イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

人気料理店の食べる口福お届け便 【三国の海の幸】干物・甘えび (5種 × 各1袋) [A-6509]

三国港でとれた新鮮な魚を丁寧に下ごしらえした一夜干しと、殻むき済のすぐに食べられる甘エビむき身・頭をセットでお届けいたします。 提供:憩い処 みなみ

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
はたはた一夜干し(5本入り) × 1袋 めぎす一夜干し(5本入り) × 1袋 あじ一夜干し(4切入り) × 1袋 甘えびむき身(70g入り) × 1袋 甘えび頭(12個入り) × 1袋

三国港でとれた新鮮な魚を丁寧に下ごしらえした一夜干しと、殻むき済のすぐに食べられる甘エビむき身・頭をセットでお届けいたします。 提供:憩い処 みなみ

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
はたはた一夜干し(5本入り) × 1袋 めぎす一夜干し(5本入り) × 1袋 あじ一夜干し(4切入り) × 1袋 甘えびむき身(70g入り) × 1袋 甘えび頭(12個入り) × 1袋
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真
写真
写真
写真
写真

【三国の海の幸】干物・甘えびをお届け!

ここ坂井市三国町には、一級河川である「九頭竜川」と「竹田川」の二つの大きな川が流れており、その河口付近に位置するのが「三国港」です。
この三国港での主な漁業は底引き網漁が中心で、毎年9月1日の解禁日から翌年の6月いっぱいまで漁が行われています。

はたはた、めぎす、あじと3種類のお魚がセットになっているのですが皆さんはたはたは食べたことがありますか?
太平洋側の千葉県に長く在住した「憩い処みなみ 店主」の記憶には一度も食卓に並んだことが無かったです。やはり太平洋側と日本海側では生息する魚の種類も違いますし、何より食文化の違いが大きいのではないかと「憩い処みなみ 店主」は感じたそうです。

このはたはたですが深海魚であり鱗や小骨が少なく、焼くと骨も身から簡単に離れるのでとても食べやすいです。
ご飯のお供にはもちろん酒の肴にもおすすめです!

次にめぎすですが、正式名称ではにぎすと呼ばれています。
漢字で書くと似鱚となります。漢字が鱚なので同じ仲間かと思いきや実は別の種類の魚なのです。
正式名称は、にぎすなのになぜめぎすなのか。これは北陸で呼ばれることが多い呼び方で感じでは目鱚と書きます。

福井では確実にめぎすで通じますし、表記もほぼめぎすです。このめぎすは丁寧に下処理をして一夜干しにしてあります。
味が凝縮されており鱚とは違うしっかりとした魚の味わいが感じられます。北陸で広く愛されているめぎすを、皆さんにも体験していただきたいです!

次にあじ!言わずと知れたメジャーな魚の代表格です。
「憩い処みなみ 店主」の実家である千葉ではあじを味噌と薬味を混ぜてあじのなめろうにしてよく食べた覚えがあります。
うまみ成分が豊富なあじを一夜干しにして更に美味しく仕上げました!

最後に甘えびです。
甘えびは1959年頃、カニ漁の網に偶然入ってきたことで初めて水揚げされました。
実はこの初めて水揚げされた場所がここ三国港で、まさに甘えび発祥の地なのです。

三国港は福井県内一の甘えびの水揚げ量を誇り、甘えびに最適な環境が他とは一味違うまったりとした濃い味わいにつながっていきます。
日本の東から西へ移住し、地域が変われば同じものでも味わいが変わるということを強く実感しています。
この思いを皆様にお届けし、共有できれば幸いです!

★保管方法:到着後-18℃以下の冷凍庫で保管してください。
★お召し上がり方:〈干物〉グリル等で焼いてお召し上がり下さい。めぎす、はたはたは唐揚げでも美味しくお召上がりいただけます。
〈甘えび〉流水を当て急速解凍してお召し上がりください。(自然解凍や冷蔵解凍は黒変や臭みの原因になります。)

憩い処 みなみ

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる