イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

[№5941-0004]子持ち越前甘えび500g×2箱入り

食べ応え抜群の希少な特大サイズを厳選! 越前蟹と同じ海域でとれる最高級の子持ち甘エビを、生きたまま船の上で急速凍結!酸化防止剤などの添加物は一切未使用!ほのかな潮の香り、ねっとり舌にからみつく甘味が抜群です。お刺身の他にも塩焼き、唐揚げ、マリネ・・・食べ方いろいろ! ※画像はイメージです。 事業者:株式会社 伝食

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
約500g×2箱(福井県産)

食べ応え抜群の希少な特大サイズを厳選! 越前蟹と同じ海域でとれる最高級の子持ち甘エビを、生きたまま船の上で急速凍結!酸化防止剤などの添加物は一切未使用!ほのかな潮の香り、ねっとり舌にからみつく甘味が抜群です。お刺身の他にも塩焼き、唐揚げ、マリネ・・・食べ方いろいろ! ※画像はイメージです。 事業者:株式会社 伝食

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
約500g×2箱(福井県産)
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

越前ガニと同じ漁場で育った越前のえび

写真
3月20日の越前ガニ漁が終わると、いよいよ越前えびの季節です。
越前ガニ同様、福井県の沖合は寒流と暖流がぶつかり合い、越前エビのエサとなるプランクトンや小魚が豊富です。そんな良質なエサに恵まれ、越前ガニと同じ漁場で育った越前のえびは、ほのかな潮の香り、からみつくようなしっとりとした甘味が特徴です。漁獲量が極端に少ないために幻のエビとも呼ばれる越前ガラエビと越前甘エビも取り揃えています!「刺身もうまいですが、一番は塩焼きですね。殻までパリパリと食べられます。」 敦賀市内の事業者さんたちが自信を持っておすすめする越前のえびを是非ご堪能ください!

種類も豊富!人気のえび返礼品

写真
その他にもボタンエビ、ブラックタイガーなど人気のえびがたくさんありますよ。
交通交易の拠点、港の街だからこその様々なエビを扱っています。
特に、人気のブラックタイガーは下ごしらえ済みなので、いろんな料理に使えます!
東京の銀座や代官山のフランス料理店では、高級食材として重宝されている「天使のエビ」も揃えました。天使のエビのてんぷらと子持ちの刺身は生産者イチオシです!

敦賀市のご紹介

写真

北陸新幹線で繋がる街 敦賀

写真
2023年に北陸新幹線が敦賀駅まで延伸予定!首都圏・中京・関西から1本でつながります!
日本が世界に誇る風景地、日本三大松原の「気比の松原」やラムサール条約湿地「中池見湿地」。
100年以上の歴史を誇り鉄道ファンの聖地ともされている、衣掛山のループ線や山中隧道をはじめとする鉄道遺産群。 「越前ガニ」や「敦賀ふぐ」等豊富な海の幸。日本最北限、甘さが自慢の「東浦みかん」。”御食国”のルーツとして、食物の神・伊奢沙別神(いささわけのみこと)が祀られている「氣比神宮」。これが全て敦賀の魅力。 数えきれない魅力で多くの人やモノを惹き寄せる国際交流拠点都市。それが「敦賀」です。

「鉄道」と「港」の街 敦賀

写真
敦賀港は古くから「大陸からの玄関口」であり、5世紀中ごろには大陸との交流がなされていたと言います。
江戸時代には「北前船」により、全国の物資が敦賀に集まりました。加工昆布シェア日本一のルーツはここにあります。
明治初期には、敦賀が日本海側で初めて、鉄道で太平洋側とつながった都市となりました。
1912年からは新橋―敦賀間に「欧亜国際連絡列車」が開通、海路でシベリア鉄道を経由してヨーロッパまでつながり、敦賀は交通や貿易の重要な位置を占めていました。
赤レンガ倉庫や旧敦賀港駅舎などの歴史ある建造物は商業施設や資料館として敦賀の歴史を伝えています。
また、戦前には、シベリアで救出されたポーランド孤児や、杉原千畝が発行した「命のビザ」によるユダヤ人難民の受入港となりました。
少年がリンゴを無償で提供したり、銭湯を無料開放したりと、敦賀市民は思いやりを持って接したことから、「敦賀の街が天国に見えた。」敦賀の地を踏んだユダヤ人はこう語ったと言います。
「鉄道」と「港」の街 敦賀には、やさしい人々がたくさんいます。

歴史と自然が集う街 敦賀

写真
北陸道の総鎮守「氣比神宮」をはじめとした歴史ある神社仏閣の数々。
大漁と豊作を祝う「敦賀西町の綱引き」等、多くの伝統行事は、食や自然を大切にする人々の心を現代につないでいます。南国を思わせるエメラルドグリーンの海に浮かぶ無人島「水島」リゾートや、四季折々の姿が楽しめる黒河渓谷。 国鉄杉津駅跡(現在の北陸道杉津PA)から見る夕日は絶景で、大正天皇が見惚れて汽車を止めたほど。 忠義と友情に殉じた戦国の智将「大谷吉継」ゆかりの地であり、奥の細道の著者「松尾芭蕉」は敦賀の月に感動し、多くの句を残しました。 敦賀は歴史と自然を同時に満喫できる街です。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる