イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【甲州羽毛ふとん】高反発洗えるエアー敷きふとん(シングル)

三次元スプリング構造体入り敷き布団「エアー敷き布団」

70,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
■内 容:高反発洗えるエアー敷きふとん(シングル)×1枚 ■サイズ:幅約100×長さ約198×厚さ約4㎝ ■ふとんがわ:ポリエステル100% ■中芯:ポリエチレン100%(C-CORE3D)  ■製品重量:約5.6㎏

三次元スプリング構造体入り敷き布団「エアー敷き布団」

70,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
■内 容:高反発洗えるエアー敷きふとん(シングル)×1枚 ■サイズ:幅約100×長さ約198×厚さ約4㎝ ■ふとんがわ:ポリエステル100% ■中芯:ポリエチレン100%(C-CORE3D)  ■製品重量:約5.6㎏
このエントリーをはてなブックマークに追加

お選びいただいた皆様の声はこちらから!

寄附者様からのお礼品の感想についてはこちらから

三次元スプリング構造体入り敷きふとん「エアー敷き布団」

写真

身体全体をふわっと下から支えてくれ、まるで空気の上で眠っている様な敷きふとん

写真

◇◆4つの特徴◆◇

~特徴1~
すぐれた体圧分散で、肩・腰に優しく寝心地が良い。
独自の三次元スプリング構造体により、あらゆる方向から身体をしっかり支え、身体の一部に体圧が集中しません。
仰向けでも横向きでも、腰が沈み込むことがなく、まるで浮いているような優しい寝心地を実現します。

~特徴2~
適度な反発力で寝返りが楽で、ぐっすりお休みいただけます。
空気を編んだような中芯材は適度な反発力を保ち、睡眠時の寝返りを少ない力で行うことができます。高反発マットレスと呼び、身体の動きに合わせてしなやかに押し返してくれるので、寝返りで目が覚めることもなく、朝までぐっすりお休みいただけます。

~特徴3~
通気性が抜群で、夏は涼しく冬は暖かく快適。
中芯材は90%以上が空気でできているため、通気性が抜群で夏は蒸れずに涼しく、冬は空気の層が暖かさを保つことができます。寝苦しい夏の夜や、寒い冬の夜でも快適に眠ることができる寝具です。

~特徴4~
カバーも中芯材も簡単に洗えて、いつでも清潔
もし汚してしまっても、ハニカムメッシュのカバーは取り外しがとても簡単で、洗濯機で丸洗いも可能です。
中芯材も水洗いできるためいつでも清潔に保てます。カビやダニの心配もいりません。

写真

1枚で敷き布団としてご使用できます。
お手持ちの敷き布団やベットマットレスの上に重ねて、オーバーレイマットレスとしてもお使いいただけます。
がわ生地は職人が縫製し、中芯材も国内で製造されています。

■注意事項/その他
*中芯材は洗濯機には入りません。シャワーなどで洗い流してください。

提供元:有限会社タキ・リビング

大地の恵み 手づくりのあたたかさ

写真

―――世界遺産「富士山」の麓から―――
富士山の北麓地域は、約1000年前から織物が織られていた、まさに織物のふるさと。
その織物産地から発展し、現在は有数の羽毛ふとん生産地となっています。積み重ねてきた開発の技術を活かした、本物の商品を全国へお届けしています。

ふとんの厚み・選び方

写真

寒がりな方・寒冷地にお住まいの方・厚めの掛けふとんがお好みの方。
秋冬用としていますが、気温が下がる初秋や春先から活躍してくれます。
とにかく寒がりで、真冬に安心してご利用できるタイプをお探しの方におすすめです。

写真

軽いふとんがお好みの方。
気密性の良い住宅(集合マンションなど)は冬でも十分の厚みです。
真冬に薄く感じるかたは薄手のケットなどを重ねてお使いください。

本掛けと肌掛けの中間に位置する羽毛ふとん。
秋からから冬にかけて、また冬から春にかけてご使用頂ける、使い勝手の良いお布団です。
季節の変わり目に一枚あるととっても便利です。

写真

ちょうど良い厚みで一年を通して使えます。
保温性と通気性を兼ね備えた肌掛けふとんは四季のある日本にはまさにピッタリの掛け寝具です。
ダウンケットとも呼ばれています。
季節やお好みに応じてほかの掛け寝具と重ねてお使いください。

写真

合い掛けふとんと肌掛けふとんの2枚組みになります。季節に合わせて組み合わせ自在。
春・秋は 合い掛けふとん1枚で 、夏は肌掛けふとん1枚で、冬は2枚合わせてお使いください。
オールシーズンふとんとも呼ばれています。

写真
写真
写真
写真

富士吉田市は、富士山の北側、富士五湖地域の中東部に位置し、標高700~900メートルに市街地を形成する高原都市です。古くから富士山信仰の町として栄え、現在でも多くの登山者が富士山頂を目指し吉田口登山道を利用しています。また、明治以降、織物が近代産業として脚光を浴びて以来、富士山の湧き水による先染め織物は本市を代表する特産品です。
富士山の雄大な自然環境は、市民にかぎりない恩恵を与えてくれています。富士吉田市では、富士山の恵み守り、後世に残していくため、ふるさと振興事業などさまざまな街づくりに取り組んでいます。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる