イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

[№5809-3476]FUJIEDA OMOCHA 煎茶三品種セット

お茶の町、静岡県藤枝市を想っていただきたい(想う茶)という願いからできあがったお茶です。 松、藤、鶯という各種のお茶はそれぞれ藤枝市の木、花、鳥から名前を付けました。 中身ももちろん藤枝を代表する特徴あるお茶です。 松・・・藤枝産 被せ茶(玉露の一歩手前のお茶です。玉露ほど気を使わず淹れられて飲みやすいです。) 藤・・・藤枝産 藤枝かおり(煎茶なのにジャスミン風です。藤枝を代表する品種です。) 鶯・・・藤枝産 浅蒸し煎茶(藤枝と言ったら浅蒸し。昔ながらのすっきりした生真面目な味です。) パッケージには市の史跡や名所をデザインしております。 デザインは静岡書店大賞に輝いた藤枝市出身の作家さん「ふくなが じゅんぺい」さんです。  ※2019年10月1日の消費税改正に伴い、寄附金額が変更されました。 ※画像はイメージです。 事業者:藤栄製茶 株式会社

14,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
36g(3g×12ヶ)×3種 箱のサイズ155×270×75

お茶の町、静岡県藤枝市を想っていただきたい(想う茶)という願いからできあがったお茶です。 松、藤、鶯という各種のお茶はそれぞれ藤枝市の木、花、鳥から名前を付けました。 中身ももちろん藤枝を代表する特徴あるお茶です。 松・・・藤枝産 被せ茶(玉露の一歩手前のお茶です。玉露ほど気を使わず淹れられて飲みやすいです。) 藤・・・藤枝産 藤枝かおり(煎茶なのにジャスミン風です。藤枝を代表する品種です。) 鶯・・・藤枝産 浅蒸し煎茶(藤枝と言ったら浅蒸し。昔ながらのすっきりした生真面目な味です。) パッケージには市の史跡や名所をデザインしております。 デザインは静岡書店大賞に輝いた藤枝市出身の作家さん「ふくなが じゅんぺい」さんです。  ※2019年10月1日の消費税改正に伴い、寄附金額が変更されました。 ※画像はイメージです。 事業者:藤栄製茶 株式会社

14,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
36g(3g×12ヶ)×3種 箱のサイズ155×270×75
このエントリーをはてなブックマークに追加

★「藤枝セレクション2019」認定商品です!

写真
藤枝セレクションとは、藤枝で作られるさまざまな地場産品の中から、「藤枝の誇り」「安心の証」「コトづくり」に優れた、藤枝を代表する商品を認定し、藤枝の名を全国に発信するという取り組みです。
今年度は、27品がエントリーされ、平成30年12月7日から平成31年1月31日までの市民投票及び1月31日に開催した最終審査会を経て、2019年版では11品が「藤枝セレクション2019」に選ばれました。

お茶の町、藤枝市を想っていただきたい(想う茶)という願い

写真
◆松・・・藤枝産のかぶせ茶です。
かぶせ茶とは日光を遮って育てたお茶のことを呼びます。
同様に日光を遮って栽培する緑茶として「玉露」がありますが、玉露はかぶせ茶よりも被覆期間が長くなっています。かぶせ茶(7日程)玉露(21日程)。
かぶせ茶は玉露の一歩手前なのです。淹れ方の難しい玉露と違い、かぶせ茶は手軽に楽しむことができます。
熱湯で淹れても美味しく飲めるので「熱湯玉露」とも呼ばれています。
かぶせ茶は通常の煎茶よりもリラックス効果のあるテアニンが多く含まれます。普段使いのお茶に最適です。

写真
◆藤・・・藤枝を代表する品種のお茶「藤枝かおり」です。
緑茶であるのに口に含むとジャスミンの花のような香りがするのが特徴です。
高温で淹れると、よりジャスミン香が強くなります。低温で淹れるとまろやかに旨味に加え優しい渋みのする上品な顔を覗かせます。
特徴が表れやすいので楽しみやすいお茶です。
「洋菓子に合う」というキャッチフレーズがあるこのお茶は、甘いモノとの相性が抜群です。ティータイムなどにご使用いただけると最適です。

写真
◆鶯・・・藤枝産の浅蒸し煎茶です。
藤枝の秘境瀬戸ノ谷の山奥で育った昔ながらの山のお茶。
世間の流行に流される事無く、藤枝といったら浅蒸し。
生真面目に引き継がれた伝統の味です。
どこか懐かしい、日本を感じさせるそんなお茶です。
すっきりとした後味のいいお茶なので、どんな食事にも合います。
朝は熱めのお湯で淹れる事で、目覚めもバッチリです。

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる