イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

限3.【1日30セット限定】旬を味わう「栗きんとん」15個入(緑屋老舗)

創業明治5年の老舗が作る、風味豊かな栗きんとんです。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
栗金飩 【15個】

創業明治5年の老舗が作る、風味豊かな栗きんとんです。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
栗金飩 【15個】
このエントリーをはてなブックマークに追加

明治創業”緑屋老舗”の代名詞「栗きんとん」

写真

秋になると、木曽川に面した八百津の街は金色に輝きはじめます。
特産品である栗があちこちで実をつけるからです。緑屋老舗では50軒以上の地元の契約農家さんから毎日届く栗を使用して栗金飩を作っています。

昔ながらの製法で

写真

栗の季節の9月10月は一日に8千個ほど作るため、朝4時から一度に30kgの栗を蒸しはじめ、それを加工して炊いて絞っている間に、次を蒸し上げるというサイクルを9回転ほど行います。甘さがひかえめで、栗の粒が残るホクホクした食感にこだわっているため、短時間で炊き上げています。長時間炊き込めば日持ちはするのですが、ねっとりした甘さが出てしまい、当店の味ではなくなってしまうのです。この作り方は今も昔も変わらぬままの製法です。

水のまちだからこそ生まれる本当の美味しさ

写真

鮮度と共にこだわっているのは、水。

八百津には昔ながらの酒や酢、醤油の蔵元が多いのですが、それはここが“水のまち”だから。当店では、栗きんとんも和菓子の餡も、100mボーリングして汲み上げた地下水を使用しています。八百津の栗と水だからこそ作れる味をこれからも追求していきます。

効率よりも美味しさを重視した父子相伝の味わい 父子相伝の味わい

効率よりも美味しさを重視した父子相伝の味わい 父子相伝の味わい

おかげさまで、北海道から沖縄まで全国からご注文をいただき、神戸や東京からお買い求めに来られるお客様もいらっしゃいます。時に販売店舗を増やす話も舞い込みますが、緑屋老舗はあえてその挑戦を選びません。納得のゆく材料で手間と時間をかけて手づくりするのは、家族でまかなっていくサイズ感がちょうど良いと判断しているからです。効率よりも美味しさを重視した父子相伝の味わいを守っていきたいのです。

「栗金飩」と漢字で表記する理由は、まさにこのこだわりにあります。緑屋老舗だけに伝わるレシピで唯一無二の栗金飩を作る、その思いを漢字にこめているのです。こうして受け継がれた伝統の栗菓子を、ぜひ召し上がっていただきたいと思います。

写真
秋になると、木曽川に面した八百津の街は金色に輝きはじめます。
特産品である栗があちこちで実をつけるからです。緑屋老舗では50軒以上の地元の契約農家さんから毎日届く栗を使用して栗金飩を作っています。

栗の季節の9月10月は一日に8千個ほど作るため、朝4時から一度に30kgの栗を蒸しはじめ、それを加工して炊いて絞っている間に、次を蒸し上げるというサイクルを9回転ほど行います。甘さがひかえめで、栗の粒が残るホクホクした食感にこだわっているため、短時間で炊き上げています。長時間炊き込めば日持ちはするのですが、ねっとりした甘さが出てしまい、当店の味ではなくなってしまうのです。この作り方は今も昔も変わらぬままの製法です。

鮮度と共にこだわっているのは、水。

八百津には昔ながらの酒や酢、醤油の蔵元が多いのですが、それはここが“水のまち”だから。当店では、栗きんとんも和菓子の餡も、100mボーリングして汲み上げた地下水を使用しています。八百津の栗と水だからこそ作れる味をこれからも追求していきます。
効率よりも美味しさを重視した父子相伝の味わい 父子相伝の味わい 。
おかげさまで、北海道から沖縄まで全国からご注文をいただき、神戸や東京からお買い求めに来られるお客様もいらっしゃいます。時に販売店舗を増やす話も舞い込みますが、緑屋老舗はあえてその挑戦を選びません。納得のゆく材料で手間と時間をかけて手づくりするのは、家族でまかなっていくサイズ感がちょうど良いと判断しているからです。効率よりも美味しさを重視した父子相伝の味わいを守っていきたいのです。

「栗金飩」と漢字で表記する理由は、まさにこのこだわりにあります。緑屋老舗だけに伝わるレシピで唯一無二の栗金飩を作る、その思いを漢字にこめているのです。

こうして受け継がれた伝統の栗菓子を、ぜひ召し上がっていただきたいと思います。

八百津町自慢の栗きんとんを一挙ご紹介!

八百津町の人気返礼品はコチラ!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる