イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

能登牛 王様ステーキ肉 (約200g×5枚)

能登の美しい里山里海で大切に育てられた、黒毛和種「能登牛」。 能登牛の最大の特徴は、脂にオレイン酸を豊富に含んでいること。 オレイン酸は肉質の良さ、脂の美味しさを左右します。また健康に良い牛肉として注目を集めています。 ※能登牛は出荷頭数が少なく決済から発送まで2か月程お時間をいただく場合があります。 したがいまして、着日指定はできませんのでご了承ください。 (ご都合の悪い曜日や長期不在等がありましたら、申込みフォームの応援メッセージ欄に記入してください。) ※生での発送になるため賞味期間が短く北海道、沖縄および離島へのお届けは御断りいたしております。 ※2口以上ご注文がある方は申込みフォームの応援メッセージ欄にまとめて発送または1口づつ発送等ご記入いただけるとお取引がスムーズに行えます。 写真と商品は異なる場合があります。 お盆、年末年始は仕入れ等の都合上、発送作業を行いませんので、あらかじめご了承ください。 ■お礼の品や配送に関する問い合わせ先:有限会社 駒寄ミート TEL:0768-76-1233

12,500ポイント
(50,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ステーキ肉の王様サーロイン約200g×5枚 ※12月1日以降にご注文いただいた場合、商品のお届けは1月中旬より順次発送となります。

能登の美しい里山里海で大切に育てられた、黒毛和種「能登牛」。 能登牛の最大の特徴は、脂にオレイン酸を豊富に含んでいること。 オレイン酸は肉質の良さ、脂の美味しさを左右します。また健康に良い牛肉として注目を集めています。 ※能登牛は出荷頭数が少なく決済から発送まで2か月程お時間をいただく場合があります。 したがいまして、着日指定はできませんのでご了承ください。 (ご都合の悪い曜日や長期不在等がありましたら、申込みフォームの応援メッセージ欄に記入してください。) ※生での発送になるため賞味期間が短く北海道、沖縄および離島へのお届けは御断りいたしております。 ※2口以上ご注文がある方は申込みフォームの応援メッセージ欄にまとめて発送または1口づつ発送等ご記入いただけるとお取引がスムーズに行えます。 写真と商品は異なる場合があります。 お盆、年末年始は仕入れ等の都合上、発送作業を行いませんので、あらかじめご了承ください。 ■お礼の品や配送に関する問い合わせ先:有限会社 駒寄ミート TEL:0768-76-1233

12,500ポイント
(50,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ステーキ肉の王様サーロイン約200g×5枚 ※12月1日以降にご注文いただいた場合、商品のお届けは1月中旬より順次発送となります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

能登牛(のとうし)とは

写真
能登牛とは、石川県内の生産から販売・流通に至る関係団体で構成する「能登牛銘柄推進協議会」が、平成7年(1995年)に規約を作成し、これに基づいて認定したもので以下の基準を満たしたものをいいます。

能登牛の基準
・黒毛和種(血統が明確であるもの)
・石川県内が最終飼養地で、石川県内での飼養期間が最長
・肉質等級はA3以上またはB3以上

能登牛のおいしさ

写真
能登牛は、能登の美しい自然と潮風が吹く素朴な風土で丹誠込めて育てられています。

肉質はきめ細やかく上品な脂が特徴です。牛肉のやわらかさや香りは脂肪の中に含まれる「オレイン酸」の含有率で変わります。この値が高いほど、とろけるような食感が味わえるとされています。

能登牛は和牛のオリンピックとも呼ばれる「第9回全国和牛能力共進会」で、このオレイン酸の含有率が最も多く、脂肪の質に優れていたので「特別賞」を受賞しました。

能登牛の歴史

写真
先祖は加賀藩の製塩と薪炭搬出で活躍。ルーツは但馬牛に行きつく

「能登牛(のとうし)」は、平成23年6月、世界農業遺産に認定された、能登の美しい自然や素朴な風土によって丹誠込めて育てられています。能登牛のルーツは、一般的には、寛永3年(1627年)に加賀藩の三代藩主前田利常が、能登半島の外浦一帯に製塩業を推進、その製塩や薪炭を搬出する際に活躍した役牛を繁殖したのが始まりとされています。

全国ブランドに名を連ねる黒毛和牛の大半は、兵庫県や山陰地方などから仕入れた種牛がルーツになっています。能登牛は、明治25年(1892年)に兵庫県の但馬地方から仕入れた3頭の種雄牛がルーツで、大正13年(1924年)には鳥取県から8頭の牛を導入し、その後毎年計画的に導入した牛が、能登牛の元祖になったと考えられています。この頃は主に農耕用を目的とした四肢、前駆が屈強な牛が導入されていました。

石川県が兵庫県美方郡から種雄牛を1頭仕入れた昭和9年ころから、霜降りが入った上質な肉ができる資質型の兵庫系と、体が大きくなる体積型の鳥取系の和牛一代雑種の生産が奨励され、これが体積に富み、資質良好な和牛として高く評価されました。

現在の能登牛は、この和牛一代雑種にさらに兵庫系の雄牛を交配し、和牛の改良を目指したものがベースになっており、肉質のきめの細かい、良質のブランド和牛として高く評価されるまでになっています。

有限会社 駒寄ミート

写真

子牛から一貫して育てています。
お客様に食べて「おいしい」と感じていただけるように、仕入れから販売まで誠心誠意、頑張っています。

関連するお礼の品をご紹介します!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる