イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

[№5809-3511]「初亀 特別純米」

世界最大規模のワイン品評会2018「IWC SAKE部門」で「初亀特別純米」が純米の部でGOLDメダル(上位3%)を受賞しました。「初亀らしさ」を最も端的に感じて頂ける定番の純米酒が国内外の審査員の方々から高い評価を受ける事は素晴らしいです!すっきりとした飲み口ながら口に含むと米の旨みが口中に広がります。燗もおすすめです。 ※画像はイメージです。 ※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者の申し受けは致しておりません。 事業者:有限会社酒のおおつか

11,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
初亀特別純米 1800ml

世界最大規模のワイン品評会2018「IWC SAKE部門」で「初亀特別純米」が純米の部でGOLDメダル(上位3%)を受賞しました。「初亀らしさ」を最も端的に感じて頂ける定番の純米酒が国内外の審査員の方々から高い評価を受ける事は素晴らしいです!すっきりとした飲み口ながら口に含むと米の旨みが口中に広がります。燗もおすすめです。 ※画像はイメージです。 ※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者の申し受けは致しておりません。 事業者:有限会社酒のおおつか

11,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
初亀特別純米 1800ml
このエントリーをはてなブックマークに追加

◆藤枝の酒造りについて

写真
藤枝は酒造りにとって重要な「豊富な水」と「米作りに適した肥沃な土壌」により、江戸時代から酒造業が盛んであった。かつては、藤枝地区の6家を中心に多くの醸造家があったが、その多くは明治、大正の頃姿を消している。
現在、4つの酒蔵が操業しているが、それぞれ独自の手法とこだわりにより深い味わいの酒を生み出している。いずれも全国の品評会でも高い評価を獲得するなど、吟醸王国と言われる静岡県の中でも「知る人ぞ知る銘酒の里」として注目を集める。

◆初亀酒造について

手作りにこだわり続ける美酒。この地で親しまれて100年以上。

寛永年間に駿府で足名屋として酒を造りはじめた初亀が、
東海道の宿場町として栄えた風情あふれる岡部の地に移ったのが明治初年。
以来岡部の地で昨日よりも今日、今日よりも明日を、より広く深く愛される酒を育て続けています。
酒の原料である米にはこだわりを持ち、農家の方と喜びを共有できる蔵をめざしています。

◆ふるさと納税で選べる藤枝の地酒

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる