イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

01A032 六瓢箪

江戸時代より、酒や水を入れる容器として使われてきた瓢箪。 当時宿場町である草津も数軒の瓢箪屋がありました。 今では当店だけとなり、安藤広重の描いた「東海道五十三次」の草津の宿が現在の当店に位置します。 今、瓢箪は、無病(六瓢)息災の縁起物として、又、装飾品として愛用されています。 瓢箪は人間と同じで、2つとして同じ物がなく、すべて手作りなのが特徴です。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
六瓢箪(6ヶ1組) 6個中最大の瓢箪の高さ:15㎝

江戸時代より、酒や水を入れる容器として使われてきた瓢箪。 当時宿場町である草津も数軒の瓢箪屋がありました。 今では当店だけとなり、安藤広重の描いた「東海道五十三次」の草津の宿が現在の当店に位置します。 今、瓢箪は、無病(六瓢)息災の縁起物として、又、装飾品として愛用されています。 瓢箪は人間と同じで、2つとして同じ物がなく、すべて手作りなのが特徴です。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
六瓢箪(6ヶ1組) 6個中最大の瓢箪の高さ:15㎝
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる