イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

BBQやキャンプに骨付き肉【PORK STEAK】国産豚肉富士山の麓で育てた富士ヶ嶺ポーク/3本で800g

(有)丸一高村本店は、原料の豚肉にこだわり自分たちで育てることから営む養豚場直営の肉屋です。 山梨県の富士山の麓で育てた豚肉は富士山の伏流水と大豆・もろこし等の穀物で育てているため脂肪分は厚く白くて甘い脂身が特徴。  お肉に添加剤は使っていない為、骨抜き後風味や美味しさを損なわせないよう急速冷凍しています。 骨付き豚ロース(トマホーク)1本200g前後のものを3本800gでお届けいたします。 富士ヶ嶺ポークは、山梨県肉畜鶏卵共進会 優等賞受賞。 その豚を使った山中湖ハムの加工品も、ドイツの2大コンテストSUFFAとDLGで金賞・銀賞・銅賞受賞。 SUFFAではトロフィー受賞しました。 キャンプやBBQ・焼き肉などのメインにいかがでしょうか? ※写真は調理イメージです。実際の返礼品には野菜などは付いていません。 ***こだわり*** 養豚場直送の新鮮な豚肉を使い、肉屋としても創業60余年、山梨で育てた「富士ヶ嶺ポーク」をお届けいたします。 ***お召し上がり方*** (1)冷蔵庫で芯まで解凍しておきます。 (2)【ここがポイント】食べる30分前には冷蔵庫から出して置き常温にしておきます。 (3)旨味の流出を避けるため。塩・胡椒は焼く直前で!!! (4)フライパンを温めておき(油はひかない)肉を入れる前には弱火にしておく (5)肉を入れる際は、脂部位から(しばらく骨をもって脂面をこんがり焼いてフライパンに溶かしてください。) (6)そのままステーキを焼くように弱火で両面焼いたら出来上がり、アルミホイルに包んで2~3分余熱で中まで温めて出来上がり。 *骨は食べられません。 保存方法:冷凍または冷蔵 解凍方法:冷蔵庫で一晩ゆっくり解凍してください。 ※写真はイメージです。骨は大小ありますが御了承ください。

3,000ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
富士ヶ嶺ポーク 骨付き豚ロース(トマホーク)1本200g前後のものを3本800g ※一本ずつ真空してお届けいたします。

(有)丸一高村本店は、原料の豚肉にこだわり自分たちで育てることから営む養豚場直営の肉屋です。 山梨県の富士山の麓で育てた豚肉は富士山の伏流水と大豆・もろこし等の穀物で育てているため脂肪分は厚く白くて甘い脂身が特徴。  お肉に添加剤は使っていない為、骨抜き後風味や美味しさを損なわせないよう急速冷凍しています。 骨付き豚ロース(トマホーク)1本200g前後のものを3本800gでお届けいたします。 富士ヶ嶺ポークは、山梨県肉畜鶏卵共進会 優等賞受賞。 その豚を使った山中湖ハムの加工品も、ドイツの2大コンテストSUFFAとDLGで金賞・銀賞・銅賞受賞。 SUFFAではトロフィー受賞しました。 キャンプやBBQ・焼き肉などのメインにいかがでしょうか? ※写真は調理イメージです。実際の返礼品には野菜などは付いていません。 ***こだわり*** 養豚場直送の新鮮な豚肉を使い、肉屋としても創業60余年、山梨で育てた「富士ヶ嶺ポーク」をお届けいたします。 ***お召し上がり方*** (1)冷蔵庫で芯まで解凍しておきます。 (2)【ここがポイント】食べる30分前には冷蔵庫から出して置き常温にしておきます。 (3)旨味の流出を避けるため。塩・胡椒は焼く直前で!!! (4)フライパンを温めておき(油はひかない)肉を入れる前には弱火にしておく (5)肉を入れる際は、脂部位から(しばらく骨をもって脂面をこんがり焼いてフライパンに溶かしてください。) (6)そのままステーキを焼くように弱火で両面焼いたら出来上がり、アルミホイルに包んで2~3分余熱で中まで温めて出来上がり。 *骨は食べられません。 保存方法:冷凍または冷蔵 解凍方法:冷蔵庫で一晩ゆっくり解凍してください。 ※写真はイメージです。骨は大小ありますが御了承ください。

3,000ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
富士ヶ嶺ポーク 骨付き豚ロース(トマホーク)1本200g前後のものを3本800g ※一本ずつ真空してお届けいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

確かな品質を食卓へ

写真

自社ブランド「山中湖ハム」を展開する有限会社丸一高村本店は加工品だけでなくその原料のお肉も高品質。
加工品にこだわっているお店は当然お肉にもこだわっているんです!!

秘訣その① こだわりの「自社飼育」

写真

写真
温度管理が行き届いた標高約1,000mの富士ヶ嶺高原の養豚場でストレスなく育てています。涼しい環境であるため余計な水分を摂らずよく締まった肉質を自分たちの手で実現しています。
また、高原の静かな環境は大きな音がストレスとなる豚にとってはぴったりの環境です。

写真
こだわりの水と餌。
地下300mから汲み上げられる富士山の伏流水を飲んで育つファームの豚は毛つやがよく、風邪もひきにくい健康な豚です。丈夫であるため抗生物質の入っていないオリジナルの配合飼料で育てています。

秘訣その② こだわりの「自社加工」

写真

写真
除骨や整形といった、と畜処理場に依頼することもできる作業をあえて自社で行います。
"新鮮なお肉を届けたい"という思いから冷凍保管も行いません。

写真
創業者が丸一に込めた「みんなで一丸となって頑張ろう」の思いを胸に一つ一つ心を込めて丁寧にお作りしています。
この機会に富士山麓の恵みをたくさん受けたおいしい豚肉を堪能していただければと思います。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる