イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

[A-4619] じゅわり脂あふれる 「銀だら西京漬」 2切れ

2百年味噌を作る蔵の甘味濃い白みそと福井の地酒粕を合わせ、じゅわりと脂たっぷりの銀だら切身をつけこみました。 ご飯、お酒と。 提供:㈱天たつ

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
銀だら西京漬 2切れ

2百年味噌を作る蔵の甘味濃い白みそと福井の地酒粕を合わせ、じゅわりと脂たっぷりの銀だら切身をつけこみました。 ご飯、お酒と。 提供:㈱天たつ

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
銀だら西京漬 2切れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

脂がじゅわり・・・

天たつの西京漬は200年以上白味噌を作っている味噌屋の甘味濃い白味噌と、福井の地酒粕を合わせて作った合わせ味噌に、脂のたっぷりと乗った銀だらを漬け込み作ります。

この白味噌がまた美味しいお味噌で、トロリと柔らかいお味噌に上品な甘みとサラリとした旨味を持っております。
そこに福井の酒粕を合わせるのですが、お米を削る精米歩合が一定以上でないと名乗ることのできない吟醸酒からできた吟醸酒粕を使用し香り高く、また濃厚な甘みを兼ね備えた合わせ味噌を作りその中にじっくりと幾日も漬け込みます。

銀だらは日本ではほとんど取れない魚でアラスカでとれた銀だらを冷凍にて仕入れます。
脂ののった銀だらを甘味香り豊かな合わせ西京味噌に漬け込むのですが、銀だらは焼くと水分が抜け縮むので生の状態の銀だらを厚めに切っていることもあり、なかなか味がしみ込みません。
時間をかけ、じっくり、じっくり、漬け込みます。
銀だらの身の中まで旨味がしみ込んだ所で真空包装をし製品へと仕上げます。

食べ方は封を開けて、フライパンや魚焼きグリルにアルミ箔を敷いて、合わせ味噌ごと魚を上にのせて、フライパンの場合はアルミ箔を包んで中弱火で蒸し焼きにし火が通ったところで包みを開き中火で焦げ目を付けけます。
魚焼きグリルの場合はそのまま焦げないように見ながら中火で焼いてください。
脂の焼ける甘い香りと、味噌の焦げる香ばしいかおりが、焼いているときからたまらないかと思います。

銀だらの脂の旨味と、合わせ味噌の甘味が絶妙でご飯のおかずにも、お酒の肴にも大変美味。
お魚の好きなご家族への贈り物に、またご自宅でのご家族の食卓にお召し上がり頂けたら嬉しく思います。

写真
写真

㈱天たつ ホームページ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる