イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

[D-4301] 鬼も笑う甲羅酒セット ~越前がに × 純米燗酒 鬼作佐~

気性が荒く、「鬼作左」と称された丸岡城初代藩主の父、本多成重。 そんな彼さえも、思わず笑みがこぼれるであろう甲羅酒のセットです。 提供:【コラボ返礼品】 株式会社 やまに × 久保田酒造 合資会社

40,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
純米燗酒 鬼作佐 720ml ボイル指折れ越前ズワイガニ(小) 300g × 2~3杯 ※ やまに特製かに酢 + かにのお召し上がり方の冊子 + かに身出し専用かにスプーンをプレゼントさせていただきます!

気性が荒く、「鬼作左」と称された丸岡城初代藩主の父、本多成重。 そんな彼さえも、思わず笑みがこぼれるであろう甲羅酒のセットです。 提供:【コラボ返礼品】 株式会社 やまに × 久保田酒造 合資会社

40,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
純米燗酒 鬼作佐 720ml ボイル指折れ越前ズワイガニ(小) 300g × 2~3杯 ※ やまに特製かに酢 + かにのお召し上がり方の冊子 + かに身出し専用かにスプーンをプレゼントさせていただきます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

越前がに×純米燗酒 鬼作左で味わう甲羅酒セット

気性が荒く、「鬼作左」と称された丸岡城初代藩主の父、本多成重。
そんな彼さえも、思わず笑みがこぼれるであろう甲羅酒のセットです。

写真

写真
冬の味覚の王様「越前がに」は福井県三国町が誇る自慢のブランドであり、この味を求めて毎年多くのお客様がやまに水産を訪れます。
味の決め手となるのは鮮度。日本一と呼ばれる理由はここにあります。

また、豊かな漁場に恵まれ、エサとなるプランクトンや、小魚が豊富な為、良質のかにが育ちます。
越前がには漁獲されるとすぐに船内の海水の入った大きな水槽に入れられ、生きたまま帰港し、大きさ・重さ・キズの有無に仕分けされ、産地を証明する黄色いタグが付けられます。

やまに水産の越前がには、一味も二味も違います。それにはこんな理由があります。
まず、福井県三国漁港の仲卸業者(有資格者)として一年を通して魚介類、甘えび等の買い付けを行っております。
特に越前がにを買い付ける目利きは地元・福井県で嬉しい評判をいただき、幅広い取引をさせていただいております。

また、名人ともいえる、かに茹で職人がおり、かにを見極める目利きと茹で加減を知る経験で最良の状態の越前がにを極上の一品として茹で上げ、食卓にお届けいたします。
市場のセリから買い付け、茹で上げ、販売までの一貫を、やまに水産スタッフ全員が一丸となり取り組んでおります。

こちらのかにはワケ有りですが、身が締まり、味噌もしっかりと入っており、御自宅用には最適です。
獲れたてを浜茹でしておりますので、新鮮さと美味しさは保証いたします。

また、お求めいただきました方全員にやまに特製のかに酢(店頭では販売しておりません。)と、かにのお召し上がり方の冊子と、かに身出し専用かにスプーンをプレゼントさせていただきます。

ふるさとの味、やまにの味をぜひ、ご賞味ください。

写真
『米を作った所の水でご飯を炊くと美味しいと言われるのだから、仕込み水と同じ水で酒米を作って酒を仕込むと美味しくなるのでは?』というコンセプトの元誕生したのが「鬼作左」です。

酒蔵の北側にある水田で「鬼作左」を愛飲される『鬼作左友の会』会員の皆様と蔵人らで田植えや稲刈り等の農作業を行い酒米「山田錦」を作ります。

丸岡の水と大地で育てた山田錦で仕込む「鬼作左」。ぬる燗にするとさらに味が開き、どっしりとした米の旨味が際立ちます。

※商品の保管方法・活用方法など
・越前がには、浜茹でしてありますので、冷蔵で3日以内にお召し上がり下さい。
・温め直し、電子レンジのご使用はお避け下さい。

写真
株式会社 やまに

株式会社 やまに

やまに水産は、創業80年。福井県三国港の仲買業者として出入りできる「資格」を持ち、日本海の水産業に携わっています。
仲買業者とは「市場の競りで、越前がにを直接買うことができる、資格を持った業者」のことです。限られた業者のみ取引できるという、水産業にとっては大切な資格です。
また、やまに水産は福井県随一の名勝東尋坊に位置する水産店。店頭ではぴちぴちの鮮魚や北陸のお土産物を多数販売しています。

久保田酒造 合資会社

久保田酒造 合資会社

宝歴3年(1753)、越前丸岡藩主・有馬孝純は山久保で庄屋を務める久保田喜兵衛に酒造りを命じました。失われた室町時代の伝説の銘酒「越州豊原の酒」と同じ水系を持つこの地で、ふたたび世に誇る酒をー。お殿様の願いに応えた久保田家はその後、260年余の歳月を酒造りに努め、清き水・美味し米・よき杜氏と共に丸岡ならではの酒を醸しています。

写真

㈱やまに ホームページ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる