イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

マルスワイン ルージュ 1.8L×3本(赤ワイン/ミディアム)/ 本坊酒造 マルス穂坂ワイナリー / 山梨県 韮崎市

「マルスワインルージュ」は、国産ぶどう100%(韮崎産ぶどうを含む)のミディアムボディ赤ワイン。 山梨県で収穫されたマスカット・ベーリーA種、アリカント種を主体に醸造しました。 イチゴなどの赤い果実系のチャーミングな香りに、適度な酸味とコクを持つバランスの良い味わいで、食卓を華やかに彩ります。 ●マルス穂坂ワイナリーとは? 四季豊かな日本風土を活かしたワイン造りを求め、鹿児島に本社を持つ本坊酒造が、洋酒生産拠点として山梨県笛吹市石和町にマルス山梨ワイナリーを設立したのが1960年。 さらなる品質向上を目指し、2017年に山梨県韮崎市穂坂町に醸造拠点として【マルス穂坂ワイナリー】を開設しました。 世界に通じるワインを造るために、高品質醸造用葡萄の産地である韮崎市穂坂町で、新たなワイン造りに挑んでいます。 ●マルス穂坂ワイナリー 醸造棟の特徴 高低差のある傾斜を利用した「グラビティ・フロー」設計を取り入れました。 これにより葡萄や葡萄果汁に負荷が少ない繊細で優しいワイン造りが可能となりました。 半世紀におよぶマルスワインの歴史と、最新の醸造設備による技術が組み合わさった、葡萄のポテンシャルを限りなく引き出せる理想的な醸造棟です。 ●醸造責任者より これまで人生の半分以上この仕事に従事してきましたが、経験した仕込みはたったの20数シーズンしかありません。 ワイン造りは毎年が試行錯誤の繰り返しで答えがない難しい世界。 だからこそ一期一会の精神で、その時の葡萄に最適な醸造方法を見つけ出し、世界に一つだけ、マルスだけの美味しいワインを造り出していきたいです。 <本坊酒造株式会社 マルス穂坂ワイナリー>

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1,800ml×3本(計5,400ml) アルコール分:12% ※ぶどう由来の自然成分の一部が沈殿する場合がございますが、品質には全く問題ありません。 ●20歳未満の飲酒は、法律で禁じられています。 ●妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

「マルスワインルージュ」は、国産ぶどう100%(韮崎産ぶどうを含む)のミディアムボディ赤ワイン。 山梨県で収穫されたマスカット・ベーリーA種、アリカント種を主体に醸造しました。 イチゴなどの赤い果実系のチャーミングな香りに、適度な酸味とコクを持つバランスの良い味わいで、食卓を華やかに彩ります。 ●マルス穂坂ワイナリーとは? 四季豊かな日本風土を活かしたワイン造りを求め、鹿児島に本社を持つ本坊酒造が、洋酒生産拠点として山梨県笛吹市石和町にマルス山梨ワイナリーを設立したのが1960年。 さらなる品質向上を目指し、2017年に山梨県韮崎市穂坂町に醸造拠点として【マルス穂坂ワイナリー】を開設しました。 世界に通じるワインを造るために、高品質醸造用葡萄の産地である韮崎市穂坂町で、新たなワイン造りに挑んでいます。 ●マルス穂坂ワイナリー 醸造棟の特徴 高低差のある傾斜を利用した「グラビティ・フロー」設計を取り入れました。 これにより葡萄や葡萄果汁に負荷が少ない繊細で優しいワイン造りが可能となりました。 半世紀におよぶマルスワインの歴史と、最新の醸造設備による技術が組み合わさった、葡萄のポテンシャルを限りなく引き出せる理想的な醸造棟です。 ●醸造責任者より これまで人生の半分以上この仕事に従事してきましたが、経験した仕込みはたったの20数シーズンしかありません。 ワイン造りは毎年が試行錯誤の繰り返しで答えがない難しい世界。 だからこそ一期一会の精神で、その時の葡萄に最適な醸造方法を見つけ出し、世界に一つだけ、マルスだけの美味しいワインを造り出していきたいです。 <本坊酒造株式会社 マルス穂坂ワイナリー>

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1,800ml×3本(計5,400ml) アルコール分:12% ※ぶどう由来の自然成分の一部が沈殿する場合がございますが、品質には全く問題ありません。 ●20歳未満の飲酒は、法律で禁じられています。 ●妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

●マルス穂坂ワイナリーとは?

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が、四季豊かな日本風土を活かしたワイン造りを求め、洋酒生産拠点として山梨県笛吹市石和町にマルス山梨ワイナリーを設立したのが1960年。
さらなる品質向上を目指し、2017年に山梨県韮崎市穂坂町に醸造拠点として【マルス穂坂ワイナリー】を開設しました。
世界に通じるワインを造るために、高品質醸造用葡萄の産地である韮崎市穂坂町で、新たなワイン造りに挑んでいます。

●マルス穂坂ワイナリー 醸造棟の特徴

高低差のある傾斜を利用した「グラビティ・フロー」設計を取り入れました。
これにより葡萄や葡萄果汁に負荷が少ない繊細で優しいワイン造りが可能となりました。
半世紀におよぶマルスワインの歴史と、最新の醸造設備による技術が組み合わさった、葡萄のポテンシャルを限りなく引き出せる理想的な醸造棟です。

●醸造責任者より

これまで人生の半分以上この仕事に従事してきましたが、経験した仕込みはたったの20数シーズンしかありません。
ワイン造りは毎年が試行錯誤の繰り返しで答えがない難しい世界。
だからこそ一期一会の精神で、その時の葡萄に最適な醸造方法を見つけ出し、世界に一つだけ、マルスだけの美味しいワインを造り出していきたいです。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる