イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

[K-5901] 三国の旬の海の幸 & 源泉かけ流しヒノキ風呂付き ペア宿泊プラン

ふるさと納税のエキスパート!くみくみのブログでおススメされています! 光の魔術師の異名を持つ福井を代表する建築デザイナー大塚孝博が監修した海沿いの大人の隠れ家。 モダンな空間が癒しを与えます。 提供:みくに隠居処

120,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
料理:前菜3品、茶碗蒸し、名物わかめそば、お造り盛合わせ(並)、越前海老のしゃぶしゃぶ、牛肉の朴葉焼き(梵の酒粕漬け)、のどぐろの塩焼き、特A福井県産コシヒカリ御飯 、甘海老の味噌汁、三国産天然わかめの佃煮、デザート  ※料理は季節によって異なります。 部屋:シモンズ社最高級ベッド、洗面台、フリーWI-FI完備 風呂:三国温泉源泉かけ流しヒノキ風呂(貸切混浴で利用可能)、最高級ソープ ルモンドール完備 ※感謝券には旅費等は含まれておりません。 ※ご予約は各自お願いします。感謝券の発行のみでは予約完了になりません。宿泊内容の詳細は「みくに隠居処」にお問い合わせください。 [TEL] 0776-82-8558

ふるさと納税のエキスパート!くみくみのブログでおススメされています! 光の魔術師の異名を持つ福井を代表する建築デザイナー大塚孝博が監修した海沿いの大人の隠れ家。 モダンな空間が癒しを与えます。 提供:みくに隠居処

120,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
料理:前菜3品、茶碗蒸し、名物わかめそば、お造り盛合わせ(並)、越前海老のしゃぶしゃぶ、牛肉の朴葉焼き(梵の酒粕漬け)、のどぐろの塩焼き、特A福井県産コシヒカリ御飯 、甘海老の味噌汁、三国産天然わかめの佃煮、デザート  ※料理は季節によって異なります。 部屋:シモンズ社最高級ベッド、洗面台、フリーWI-FI完備 風呂:三国温泉源泉かけ流しヒノキ風呂(貸切混浴で利用可能)、最高級ソープ ルモンドール完備 ※感謝券には旅費等は含まれておりません。 ※ご予約は各自お願いします。感謝券の発行のみでは予約完了になりません。宿泊内容の詳細は「みくに隠居処」にお問い合わせください。 [TEL] 0776-82-8558
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

ふるさと納税のエキスパート!くみくみのブログでおススメの返礼品として紹介されています!
詳細は上記のバナーよりブログをご覧ください!

福井を代表するデザイナーが手掛けた海沿いの隠れ家

【隠居処の由来と歴史】
かつて村役場をしていた隠居処の初代創設者伊藤五右エ門が、現役を引退後、屋敷を人々に開放したことが契機となって誕生した「みくに隠居処」。
建物は、全国を往来する北前船の船員や地元の漁師、ご隠居様が「集い・語らい・楽しむ空間」として地域の人々に愛されておりました。
名称の由来は、福井藩16代藩主松平春嶽公の教育係で参謀を務めた中根雪江の三国の隠宅「煙波楼(えんぱろう)」を譲り受けたことが契機となり、隠宅を譲り受けた五右エ門の屋敷で「三国の隠居処」と呼ばれるようになったと語り継がれております。

なお、当時の記録を残した「五右エ門の日記」には、安政の大獄で失脚し隠居を命ぜられた松平春嶽の後継者として新潟の糸魚川藩から招かれた、初代福井藩知事の松平茂昭公の初の越前の国入りを村の代表として対応し、1840年4月21日に、お殿様やその付き人に舟盛料理を「おもてなし膳」として振る舞ったとされる記録が残ってております。

また、三国ではこれ以降、お祝いやおもてなしの際には舟盛りを出して祝福するという食文化が誕生したと言われており、日本でも舟盛りに関する最古級の記録として今も地域で大切にされている歴史であります。

【お料理の内容】
・お通し  一品料理
・先付   高野豆腐キャビア添え など
・お凌ぎ  名物わかめそば
・お造り  甘海老、本マグロ、サーモン、ヒラスズキなど
・焼物   のどぐろの塩焼き
・揚物   越前海老の唐揚げ
・〆物   福井県産コシヒカリの御飯
・汁物   甘海老の味噌汁
・漬物   三国産天然わかめの佃煮
・水菓子  梅ゼリー
※料理の内容は季節によって一部変わる場合がございます。

【お風呂】
三国温泉源泉かけ流しのヒノキ風呂を貸切混浴でご利用いただくことが出来ます。目の前の砂浜から掘り当てた温泉で豊富なミネラルを含んだ泉質で、体への負担が少なく、お肌がスベスベになります。

【お部屋】
全室洋室で館内禁煙。世界最高級のベッドとしても名高いシモンズ社の最高級ベッドを使用。室内には洗面台、42型テレビ、フリーWi-Fi、アメニティ各種を完備しております。

注意事項等
1日3組限定の宿泊施設の為、ご希望の日にちに宿泊出来ない場合がございますので予めご了承くださいませ。
なお、大型連休や夏休みシーズンなどは予約が困難なケースが多々ございますので予めご了承くださいませ。

ご予約は下記連絡先までご連絡をお願いいたします。

※ご予約は各自お願いします。感謝券の発行のみでは予約完了になりません。
 宿泊内容の詳細は「みくに隠居処」にお問い合わせください。
 [TEL] 0776-82-8558

坂井市専属住みます芸人パナマ海水浴場のスベり知らず返礼品紹介

「釣り人の聖地」三国の楽しみ方、教えます。

写真
こんにちは!坂井市住みます芸人パナマ海水浴場阿部です。
今日も元気に返礼品取材行ってきました!

取材先は坂井市三国町にございます、「みくに隠居処」。

こちらは三国の歴史・宿泊・お料理・体験、もう全部を一気に堪能できる場所なんです!
坂井市の中でも特に観光名所が沢山ある三国をとことん楽しめます!

僕もふるさと納税の取材を毎週していますが、「まだこんなすごいとこがあったんか!」と圧倒されました。
では、どうぞ!!!

写真
お話を聞かせて頂いたのが「みくに隠居処」を営むIIOプロデュース株式会社の代表取締役社長 伊藤俊輔さんです。

もうとにかく熱いこと熱いこと!!
こだわり抜いたサービスについて語っていただきました!

写真
まずはみくに隠居処の歴史から。

その由来は江戸時代まで遡ります。
福井藩16代藩主「松平春嶽」の教育係で参謀としても活躍した「中野雪江」が晩年に造った隠宅「煙波楼」を、
当時の宿地区(現在の三国海水浴場辺り)の首長「伊藤五右ヱ門」が譲り受けたことが由来となっています。

当時、伊藤五右ヱ門はこの隠宅を人々に開放し、三国の漁師や地元の人々の憩いの場となりました。
その後、伊藤家は代々旅館業を営みますが、建物の老朽化により長らく休業することに。。。

語り継がれる当時の賑わいを今一度復活させるべく、11代目が200年以上の時を経て再起を決意、今に至ります。
そう、その11代目こそが伊藤社長なのです!!

この時点で、グッとくるものがあります。

写真
提供するお料理にもエピソードが。
みくに隠居処で提供しているお料理は、伊藤五右ヱ門の日記に実際に書かれていた内容をもとに考案しているとのこと!

万延元年(1860年)4月20日、五右ヱ門は、春嶽公の養子である糸魚川藩の茂昭公の初の国入りの大役を仰せつかることとなりました。
そのおもてなしの際に『鯛または大いわし』を振る舞ったと記されており、
こちらが元祖舟盛り料理であると言われております。

その華やかな見た目が話題となり、北前船で近江商人に伝わり、全国に「舟盛り」が広がったそうです。

写真
こちらがみくに隠居処の1日3組限定の客室です。

高級感がお部屋の空間に漂ってますね。
なんと、壁紙は越前和紙とのこと。

コンセプトは「和モダン」。
落ち着きのある雰囲気ですが、どこか現代的で洗練されたデザイン。
お部屋を見渡すと光沢がない分、温かみを感じます。

写真
お部屋には、「玄達」「海神」「漁火」と海にちなんだ名前がつけられています。
ちなみに玄達とは三国沖合いに位置する釣り人憧れの領域のことです。

玄達での漁が解禁後は、「玄達(領域)」へ行く釣り人が「玄達(部屋)」に泊まるとのこと(笑)

写真
トイレには魚の装飾が!
かわいらしいですね。

トイレは便座が勝手に開いて、用を足すと勝手に流れていくタイプでした。
ちなみに僕は自分で流したい派です。はい。

写真
どうですかこの贅沢な檜風呂。
完全貸し切り制のため、他人を気にせずゆっくりと堪能できます。

お風呂のドアを開けると檜の香りがすごいったらもう。
源泉かけ流しの三国温泉と檜の相性は抜群で旅の疲れを癒すのに最高です。

風呂だけでも入りに来たいぐらいです。
檜の香水あったら買おかなってくらいいい香りがしました!

写真
さらに!
アメニティは資生堂の最高級ブランド「ルモンドール」!!!
ANA国際線ファーストクラスの成田・羽田空港のANAスイートラウンジでも提供されている資生堂最高級のアメニティブランドです。

選ばれた店にしか設置されておらず、福井ではここだけとのこと。
髪がギシギシになる心配は一切ございません!
贅沢に使っちゃってください!

このほかドライヤーや化粧水なども完備されており、
女性に優しい印象でした。

写真
2階にはオーシャンビューのテラスまであります!

日本海を一望できるオーシャンビューテラス。。。
三国の夕日は「日本の夕日百選」にも選ばれていて、夕日が地平線に沈むのを見れるのは日本海側だけです!

写真
以上、館内の説明でしたが併設施設にも面白いものがありましたので紹介させてください!
それがこちら、「おさかな集積所おとと」です。

釣り人が釣った魚を現金買取する全国でも珍しい施設です。
おととでは「趣味を職業へ」を目的とし、釣り人から漁師への転換を推進しております。
日本の漁師の担い手不足打破への架橋を目指しているとのこと。

写真
店内はこんな感じです。
壁にはイラストで三国で釣れる魚が描かれています!

魚の買取までの流れはまず、フィッシュハンターに会員登録し、おととの買取情報をチェック、魚を釣り、売る。それだけです!

釣り好きのパナマ石田、一生懸命取材メモをとっているのかと思いきや、ハンター登録用紙を書いていました。

写真
おととでは魚をさばく「さばき所」があり、釣り人が釣ってきた魚を新鮮なうちに自分でさばけるんです。

自分でさばけないという方には、さばき代行も実施しております!

さらに!そのさばいた魚をみくに隠居処にて調理もしてくれます!
釣り人大喜び、一切不便させないサービスです。

写真
こちらの機械でさばいた魚を真空保存して持ち帰ることができます!!

どこまで不便させなきゃ気がすむんや。。。

写真
さらに「海釣り体験」までできるというのだから驚きです。

なんとこの海釣り体験、手ぶらで来てOKなんです。
3時間の体験なんですが竿を2500円でレンタルでき、その中にインストラクター、氷なども全て込み込み!
このお値段は破格中の破格。限界まで値下げされています!
釣りの魅力を多くの人に知ってほしいからだそうです。

そして、釣った魚は「おとと」でさばけるという至れり尽くせりっぷり。

釣りが趣味で顔がコブダイみたいな相方の石田もこのシステムには感動していました!

写真
いかかでしたか!
みくに隠居処のお部屋やお料理、お魚集積所おとと。
釣りというちょっと敷居の高いレジャーを簡単に体験できる海釣り体験。
隅々まで配慮されたサービス。
欠けているものが見当たらないです!

みくに隠居処はもうほんまに言葉にならない程のすばらしいところでした!
皆さん、三国に来てください!!!

いやぁ、「みくに隠居処」、、、スベり知らずです!

みくに隠居処 ホームページ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる