イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

1489 超希少!掛川で採種した蜂蜜「日本ミツバチ」のハチミツ150g×2本 提供:工房こもれび・長谷川善孝(日本蜜蜂)

掛川の雑木林の中で採種した希少な日本蜜蜂のハチミツを150g×2本詰め合わせしました。 日本蜜蜂(ニホンミツバチ)は、日本の在来種のミツバチで、一部地域を除いて日本中に生息しています。したがってこの掛川市にも生息しています。見た目はちょっと黒っぽく、気性は穏やかです。 野生のものなので、養蜂していても環境が気に入らなければ巣を捨てて出て行ってしまいます。それだけに飼育は難しいです。私は、静岡県掛川市南西郷(亀の甲)の、子供の頃から砦山と呼んでいた小高い丘陵の畑で飼育しています。(写真は梅の花の咲く頃です。) 日本ミツバチが集める蜜の量は、西洋ミツバチの5分の1以下程度と言われています。日本ミツバチのはちみつが、一般市場に、ほとんど出回らず「幻のはちみつ」と言われる理由のひとつです。 国内で流通するはちみつのうち、約93%は外国産と言われています。残り7%の国産はちみつのうち、日本ミツバチのはちみつは1%未満だそうです。その希少さと、手間の多さもあり、日本ミツバチのはちみつには西洋ミツバチの国産・純粋はちみつの2倍〜5倍の高い値段がつけられています。 希少価値が高く美味しい蜂蜜。数も限定です。是非お召し上がりください! 提供:工房こもれび・長谷川善孝

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
掛川産「日本蜜蜂」のハチミツ150g×2本 ※冬は白く固まることがありますが品質に問題はありません。

掛川の雑木林の中で採種した希少な日本蜜蜂のハチミツを150g×2本詰め合わせしました。 日本蜜蜂(ニホンミツバチ)は、日本の在来種のミツバチで、一部地域を除いて日本中に生息しています。したがってこの掛川市にも生息しています。見た目はちょっと黒っぽく、気性は穏やかです。 野生のものなので、養蜂していても環境が気に入らなければ巣を捨てて出て行ってしまいます。それだけに飼育は難しいです。私は、静岡県掛川市南西郷(亀の甲)の、子供の頃から砦山と呼んでいた小高い丘陵の畑で飼育しています。(写真は梅の花の咲く頃です。) 日本ミツバチが集める蜜の量は、西洋ミツバチの5分の1以下程度と言われています。日本ミツバチのはちみつが、一般市場に、ほとんど出回らず「幻のはちみつ」と言われる理由のひとつです。 国内で流通するはちみつのうち、約93%は外国産と言われています。残り7%の国産はちみつのうち、日本ミツバチのはちみつは1%未満だそうです。その希少さと、手間の多さもあり、日本ミツバチのはちみつには西洋ミツバチの国産・純粋はちみつの2倍〜5倍の高い値段がつけられています。 希少価値が高く美味しい蜂蜜。数も限定です。是非お召し上がりください! 提供:工房こもれび・長谷川善孝

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
掛川産「日本蜜蜂」のハチミツ150g×2本 ※冬は白く固まることがありますが品質に問題はありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

掛川で採種した蜂蜜「日本蜜蜂」ハチミツ150g×2本

提供:工房こもれび・長谷川善孝

<注意> 一歳未満の乳幼児には食べさせないでください。

写真

掛川の雑木林の中で採種した希少な日本蜜蜂のハチミツを150g×2本詰め合わせしました。

写真

希少価値が高く美味しい蜂蜜。

写真

日本蜜蜂(ニホンミツバチ)は、日本の在来種のミツバチで、一部地域を除いて日本中に生息しています。したがってこの掛川市にも生息しています。見た目はちょっと黒っぽく、気性は穏やかです。
野生のものなので、養蜂していても環境が気に入らなければ巣を捨てて出て行ってしまいます。それだけに飼育は難しいです。私は、静岡県掛川市南西郷(亀の甲)の、子供の頃から砦山と呼んでいた小高い丘陵の畑で飼育しています。(写真は梅の花の咲く頃です。)

写真
写真

大切に、時間をかけ、ゆっくりと。。

日本ミツバチが集める蜜の量は、西洋ミツバチの5分の1以下程度と言われています。日本ミツバチのはちみつが、一般市場に、ほとんど出回らず「幻のはちみつ」と言われる理由のひとつです。
国内で流通するはちみつのうち、約93%は外国産と言われます。残り7%の国産はちみつのうち、日本ミツバチのはちみつは1%未満だそうです。その希少さと、手間の多さもあり、日本ミツバチのはちみつには西洋ミツバチの国産・純粋はちみつの2倍〜5倍の高い値段がつけられています。

日本蜜蜂のハチミツについて

写真

西洋ミツバチは遠心分離機に掛ければ効率的に採蜜ができますが、日本ミツバチの場合そうはいきません。写真のような巣箱のなかに有機的に巣を作るので、壊さないように巣を取り出し、それを丁寧に手で砕いて、何度も濾過して蜜を集めなければなりません。とても手間のかかる作業です。採蜜時期は、基本年一回10月から11月です

写真

そうして集められた日本ミツバチのはちみつは、本当に美味しいです。日本ミツバチのはちみつは「レンゲ蜜」「アカシア蜜」のように特定の花を蜜源にしていません。野山の様々な花の蜜を、シーズン通して少しずつ集めて作られているので「百花蜜(ひゃっかみつ)」と呼ばれます。複雑で奥深い味わいです。私も家族も一度食べて虜になってしまいました。

写真

天然・純粋・非加熱・未精製なはちみつには、花粉や蜜蝋などたくさんの「不純物」が混ざっています。そして、放っておくとすぐに結晶化したり発酵したりします。白っぽく濁ったり表面が泡立ったり、ガスの発生によって蓋を緩めるとシュワッという音とともに圧力が抜けます。それも酵素が活きているからこそです。醗酵部分を好む人もいますが開封後はできるだけ早めにお召し上がりください。

提供:工房こもれび・長谷川善孝

まだまだ、あります!掛川で作られる「お肉」たち♪

旨い!渾身の一滴。掛川の酒♪

掛川と言えば「深蒸し掛川茶」飲んでみてっ♪

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる