イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

丸甲醸造 田舎味噌 3㎏詰

創業以来守り続けられた製法により醸した「富士吉田の味、丸甲醸造の田舎味噌」をどうぞご家庭でご賞味下さい。

5,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1Kg×3パック

創業以来守り続けられた製法により醸した「富士吉田の味、丸甲醸造の田舎味噌」をどうぞご家庭でご賞味下さい。

5,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1Kg×3パック
このエントリーをはてなブックマークに追加

昔ながらのいわゆる「地味噌」を製造しているのが丸甲醸造です。

写真

創業した昭和16年当時はここ富士北麓地域でも質の良い大豆が収穫され、その大豆と富士の名水で丸甲醸造の天然醸造味噌の味は出来上がりました。
製造工程は今も創業時と変わらず、一晩水に浸けた大豆を一日かけてゆっくりと蒸かします。これに米麹と塩を混ぜて樽で一年寝かせます。味を左右する米麹は温度調整の難しい夏以外、ほぼ1週間ごとに造ります。約48時間の醗酵中は昼夜を問わず温度管理で気が抜けません。
こうした手間ひまをかけて、香り高く、大きめの粒が残る、丸甲醸造の田舎味噌は完成するのです。
保存料や添加物を一切使用しないため、気温や使用する味噌樽の違いでも味に微妙な差が生じ、これが地味噌の扱いにくさであり、魅力、そして味噌が元気に生きている証なのです。
創業以来守り続けられた製法により醸した「富士吉田の味、丸甲醸造の田舎味噌」をどうぞご家庭でご賞味下さい。
※地域柄富士吉田のソウルフード「吉田のうどん」の汁にも使われます。


注意事項/その他
消費期限:出荷より半年

提供元:株式会社セルバ

写真
写真
写真
写真

富士吉田市は、富士山の北側、富士五湖地域の中東部に位置し、標高700~900メートルに市街地を形成する高原都市です。
古くから富士山信仰の町として栄え、現在でも多くの登山者が富士山頂を目指し吉田口登山道を利用しています。
また、明治以降、織物が近代産業として脚光を浴びて以来、富士山の湧き水による先染め織物は本市を代表する特産品です。
富士山の雄大な自然環境は、市民にかぎりない恩恵を与えてくれています。
富士吉田市では、富士山の恵み守り、後世に残していくため、ふるさと振興事業などさまざまな街づくりに取り組んでいます。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる