イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

200年続く雲丹商「天たつ」の雲丹、蟹、海老の海鮮グラタン詰合 [C-4641]

雲丹、蟹、海老の旨味とコクをギュッと詰合。雲丹グラタンは「雲丹タレ」をかけて。 とろり濃厚な別添えの雲丹のたれがまた格別。 提供:株式会社 天たつ

34,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
汐うにグラタン 1食 (130g) × 1個 せいこ蟹とずわい蟹グラタン 1食 (150g) × 2個 越前甘えびグラタン 1食 (155g) × 2個

雲丹、蟹、海老の旨味とコクをギュッと詰合。雲丹グラタンは「雲丹タレ」をかけて。 とろり濃厚な別添えの雲丹のたれがまた格別。 提供:株式会社 天たつ

34,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
汐うにグラタン 1食 (130g) × 1個 せいこ蟹とずわい蟹グラタン 1食 (150g) × 2個 越前甘えびグラタン 1食 (155g) × 2個
このエントリーをはてなブックマークに追加

200年続く雲丹商「天たつ」の海鮮グラタン詰合

写真

海の幸を贅沢に使用したグラタンです。
特製のベシャメルソースが素材の旨味を引き立てます。
素材を十分に生かした味わいを心行くまでご堪能下さい。

天たつのグラタンはこちら!

写真

天たつについて


 日本最古の雲丹商として、古くから汐うに(越前雲丹)を扱う天たつ。
 文化元年(1804)、越前福井藩主松平家より藩の御用商を命ぜられ、
 「天王屋(てんおうや)」として創業いたしました。

 三代目・天王屋五兵衛の代には、当時の越前福井藩主・松平治好公から
 「戦時中に日持ちする貯蔵食の開発」の御用命を賜り塩蔵法による汐うにの製法を考案。
 その製法を越前海岸一体に広めました。

 七代目・天王屋辰吉(たつきち)の代には、松平春嶽(しゅんがく)公より
 「天王屋の辰吉」略して「天たつ」と呼ばれ、
 この名前を明治の時代より屋号として頂戴いたしました。

 私ども天たつは松平家に永く関わりいただいております。
 汐うにの包装紙には今でも、江戸時代に使われていた貴重な福井城下地図が使用されているなど、
 藩主の御用商人としての誉れを得ております。

写真
写真

召し上がり方

袋から出してフタを取り、冷凍のまま電子レンジで温めてお召し上がりください。
レンジにより異なるため600wで2分~2分半を目安に注意して温めてください。
オーブントースターで焦げ目をつけるとさらに美味しくお召し上がり頂けます。

※電子レンジから容器を取り出す際には火傷にご注意ください。
※解凍後はその日のうちにお召し上がり下さい。

天たつのホームページはこちら!

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる