イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

2021年産飛騨コシヒカリ白米 10kg こしひかり 飛騨産 精米 令和3年産 お米 TR3641

☆体が喜ぶお米です~飛騨の米(まい)~ 飛騨の乗鞍岳の麓、澄んだ水と新鮮な空気、朝晩の寒暖差により、小粒ながら旨味のあるお米です。 ◎農薬節減 環境、健康に優しい米づくりを目指し、できる限り農薬を節減して栽培しています。(当地比慣行栽培の5割減) ①米作りは土づくり。 丈夫な稲が育つように、土をふかふかに起こし、根をしっかり張らせます。 ②のびのび育つ 稲と稲の間隔はできるだけ広く取り、風通しよく伸び伸びと育つ環境を作ります。 ③あぜ草は草刈り機で 小さな田んぼの田んぼが多いため、草刈りの必要なあぜの面積も広いのですが、すべて草刈り機で刈ります。 ④水も肥料も腹八分目 稲も人も一緒。食べ過ぎよりも肥料等をぎりぎりまでしぼった方が健康で旨味も増します。 どうしても収量は減りますが、旨味の濃いお米になります。 どうぞ、手間ひまかけた、旨味たっぷりの飛騨のお米をご賞味ください。 ◎白米のおいしい炊き方 ①お米に水を入れ、2~3回かき混ぜます。 ②一度だけ水を捨てます。 ③水を計量して入れます。(このとき白く濁りますが、ぬかではなく、溶けだしたデンプンです。) ④お米に水を吸収させます。  ・夏場30分から1時間  ・冬場で1~2時間 ⑤炊き上がったら、15分~20分ふたを開けずに蒸らします。 ⑥すばやく、お釜の底から上へ全体が混ざるようにかき混ぜます。 ◎涼しい場所で保存を お米は生ものです。精米後は、どんどん水分が抜け、味が変化していきます。 美味しさを保つためには、冷蔵庫での保存がベストです。またはなるべく涼しい場所で保管してください。

14,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
令和3年産 飛騨産コシヒカリ白米10kg

☆体が喜ぶお米です~飛騨の米(まい)~ 飛騨の乗鞍岳の麓、澄んだ水と新鮮な空気、朝晩の寒暖差により、小粒ながら旨味のあるお米です。 ◎農薬節減 環境、健康に優しい米づくりを目指し、できる限り農薬を節減して栽培しています。(当地比慣行栽培の5割減) ①米作りは土づくり。 丈夫な稲が育つように、土をふかふかに起こし、根をしっかり張らせます。 ②のびのび育つ 稲と稲の間隔はできるだけ広く取り、風通しよく伸び伸びと育つ環境を作ります。 ③あぜ草は草刈り機で 小さな田んぼの田んぼが多いため、草刈りの必要なあぜの面積も広いのですが、すべて草刈り機で刈ります。 ④水も肥料も腹八分目 稲も人も一緒。食べ過ぎよりも肥料等をぎりぎりまでしぼった方が健康で旨味も増します。 どうしても収量は減りますが、旨味の濃いお米になります。 どうぞ、手間ひまかけた、旨味たっぷりの飛騨のお米をご賞味ください。 ◎白米のおいしい炊き方 ①お米に水を入れ、2~3回かき混ぜます。 ②一度だけ水を捨てます。 ③水を計量して入れます。(このとき白く濁りますが、ぬかではなく、溶けだしたデンプンです。) ④お米に水を吸収させます。  ・夏場30分から1時間  ・冬場で1~2時間 ⑤炊き上がったら、15分~20分ふたを開けずに蒸らします。 ⑥すばやく、お釜の底から上へ全体が混ざるようにかき混ぜます。 ◎涼しい場所で保存を お米は生ものです。精米後は、どんどん水分が抜け、味が変化していきます。 美味しさを保つためには、冷蔵庫での保存がベストです。またはなるべく涼しい場所で保管してください。

14,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
令和3年産 飛騨産コシヒカリ白米10kg
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる