ての神様をまつる護王神社で、京北子宝いもの収穫感謝祭が開催されます。おせち料理にも合う新京野菜・京北子宝いもを、新令和時代にはじめて迎えるお正月に、ぜひ味わってください。

京北米

京都市の中心部から、車で1時間ほどの距離にある京北。豊かな森と清流に恵まれ、古くから都に木材や農産物を供給してきました。北山杉を産する山々で磨かれた水と、寒暖の差が激しい気候の中で育つ京北米は、ほのかに甘みのある上品な味わいが特徴です。

納豆もち

京北・山国は、納豆発祥の地のひとつとされ、現在でも正月三が日に、お雑煮の代わりにきなこをまぶした納豆もち(あみがさもち)を食べる習慣が残っています。

山国さきがけセンターがつくる納豆もちは、自社で減農薬栽培した山国産100%のもち米・大豆を使用。大豆は、京北の老舗・牛若納豆で、粘りの良い美味しい大粒納豆に仕上げます。のびのよい餅の甘みと、納豆の香ばしさは、くせになる味わいです。

京北まごころみそ

京都市の学校給食に採用されている「京北まごころみそ」は、山国さきがけセンターが手作りするこだわりのみそです。自社栽培した減農薬の大豆と米を100%使用し、一年以上かけて自然醸造させます。大豆の旨味をしっかりと味わえる、酵素の活きた生みそです。

京北産小かぶ

地元・京都京北ではお漬物に欠かせない食材としても知られる京北産小かぶ。みずみずしくぎゅっと詰まった肉質が特徴で、煮物やサラダ等にお使いいただけます。京の冬の味覚をお楽しみください。

京北産みず菜

みず菜は、京の伝統野菜の一つで、「京菜」とも呼ばれます。シャキシャキした歯ごたえで、鍋やサラダに合わせて美味しくお召し上がりいただけます。道の駅・ウッディー京北では、新鮮な京北産みず菜と納豆もち、地元のお肉屋さんの牛肉の取り合わせが美味しい「京北うどん」が人気です。ぜひ、様々な料理で味わってみてください。

「京の旬野菜」とは?

旬の野菜は、一番美味しく、栄養価が高いといった特徴があります。また、野菜を作る時に、暖房や農薬の使用を減らすことができることから、環境に優しい農業の推進にも繋がります。

「新京野菜」とは?

写真
京都市が生産者や京都大学の協力を得て開発した、京都の気候風土にあった野菜です。
◆主な品種◆
・京てまり(きょうてまり)
・京あかね(きょうあかね)
・京唐菜(きょうとうな)
・京ラフラン(きょうらふらん)
・京の花街みょうが(きょうのはなまちみょうが)
・京北子宝いも(けいほくこだからいも)

財団法人 きょうと京北ふるさと公社

写真
京北地域における農林業の振興及び都市と農村の交流促進による地域の活性化等を目的として設立。農地のあっせんや農作業の受託、「ウッディー京北」での木材加工品及び地域特産品の販売、都市住民の方に好評な大型アウトドア施設「宇津峡公園」の管理運営などを通して、ふるさと京北をPRしています。

道の駅 ウッディー京北

道の駅 ウッディー京北

京唐菜や京ラフラン等の新京野菜や旬の地場野菜を使ったソフトクリームや納豆餅など、京北の特産品を販売。喫茶コーナーでは、地域の恵みを活かした季節の料理を楽しめ、特に「鯖そば」は、古来若狭の国から京の都へ海産物を運んだ「西の鯖街道」ならではの一品です。豊かな森林と、鮎つりのメッカでもある上桂川の清流に恵まれた京北にぜひお越しください!

有限会社 山国さきがけセンター

写真
地産地消・6次産業に力を入れ、減農薬による栽培から加工、販売まで手がけています。原材料の米と大豆は京都市京北・山国産100%にこだわり、苗の植え付けから洗って蒸すといった加工まで、大部分を手作業で行っています。伝統の食文化の継承と地場産業の活性化に努めています。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる