イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

軒端富士18個入【富士夢和菓子】

昭和初期創業、山梨県富士吉田市にて地元に愛される和菓子屋「東京屋製菓」。 四季の和菓子をはじめ、富士山ゆかりの和菓子を多数取り扱っております。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
軒端富士(どら焼き)×18個(約80g/個)

昭和初期創業、山梨県富士吉田市にて地元に愛される和菓子屋「東京屋製菓」。 四季の和菓子をはじめ、富士山ゆかりの和菓子を多数取り扱っております。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
軒端富士(どら焼き)×18個(約80g/個)
このエントリーをはてなブックマークに追加

【富士夢和菓子】軒端富士(どら焼き)18個セット

軒端富士(どら焼き)18個セット【富士夢和菓子】

写真

富士山麓の水とこだわり素材で造る至極の逸品。

「軒端富士(どら焼き)」…「富士吉田ブランド」認定商品。店舗でも大人気のどら焼きです。
原料には富士吉田市の地玉子「ふじ」や富士の伏流水で炊いた栗入り粒餡を使用しております。
富士吉田市出身の俳人加々美鏡水さんの富士吉田の原風景を読んだ一句が「軒端富士」の名前の由来です。
生活の中に富士山がある富士吉田市の原風景を表すために皮の真ん中には富士吉田からみた富士山の焼き印を押しています。

写真

美味しさのこだわり

○こだわりの餡
当店の餡はなめらかですっきりとした味が特徴です。
富士山麓の豊かな水とこだわりの北海道産小豆で炊き上げる餡は、長年の経験のもと、店主自らの手で仕上げております。
つぶし餡…北海道十勝産大粒小豆使用
こし餡 …北海道十勝産しゅまり種使用

○こだわりのどら生地
当店のどら生地は、素材本来の味が感じられるしっとりとした甘みが特徴です。
昔ながらの製法にこだわり、熟練の職人が1枚ずつ手焼きしております。

○こだわりの材料
また、基本となる原料にもこだわり、薄力粉には菓子用小麦粉の最高峰「特宝笠」を使用。卵は産地直送。
富士の水とこだわり飼料で育ったブランド地玉子「北富士の卵 ふじ」を使用しております。

優しい味わいを是非お楽しみください。

おもてなしに最適なお茶菓子

贈り物に最適な化粧箱での包装です。
個別包装のため、お茶菓子や富士吉田市のお土産としても最適です。

東京屋製菓~当店のこだわり~

~餡~

~餡~

東京屋製菓では種類によって素材にこだわっています。
漉し餡は北海道十勝産しゅまり種を使用しています。
つぶし餡は北海道十勝大粒小豆使用。
練り切りの餡は薯蕷練り切り使用。
芋餡は生芋を蒸かし裏漉しをし作成します。
南瓜餡は生南瓜を蒸かし裏漉しをし作成します。

~お米~

~お米~

団子については武藤商会のミルキークイーン
(全国食味鑑定日本一)を使用しています。
薯蕷粉は日の本の薯蕷粉を使用しています。
上新粉は新潟県産最上級上新粉「椿」(「新潟県産
こしひかり」を配合。特有の「コシ」と「粘り」が良好な食感
かつ旨味のある生地に仕上がる高級上新粉)を使用。

~もち米~

~もち米~

お餅は新潟県産黄金餅(コシ・のび・なめらかな舌
ざわり。厳しい自然が作り上げた素朴で味わいの
ある一品)を使用しています。
赤飯は山形県産ひめの餅(山形県のおいしいもち米の
代表品種。食感、風味共に良好な、こだわりの一品。)
を使用しています。

~小麦粉~

~小麦粉~

焼き物には増田製粉特宝笠使用しています。
蒸し物には日本製粉ダイヤ使用しています。
葛は京都随一の極上葛粉を使用しています。
その他日本全国から吟味した材料で、素材に
こだわったお菓子を作ることを心がけています。

写真
写真

~職人のこだわりと最新設備の融合~
東京屋製菓では、小さい子供からお年寄りまでが喜ぶ安全かつ安価な和菓子を作り、お客様に最高の「美味しさ」をお届けすることを目指して日々お菓子作りに励んでいます。
昭和初期の創業当初からの「味」を守りつつ、大量生産にも耐えうる最新設備も導入しております。
しかし、商品の「味」「品質」を第一優先と考え、味が少しでも落ちると判断した機械は採用せず、昔ながらの製法や旧式の機械を使うというように決して妥協しないお菓子づくりを行っております。
当店のお菓子にはそんな店主のこだわり・想いが込められておりますのでぜひ一度当店の和菓子をお召し上がりください。

提供元:有限会社東京屋製菓

写真
写真
写真

富士吉田市は、富士山の北側、富士五湖地域の中東部に位置し、標高700~900メートルに市街地を形成する高原都市です。古くから富士山信仰の町として栄え、現在でも多くの登山者が富士山頂を目指し吉田口登山道を利用しています。また、明治以降、織物が近代産業として脚光を浴びて以来、富士山の湧き水による先染め織物は本市を代表する特産品です。
富士山の雄大な自然環境は、市民にかぎりない恩恵を与えてくれています。富士吉田市では、富士山の恵み守り、後世に残していくため、ふるさと振興事業などさまざまな街づくりに取り組んでいます。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる