イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【1-9】コシヒカリ(特別栽培米)10kg

※準備でき次第順次発送となります 農林水産省新ガイドラインによる表示 コシヒカリ(特別栽培米)  栽培責任者:株式会社 古御門ライス(三重県松阪市八重田町788番地4)  確認責任者:株式会社 古御門ライス(三重県松阪市八重田町788番地4)  精米責任者:有限会社 田園(三重県松阪市八重田町788番地4)  精米確認者:有限会社 田園(三重県松阪市八重田町788番地4) 提供事業者:有限会社 田園 TEL:0598-58-0987

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
コシヒカリ 1袋(10kg)

※準備でき次第順次発送となります 農林水産省新ガイドラインによる表示 コシヒカリ(特別栽培米)  栽培責任者:株式会社 古御門ライス(三重県松阪市八重田町788番地4)  確認責任者:株式会社 古御門ライス(三重県松阪市八重田町788番地4)  精米責任者:有限会社 田園(三重県松阪市八重田町788番地4)  精米確認者:有限会社 田園(三重県松阪市八重田町788番地4) 提供事業者:有限会社 田園 TEL:0598-58-0987

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
コシヒカリ 1袋(10kg)
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真
写真
写真

米つくりの流れ

2月 種籾消毒
3月の種蒔きに備えて、種籾を消毒します。田園では消毒薬は一切使わず、温湯で消毒します。
60℃のお湯で10分消毒したあと、水に漬けます。

写真

3月 種蒔きと育苗
苗箱に種を蒔き、30度前後に保たれた育苗ハウスで発芽させビニールハウスで育苗します。
ビニールハウスでは温度と湿度、水の量を厳重に管理しています。この時期、種蒔き~田植えまで1か月ほどかかります。

写真

4月 代かきと田植え
田植えの直前になると、水田の代かきをします。代かきとは、水田に水を入れて土を耕し均す作業です。
また、田植えを終えた水田では、雑草の根っこなどのゴミが苗を流してしまわないように、手作業で水田のゴミを取り除きます。
田園では、田植え時に除草剤と害虫・病気を防ぐ農薬を少量使用しますが、この後収穫まで一切農薬は使用しません。

写真

5~7月 水管理と草刈り
この時期の主な作業は、水田の水管理と畦の草刈りです。水管理がとても大変で多くても少なくてもダメ、水持ちの悪い水田は毎日チェックし水が減っていたら栓を開け水を引き込みます。これは稲刈りの1週間前まで続きます。殺虫剤を使用しない田園では、畦の草刈りも重要です。虫が生息する雑草をこまめに刈り、虫害を減らします。また、6月頃に追肥をします。

写真

8月 収穫
早い水田では8月の末から稲刈りが始まります。
収穫後は、乾燥し冷蔵庫に保管されます。

写真

9月 耕起とすき込み
土を起こしながら、稲わらを土に混ぜ込んでおきます。
こうすることで、土の栄養となり来年の土作りに役立ちます。

未来農業 子供たち米作り体験の様子

田園は地域の幼稚園・小中学校の体験教育に協力しています。

田んぼ作業のメインイベントである田植えや稲刈りだけでなく、育苗の様子や収穫後の乾燥の様子なども小学校の学習の場に広く公開しています。
また、中学校が実施している職業体験「わくわくワーク」でも生徒を受け入れています。そして、収穫が減り出荷が終わったビニールハウスのイチゴは・・・
幼稚園や小学校に開放し、イチゴ狩りをさせてあげることも!

そんな子供たちの様子を少しですがご紹介します。

写真

田植え前の準備、育苗の様子です。田植えの苗は知っていても種蒔きのことまで考えたことがあったかな?
たくさんの工程を経て、田に植えることの出来る苗が育つんですよ。

写真

初めての田植え仕事です。まっすぐになるように紐がかけてあるんですが・・・結果は(笑)
最後は、田植え機の登場です。あまりの速さにびっくりかな?

写真

こちらも田植えの様子ですね。田植え機の定員は何人でしょう(笑)
カエルも元気に合唱している田んぼです。

写真

鎌を使っての稲刈り体験です。怪我をしないよう最初にしっかり指導します。
みんなでやってもなかなか進まないですね。そろそろコンバインの出番かな?

写真

こちらも稲刈りの様子ですね。この年はずっと天気が悪く田んぼも乾燥していません。
子供たちもどろんこになりながらの作業です。

写真

収穫後の乾燥の様子を見学しています。初めて見る機械に興味津々のよう!
ノートもしっかりと取っていますね。

田園の農作物が選ばれる4つの理由

一、安心安全にこだわった生産方法
二、信頼のトレーサビリティ
三、安定した品質の高さ
四、環境に配慮した生産方法

農作物検査員の眼が光っています。

田園には「古御門正祐・侑、中津、鈴木」の4人の農作物検査員がいます。

農作物検査員とは国が認定する行政資格で、農産物品位評価の証明行為を行います。
農作物検査員は、資格者育成研修を1年間を通じて受講し必要な食糧法、農作物検査法、規格規定など
法令関連基礎的知識分析・鑑定等、鑑定技術を習得。
筆記試験・鑑定試験に合格し、やっと農作物検査員になれます。

写真

有限会社 田園

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる