イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

お手軽 吉田のうどんカップ麺12個セット

富士吉田市の郷土料理「吉田のうどん」をお手軽にお召し上がりいただけます

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
吉田のうどんカップ麺101ml×12個

富士吉田市の郷土料理「吉田のうどん」をお手軽にお召し上がりいただけます

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
吉田のうどんカップ麺101ml×12個
このエントリーをはてなブックマークに追加

富士吉田市出身!武藤敬司氏がPRする吉田のうどん動画!!

富士吉田市の郷土料理「吉田のうどん」をお手軽にお召し上がりいただけます。

吉田のうどん(よしだのうどん)は山梨県富士吉田市及び同市を含む山梨県郡内地方で食べられている郷土料理です。 2007年農林水産省の「農山漁村の郷土料理百選」に選ばれました。 この吉田うどんのカップ麺を12個セットでお届けします。

提供元 : ふじよしだ観光振興サービス

富士吉田市の風土・文化によって育まれた郷土料理 吉田のうどん

写真

風土

富士吉田市は、富士山麓の標高約650mから850mに市街地を有する高原都市です。年間平均気温は11℃という環境に加え、富士山噴火による溶岩流や火山灰という土壌のため、土地は非常にやせており稲作には不適な地域でした。そのため畑作が中心で大麦・小麦・粟(あわ)・稗(ひえ)・とうもろこしなど雑穀類の栽培を行い、それを粉にして水をこね、汁の中に野菜と一緒に煮込んで食べる、「すいとん」を主食としていました。この粉食中心の食生活がうどん文化の基盤となっていると考えられます。

文 化

昭和初期、富士吉田の主産業である織物が好景気で隆盛を極め、当時、下吉田地区の世帯の半数以上が繊維業を営んでいたといわれています。その家庭では、織物の機械を動かす女性が昼食の準備で作業が止まらないように、また、織物を扱う女性の手が荒れないように、男性が代わりに昼食にうどんをつくるようになったといわれています。腹持ちの良いうどんを作るため力まかせにうどんを練るため、歯ごたえのあるコシのあるうどんが主流になったそうです。この食文化のなかで東京や大阪などから織物を買付にくる問屋さんなどにお昼にうどんを提供し始めるようになると、たちまち人気となり繊維業の傍ら、うどんで商売を始める人たちが徐々に現れていきました。これが「吉田のうどん」の始まりです。 一方、富士山信仰の拠点であった上吉田地域では富士山を訪れる富士講の信者に登山前に麺と、その麺を茹でた汁でつくる「湯盛りうどん」を振る舞っていました。これは透明な汁に浮かぶ白いうどんを食べ体の中も清めるためだったそうです。このような湯盛うどんも富士吉田のうどん食文化の一つといえます。

写真

原材料:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、乾燥酵母、植物性たん白、卵白)、添付調味料(みそ、醤油、食塩、発酵調味料、魚介エキス、でん粉、植物油、しいたけエキス、こんぶエキス、香辛料)、かやく(キャベツ、味付豚肉、オニオン揚玉、にんじん、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、カラメル色素、リン酸塩(Na)、炭酸カルシウム、香料、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(グァーガム)、カロチン色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、さばを含む)
商品サイズ(高さx奥行x幅):130mmx328mmx435mm

写真
写真

富士吉田市は、富士山の北側、富士五湖地域の中東部に位置し、標高700~900メートルに市街地を形成する高原都市です。古くから富士山信仰の町として栄え、現在でも多くの登山者が富士山頂を目指し吉田口登山道を利用しています。また、明治以降、織物が近代産業として脚光を浴びて以来、富士山の湧き水による先染め織物は本市を代表する特産品です。
富士山の雄大な自然環境は、市民にかぎりない恩恵を与えてくれています。富士吉田市では、富士山の恵み守り、後世に残していくため、ふるさと振興事業などさまざまな街づくりに取り組んでいます。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる