イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

GF-05 伊勢いも入り手延べ半生うどん(とろろ麺)

キング・オブ・山芋の呼び声も高い伊勢いもを100%練りこみ、独特のコシを生みました。昔ながらの引っ張って製麺する手延べ製法により、麺の断面は楕円形で、ゆで伸びせず最後まで美味しく召し上がっていただけます。かの高校生レストランでも使用されている実力派の麺です。なめらかな麺肌ゆえの”のどごし”と豊かな小麦の味わいをお楽しみください! 【提供事業者】五桂池ふるさと村

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
2人前(麺100g×2・つゆ30g×2)×5袋

キング・オブ・山芋の呼び声も高い伊勢いもを100%練りこみ、独特のコシを生みました。昔ながらの引っ張って製麺する手延べ製法により、麺の断面は楕円形で、ゆで伸びせず最後まで美味しく召し上がっていただけます。かの高校生レストランでも使用されている実力派の麺です。なめらかな麺肌ゆえの”のどごし”と豊かな小麦の味わいをお楽しみください! 【提供事業者】五桂池ふるさと村

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
2人前(麺100g×2・つゆ30g×2)×5袋
このエントリーをはてなブックマークに追加

300年の歴史を誇る、三重の伝統野菜 -伊勢いも-

写真

”畑のうなぎ”として重宝されてきたヤマノイモ

伊勢いもは300年以上前の江戸時代に伝わったヤマノイモの一種。とはいえ、よく知られているような棒状の長芋ではなく、ごつごつしたボールのような形をしているのが特徴だ。

写真

ごつごつした外見とはうらはらに、その上品な味わいは多くの人を虜にした。アクが少なく、ヤマノイモの中でも一番といわれる強い粘りとクリーミーなコク。”畑のうなぎ”といわれるほど滋養があり、また親芋を頭上に抱くように子芋が育つことから「親孝行芋」ともいわれ、古来より婚礼や祝い事の贈り物にも重宝されてきた、名実ともにヤマノイモの王様といえる。
時間が経っても変色しにくいため、料理人から大変珍重されている作物である。
伊勢芋は栽培条件が厳しく3年以上の輪作で肥沃な土壌と高度の栽培技術を持った熱心な農家のみで受け継がれた稀少価値を持ったこの地域を代表する名産品。

写真

櫛田川の美しい水と、豊かな自然がはぐくんだ300年もの長い歴史を脈々と繋いできた伊勢芋を、自信を持ってお届けします!

伊勢いもとろろを使ったおすすめの食べ方!

とろろ汁

とろろ汁

摩り下ろした伊勢いも、解凍したとろろ芋に好みの出し汁を冷ましてからかき混ぜながら徐々に好みの濃さに薄めてください。
暖かいご飯にたっぷりと掛けていただくと、喉越し滑らかで食欲が増します。(冷凍とろろ芋を使用しても出来ます)
食欲のないとき、病弱の方にお勧め料理です。

山掛けうどん

山掛けうどん

うどんが普段お召し上がりになる方法で作っていただきます。
うどんにすりおろしたとろろ芋をかけてお召し上がり下さい。
生玉子を入れていただくとさらに美味になります、お汁がとろろ芋と合わさってのどごし爽やか一層食欲が増します。

まぐろの山掛け

まぐろの山掛け

新鮮なまぐろとすりおろしたとろろ芋の山掛けです、マグロの旨みが引き出され
おいしくお召し上がりいただけます。
まぐろの他、いろんなお刺身にも合います。

山芋磯巻揚げ

山芋磯巻揚げ

すりおろしたとろろ芋(冷凍とろろ芋でも可)に卵・片栗粉・塩少々をよくかき混ぜます。
4・5cmに切った海苔に乗せ、食用油で中温でふんわりと揚げ、天つゆ・生姜たまりでお召し上がりください。
アジのすり身等もよく合います。

ふるさと納税を活用させてもらっています!

写真
「伊勢いも」は300年もの長い歴史を有し、また多気町の一部の場所でしか栽培することができない、多気町にとっても大変貴重な自慢の特産品で、多気町を代表する特産品として栽培されてきましたが、生産者の高齢化や後継者不足等により、栽培農家の減少とそれに伴い生産量も徐々に減少しています。

写真
そこで後継者の育成と、販路拡大による生産量の増加を目的とし、JA多気郡、三重大学、地元の県立相可高校と連携し、平成27年度から伊勢いもプロジェクトに取り組んでいます。
伊勢いも栽培のノウハウを学ぶ栽培研修会のほか、栽培方法の実証試験、新規栽培者の発掘、伊勢いもが収穫できる農業体験イベントの開催、
販路開拓のためのPR出展、伊勢いも調理試食会等々、様々な取り組みを進めており、毎年数名ずつではあるものの、栽培農家も増えています。

写真
いただいたご寄附の一部は、この伊勢いもプロジェクトの経費に充てさせていただきます。

今年度も公募で集まった30~60代の12名が秋の収穫まで都度、様々な栽培技術を学んでいきます。(写真は先日の定植の様子)
秋には美味しい伊勢いもが収穫できますようにっ!

まだまだあります!伊勢いもを使ったお品をご紹介!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる