イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

[A-4605] パリパリの自然の旨味をご飯に揉みかけて 「天然板わかめ」 4枚

日本海でとれたワカメを何度も水洗いし、何も加えず板状に干しあげました。 手でもみほぐし天然ミネラルの旨味をご飯にふりかけて。 提供:㈱天たつ

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
天然板わかめ 4枚 24cm × 15cm (外袋)

日本海でとれたワカメを何度も水洗いし、何も加えず板状に干しあげました。 手でもみほぐし天然ミネラルの旨味をご飯にふりかけて。 提供:㈱天たつ

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
天然板わかめ 4枚 24cm × 15cm (外袋)
このエントリーをはてなブックマークに追加

自然な塩気とワカメの甘味をしっかりと感じられる板わかめ

日本海では天然わかめが4月から5月頭にかけて取れ始めます。

まずは、海から上げた天然わかめを真水で何度も洗います。
若芽には海の塩気が含まれていますので、そのまま干すととても塩辛くなります。
そして、細かな砂が若芽のシワに挟まっていることが有り、塩とよごれを落とすためにも何度も何度も真水で洗います。
ただ、洗い過ぎると今度は塩気がなくなってしまうので良い加減というのが大切になりますが、そこは長年の経験で仕込みます。

次にきれいに洗った鮮やかな深緑色のワカメをアミの上に伸ばしながら天日に当てて乾燥をします。

最後は温風をあて乾燥させるのですが、最初にこうして天日に当てることで旨味濃く味わい深い風味が加わります。

こうして出来上がります天然板わかめは、作り方はシンプルですが、一つ一つの作業を丁寧にせねば良い品が出来上がらない、手間のかかる一品では有りますが、純粋な日本海のミネラルの旨味、何も加えない自然な塩気とワカメの甘味をしっかりと感じられる一品です。

食べ方は、手で細かく割りながら、ご飯に揉みかけて食べていただくのが一番のオススメです。
そのまま揉みかけても良いのですが、フライパンで2,30秒ほど乾煎りしていただくか、オーブントースターを熱々の状態にしてから5秒ほど入れていただくと鮮やかな緑色に色が変わり、パリッと香ばしく、さらに風味も増してまた美味でございます。
香ばしく焼きましたら、そのままお酒のつまみとして食べていただいても良いかと思います。
封を開けた後は冷蔵庫で保管いただくと長くパリパリとした食感、そして風味を味わうことができます。

写真

㈱天たつ ホームページ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる