イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

1268 掛川牛「和牛」ヒレ肉500g(250g×2枚) 人気商品の為、4~5ヶ月ほど発送にお時間を頂きます。 遠山畜産

※沢山の注文を頂いていますので順次発送となります。お届けに4~5ヶ月お待ちいただいております。 掛川牛「和牛」の最高級部位ヒレ250g×2枚のステーキカットをお届けいたします。 肉質の柔らかさと濃厚なうま味はとびぬけたものがあります。 贅沢なご褒美にピッタリな1品です。 提供:遠山畜産

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
「和牛」ヒレ肉 250g×2枚 ■原材料:牛肉 ■発送までの期間:120日~150日(4から5ヶ月)※人気商品の為 ■配送温度帯:冷凍 ■賞味期限など:60日 ■梱包対応:できる ■熨斗対応:できる ■製品加工場所:静岡県静岡市駿河区登呂2-14-12 ■製造者:村松精肉店 提供:遠山畜産  静岡県掛川市遊家1111

※沢山の注文を頂いていますので順次発送となります。お届けに4~5ヶ月お待ちいただいております。 掛川牛「和牛」の最高級部位ヒレ250g×2枚のステーキカットをお届けいたします。 肉質の柔らかさと濃厚なうま味はとびぬけたものがあります。 贅沢なご褒美にピッタリな1品です。 提供:遠山畜産

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
「和牛」ヒレ肉 250g×2枚 ■原材料:牛肉 ■発送までの期間:120日~150日(4から5ヶ月)※人気商品の為 ■配送温度帯:冷凍 ■賞味期限など:60日 ■梱包対応:できる ■熨斗対応:できる ■製品加工場所:静岡県静岡市駿河区登呂2-14-12 ■製造者:村松精肉店 提供:遠山畜産  静岡県掛川市遊家1111
このエントリーをはてなブックマークに追加

※商品ページは移動しました。下記をクリックしてください↓

写真

掛川牛「和牛」ヒレ肉250g×2枚(500g)

現在は1ヶ月から2ヶ月ほど時間がかかっています。
お急ぎの所恐れ入りますが、お待ちいただくようお願いします。

沢山の注文を頂いておりますので順番に発送となります。

提供 遠山畜産

※クール便で送るため離島への発送はできません。

写真
写真
写真
写真
写真

牛ヒレ肉の柔らかさを存分に味わうためにも、レアやミディアムレアといった焼き加減がおすすめです。

焼く直前に塩コショウを振る

下味をつける際に重要なのは、塩コショウを振るタイミング。必ず、焼く直前に塩コショウを振りましょう。

表面を焦がして肉汁を閉じ込める

レア:まずは高温で「表面」を焦がします。お肉の両面を焦がし固めることで、肉汁が流れ出るのをおさえます

お肉の中の温度を適温にする

表面が焼けたら火から下ろし、余熱を利用して内部に火を通すのです。

お肉のたんぱく質が収縮し、肉汁が出やすくなる温度は66℃といわれています。

お肉の内部を65℃以下に保ちつつ中まで火を通すためには、余熱を活用するのが最適です。

フライパンを使ったヒレ肉のおいしい焼き方

フライパンを使ってヒレ肉を焼くときの最初のポイントは、「フライパンの余熱」です。焼きはじめには煙が上がるほど高温に熱しておくことが理想です。
まずは、よく熱したフライパンで両面を1分前後焼き肉汁を閉じ込めます。
ある程度火が通ったら、火から下ろして休ませて仕上げます。

オーブンを使ったヒレ肉のおいしい焼き方

ヒレ肉は、オーブンに任せるとほぼ失敗なくジューシーに焼きあがります。オーブン調理は熱した空気でゆっくり加熱するため最適です。
家庭用の小さいオーブンで上手に焼くコツは、温度設定にあります。天板からの熱が強すぎて表面だけが焦げることがあるため、設定温度を120〜130℃の低温にすることがポイントです。
オーブンを130℃に設定し、予熱しておきます。この間に天板にヒレ肉を並べ、表面に刷毛でオリーブオイルを塗っておきましょう。こうすることで表面が乾燥することを防ぎ、よりしっとりと仕上がります。
オーブンに入れたあとは、焼き上がりまで待つだけです。表面全体が灰色になれば、ミディアムレアの焼き上がりサイン。肉を反転させ、さらに5分程焼いて取り出しましょう。
焼き色をつけるため、最後にフライパンで表面をパリッと焼くと香ばしさがアップします。

厚いヒレ肉のおいしい焼き方

厚いヒレ肉を焼く場合には、ヒレ肉の両面に焼き色をつけただけでは十分に肉汁を閉じ込められない可能性も考えられるため、側面にも焼き色をつけます。
トングを使ってヒレ肉を立て、フライパンに押し当てるようにして側面も焼いていきます。
よく焼き色をつけている間に肉汁や脂が流れ出てきた場合には、スプーンですくってヒレ肉に回しかけるようにしながら焼くのがおすすめです。(これを「アロゼ」といいます)。アロゼをすると、うまみを逃さないばかりでなく、表面の乾燥を防いでツヤ良く仕上げることができますよ。
余熱を通す際にも注意が必要です。余熱時間を長めにとることももちろんですが、中までよく火を通したい場合には、弱火で十分に加熱してから火を止めて休ませるようにしてください。
ヒレ肉の中の温度を適温にするために余熱を活用する際に便利なアイテムが、アルミホイルです。
火から下ろしたヒレ肉をアルミホイルで包むことで、サウナ効果が期待できます。

写真
写真
写真

提供:遠山畜産

まだまだ、あります!遠山畜産の掛川牛。

まだまだ、あります!掛川産のお肉たち♪

掛川で醸される「渾身の一滴」

掛川産のフルーツたち♪

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる