イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

饅頭喰い(八寸)

「饅頭喰い人形」は、父母のどちらが大事かと聞かれた子どもが饅頭をふたつに割り、どちらが美味いかと問い返したという有名な説話がもとになった代表的な伏見人形の一つ。 飾ると子どもが賢く育つといわれ、出産祝いや進級祝いに喜ばれます。 衣には小倉百人一首より紀貫之や小野小町などの名歌七首が描かれています。 八寸サイズは、限定の1点もの。 伏見人形は、夏に成形し、冬に彩色するため、新しい人形が完成するのは1年に1度のみ。平安時代以降の稲荷山信仰から、土への信仰が生まれ、江戸時代になって土を持って帰る伏見稲荷の参拝客の土産物として生まれたのがはじまりともいわれ、長く贈り物として愛されてきました。

100,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
高さ23cm×幅12cm ※限定1点

「饅頭喰い人形」は、父母のどちらが大事かと聞かれた子どもが饅頭をふたつに割り、どちらが美味いかと問い返したという有名な説話がもとになった代表的な伏見人形の一つ。 飾ると子どもが賢く育つといわれ、出産祝いや進級祝いに喜ばれます。 衣には小倉百人一首より紀貫之や小野小町などの名歌七首が描かれています。 八寸サイズは、限定の1点もの。 伏見人形は、夏に成形し、冬に彩色するため、新しい人形が完成するのは1年に1度のみ。平安時代以降の稲荷山信仰から、土への信仰が生まれ、江戸時代になって土を持って帰る伏見稲荷の参拝客の土産物として生まれたのがはじまりともいわれ、長く贈り物として愛されてきました。

100,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
高さ23cm×幅12cm ※限定1点
このエントリーをはてなブックマークに追加

伏見人形とは

写真
伏見人形は、夏に成形し、冬に彩色するため、新しい人形が完成するのは1年に1度のみ。平安時代以降の稲荷山信仰から、土への信仰が生まれ、江戸時代になって土を持って帰る伏見稲荷の参拝客の土産物として生まれたのがはじまりともいわれ、長く贈り物として愛されてきました。

丹嘉

写真
寛延年間(1748~51)創業。
全国の土人形の祖といわれる伏見人形の窯元。明治期には伏見街道沿いに40~50軒あった窯元も現在は丹嘉窯元一軒のみ。
古いものは江戸時代から受け継ぐという人形型は、その数2000個にのぼり、大きさも2cmほどの小さいものから80cmくらいの大型のものまで大小様々。
描かれるモチーフも人・動物・舟・建物などと多岐にわたるのは、江戸時代に最新の情報を土産物として伝えるという瓦版のような役割を担ったからとも。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる