イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【ふじやま織】袱紗(バラ柄)

富士山の北麓に位置する富士吉田市は昔からの織物産地。一説には紀元前中国から伝来して以来機織りが続いているとも言われています。ふじやま織の最大の特徴は糸染め(先染め)・細番手・高密度。 糸染めに使われているのは富士山の湧き水!かつて富士山に降った雨や雪が30~100年の歳月を経て富士山の溶岩から沁み出している、純度の高い水です。 先染めでかつ細番手・高密度の製織は大変難しく、熟練の職人がゆっくりの回転で丹念に織り上げております。 ふじやま織は国賓へのお土産にも使用されています。そんなふじやま織で袱紗を作りました。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ふじやま織袱紗(バラ柄)×1 サイズ:20cm×12cm×1.5cm

富士山の北麓に位置する富士吉田市は昔からの織物産地。一説には紀元前中国から伝来して以来機織りが続いているとも言われています。ふじやま織の最大の特徴は糸染め(先染め)・細番手・高密度。 糸染めに使われているのは富士山の湧き水!かつて富士山に降った雨や雪が30~100年の歳月を経て富士山の溶岩から沁み出している、純度の高い水です。 先染めでかつ細番手・高密度の製織は大変難しく、熟練の職人がゆっくりの回転で丹念に織り上げております。 ふじやま織は国賓へのお土産にも使用されています。そんなふじやま織で袱紗を作りました。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ふじやま織袱紗(バラ柄)×1 サイズ:20cm×12cm×1.5cm
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

富士山の北麓に位置する富士吉田市は昔からの織物産地。一説には紀元前中国から伝来して以来機織りが続いているとも言われています。ふじやま織の最大の特徴は糸染め(先染め)・細番手・高密度。
糸染めに使われているのは富士山の湧き水!かつて富士山に降った雨や雪が30~100年の歳月を経て富士山の溶岩から沁み出している、純度の高い水です。
先染めでかつ細番手・高密度の製織は大変難しく、熟練の職人がゆっくりの回転で丹念に織り上げております。
ふじやま織は国賓へのお土産にも使用されています。そんなふじやま織で袱紗を作りました。

写真

■生産者の声
軽くて高級感のあるふじやま織の袱紗。

■内容量・サイズ/製造地
ふじやま織袱紗(バラ柄)×1
(サイズ:20cm×12cm×1.5cm)
製造地:山梨県富士吉田市

■原材料
ポリエステル55%アセテート45%

■注意事項/その他
※画像はイメージです。

写真
写真

富士吉田市は、富士山の北側、富士五湖地域の中東部に位置し、標高700~900メートルに市街地を形成する高原都市です。古くから富士山信仰の町として栄え、現在でも多くの登山者が富士山頂を目指し吉田口登山道を利用しています。また、明治以降、織物が近代産業として脚光を浴びて以来、富士山の湧き水による先染め織物は本市を代表する特産品です。
富士山の雄大な自然環境は、市民にかぎりない恩恵を与えてくれています。富士吉田市では、富士山の恵み守り、後世に残していくため、ふるさと振興事業などさまざまな街づくりに取り組んでいます。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる