イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

1117 掛川銘菓「丁葛」二宮金次郎の葛湯18本(ギフト箱入・くず湯・くずゆ)桂花園(けいかえん)

初代120年の永きにわたり、代々受け継がれてきた製法、技法を守り続けている老舗の味です。熱湯を注ぐだけでお手軽に召し上がれる桂花園の「丁葛」を是非ご賞味ください。ギフトにも最適な商品です!提供:(有)桂花園 ※2020年2月16日(日)所さんのお届けモノです!で紹介されました。

11,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・くず湯、くず茶、葛汁粉、コラーゲン葛湯、各2本  ・アロエ葛湯、冬虫夏草葛湯、ウコン葛湯 各1本  ・金次郎(ゆず)・至誠(しょうが)・分度(お茶)・勤労(くずゆ)二宮尊徳(アロエ) 各1本 「金次郎シリーズくずゆ」計18本

初代120年の永きにわたり、代々受け継がれてきた製法、技法を守り続けている老舗の味です。熱湯を注ぐだけでお手軽に召し上がれる桂花園の「丁葛」を是非ご賞味ください。ギフトにも最適な商品です!提供:(有)桂花園 ※2020年2月16日(日)所さんのお届けモノです!で紹介されました。

11,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・くず湯、くず茶、葛汁粉、コラーゲン葛湯、各2本  ・アロエ葛湯、冬虫夏草葛湯、ウコン葛湯 各1本  ・金次郎(ゆず)・至誠(しょうが)・分度(お茶)・勤労(くずゆ)二宮尊徳(アロエ) 各1本 「金次郎シリーズくずゆ」計18本
このエントリーをはてなブックマークに追加

「掛川銘菓「丁葛」二宮金次郎の葛湯 18本入り」

提供 桂花園

写真
写真

掛川は葛の産地として根はカッコンとも言われ「くずゆ」に。
蔓は「葛布」に織られてきました。
葛の根は葛粉にして四角に固められ軒先に干され、この形から1個2個を豆腐のようになるため、
一丁二丁と数えられたのが桂花園「丁葛」(ちょうくず)の由来です。
和菓子の老舗「桂花園」では、明治より続く伝統の製法と技術を守り続け、
今もなお「手作業」で、一本一本丁寧に「葛湯」を作り続けています。

写真

■ 簡単な作りかた
 1.器とスプーンに熱湯を満たす。
   器に触れられないくらい!器を熱くする。
 2.充分に熱したら湯を捨て、器に1本分の丁葛の粉末を入れる。
 3.グラグラ沸いた熱湯を150cc前後、一気に注ぎ入れる。
 4.スプーンで手早く良くかき混ぜる。
   (ダマにならないように力強く)
 5.できたてをアツアツのうちにお召し上がりください。
   失敗したら電子レンジで1分ほど温め、スプーンでかき混ぜてください。

 ★作りたてをすぐにお召し上がりください。
  時間が経つと離水して本葛の風味が落ちてしまいます。

写真
写真
写真
写真
写真
写真

【店舗】
明治より続く伝統を守り続ける、和菓子の老舗「桂花園(けいかえん)」。
旧東海道沿いに店を構える、歴史ある和菓子の老舗。
お店を訪れると、夏も冬も変わらず、やさしいとろみの「葛湯」を振舞ってくれます。
明治より続く製法と技術を守り続け、伝統の銘菓「丁葛」を、一本一本丁寧に、手作業で作り続けています。

平成十年には、第二十三回全国菓子大博覧会において、内閣総理大臣賞を受賞されました。

初代120年の永きにわたり、代々受け継がれてきた製法、技法を守り続けている老舗の味です。熱湯を注ぐだけでお手軽に召し上がれる桂花園の「丁葛」を是非ご賞味ください。
容量:
・くず湯、くず茶、葛汁粉、コラーゲン葛湯 各2本
・アロエ葛湯、冬虫夏草葛湯、ウコン葛湯 各1本
・金次郎(ゆず)、至誠(しょうが)、分度(お茶)、勤労(くずゆ)、二宮尊徳(アロエ) 各1本(金次郎シリーズ)計18本

提供:(有)桂花園

まだまだあります!桂花園の「くず湯」♪

根は「くず湯」蔓は「葛布」掛川の文化「くず」

美味しい! 掛川スイーツ♪

掛川と言えば「深蒸し掛川茶」 飲んでみてっ♪

最後まで見てくれて、ありがとうございます!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる